こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

電圧降下と短絡電流

220/100V 2kVAトランスの2次側に100V・1000Wのドライヤーを接続して使用した場合のトランスを含めた電圧降下は、どのような計算で求めたらよいのでしょうか。(2次側ケーブル 2sq、5m)
又、ドライヤー内で短絡した場合の短絡電流の求め方もお願いします。

投稿日時 - 2008-04-25 05:13:16

QNo.3974280

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

変圧器の短絡電流の推定には、変圧器と電路のインピーダンスは必須です。
この値がないと計算できません。電圧降下率5%とは違う概念です。
変圧器の二次側短絡電流の推定電流値は
Is=100*(In/%)  の式から求めます。
Is は 二次側短絡電流。
In は 二次側定格電流。この場合は2KVAで100Vですから20Aです。
% は 変圧器のパーセントインピーダンスです。数パーセントの値が
一般的ですがこれが決まらないと計算で出来ません。
もし変圧器の%インピーダンスが仮に5%ならば、定格電流20Aを5で
除算して 4A になります。この100倍で 400A が二次側短絡電流ですが、
もし2%なら1000Aになります。ですから変圧器の%インピーダンスが
決まらないと短絡電流は推定できません。
電圧降下(多分負荷末端の)は、単相2線式の場合の近似式は
 e =(35.6× L×I)/(1000*S) 単位は[V] です。
e は 電圧降下(V)
L は 往復の電線長さ(m)
I は 電流(A)
S は 電線の断面積(mm^2=Sq)  です。
電線のサイズが小さい場合、電線長が短い場合は、この式で近似します。
正確には電線や変圧器のリアクタンス、抵抗を考えた複素計算で
求めるのですが、小規模の屋内配線なら近似式でもよいと思います。
あとはご自分で計算して見てください。
末端の電圧降下は2%以内が推奨ですので、それに見合う電線サイズを
選定する必要があります。実際はドライヤーの場合は誘導負荷なので、
複素計算ですが、規模が小さいので力率100%で計算して近似すると
思います。実際はこの程度の容量の短絡電流の計算を
要求されることはありません。
なぜならば変圧器の二次側配線の保護用配線用遮断器の
遮断容量は最低でも1.5~2.5KAの物を使うことになっていますので
不足しないことは判っています。
質問は実務ではなくて、何かの課題でしょうか?
それにしては変圧器の%インピーダンスが示されていないことは
理解できません。
もうひとつ、変圧器、%インピーダンス、電圧降下・・などの
キーワードで、いくらでもネットには資料が出ていると思います。
電気工事関連の教科書にも記載がある記事ですので、
掲示板に書く前に調べられたと思うのですが、
なにか調べられない事情があったのでしょうか?  
 




 

投稿日時 - 2008-04-26 09:02:37

お礼

この質問は、実務ではなく課題です。
電気の勉強を始めたばかりで変圧器の%インピーダンスが
よく分かりませんでした。
今回の丁寧な回答は大変参考になり助かりました。
もう1度自分でよく調べたいと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-04-26 11:41:27

ANo.1

トランスのインピーダンス(%インピーダンス)が
決まらないと計算できないと思います。
そうは思いませんか?
巻線にはインピーダンスがありますので、
それが決まらないと計算のパラメータの一つが不足です。
電圧と容量と巻線比は出ていますが、もう一つの
インピーダンスがないと、オームの法則では計算できません。
インピーダンスがゼロでは無いはずですから、何らかの数値を
示す必要があります。
又は実機を試験して求めることになります。
ドライヤーのインピーダンスか電流を決めないといけません。
電圧と容量だけでは力率100%で純抵抗となってしまい、
正確な計算にならないと思います。
再度、パラメータを提示すれば回答が得られるかも
知れません。

投稿日時 - 2008-04-25 13:16:46

補足

電圧降下と短絡電流の求め方が知りたいので
正確な計算値にならなくてもいいです。
変圧器の電圧降下率を5%
負荷電流は10A
でお願いします。

投稿日時 - 2008-04-25 18:18:14

あなたにオススメの質問