こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

就職活動 自己PR・強み

就職活動中の大学4年生です。
これまで就活をしてきて学生時代に頑張ったことや自己PRを見直す必要があると思い、もう一度自己分析をしています。
ですが、自己PRがうまく出来ません。強みとなる部分を当初は「最後までやり抜く」ということを言っていたのですが、
高校時代までの経験ではあったのですが、大学生活はどれも中途半端で最後までやりぬいた経験がありません。
ずっと続けているのが2年生から始めたアルバイトくらいです。
アルバイトでも特に何かをしていたわけでもなく、気をつけていたことは、周りとコミュニケーションを取ること、それから先輩になるにつれて自然と役割分担(ライン管理)をしたりするようになったくらいです。
管理は特に任されていたわけではなく、ラインに入っているスタッフの中で一番先輩の人が自然としたり、自分だけでなく、同期の子たちと一緒に考えてやっていました。
他には「友達を大切にする」なども考えたのですが、これは私が昔人間関係が悪かったときに、感じたことであまりPRにはならないかなと思い、何を強みとしていいのかが分かりません。
就職活動をしていた方、既に内定を頂いた方、また就職活動に詳しい方アドバイスを頂けないでしょうか?
特に、私のように学生時代これといったものがなかったという方がいらっしゃいましたら、どうやってPRしていたか教えてほしいです。

長々とすみません。宜しくお願い致します。

投稿日時 - 2008-04-28 00:18:22

QNo.3981268

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

>周りとコミュニケーションを取ること
>役割分担

立派じゃないですか。自信を持ってください!
仕事の上でのコミュニケーション能力は企業が最も重視することの一つです。
具体的なエピソードを絡めて説得力を持たせるようにすれば十分通用すると思います。
ネガティブなことは自分から語らず、アピールしたいところは事実の3割増しくらいで語りましょう。

それから、隠し味として「意外性の演出」ですね。
変わった趣味や特技、体験談があると印象に残ります。
できればメインの自己PRとは全然反対のことがいいですね。
たとえば、学業を頑張ってきました!という優等生タイプの人が「柔道○段です」とか、逆に活動的で遊び人っぽい人がものすごくアカデミックなテーマで真面目な論文を書いてたりとか。

「この学生は人間として魅力的だ!」と面接官に思わせたら勝ちです。

就職活動うまくいくといいですね。頑張ってください。

投稿日時 - 2008-04-28 03:54:17

あなたにオススメの質問