こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

クラミジアの血液検査においてIgAが陽性だったのですが…

クラミジアの血液検査においてIgAが陽性でした。産婦人科にて抗原の検査を受け、現在結果待ちの状態です。

ところで、検査を受けた保健所でIgAが陽性の場合過去に感染していた可能性があるとの説明を受けました。しかし、改めて調べてみるとIgAは現在活動中の場合に陽性になると書いてありました。
どちらが正しいのでしょうか?

また、感染の経路についてなのですが、現在のパートナーとは去年の秋頃から関係を持ちました。その前のパートナーとは4年以上前に分かれており、その間異性との関係はありません。
この場合、前のパートナーから感染していたとは考えにくいものなのでしょうか?やはり今のパートナーから感染したと考える方が適切でしょうか??

以上2点について、どちらかだけでも良いので回答よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-05-04 04:32:21

QNo.3996149

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

追加です。一般にクラミジアではIgMは感染直後に増加し、その後にIgGが増加してきます。IgAはIgGと同様の立ち上がりを示しますが、ややIgGより半減期が短いので、IgAの増加は下がりきれていない、すなわちやや最近の感染をIgGよりは示しているとされています。ただ、これはAniLabのようなちゃんとした検査系での話で日本ではまだAniLabは一部の研究機関でしか施行できません。
ヒタザイム法のはあてにならないので、一点だけでは判定すべきではありません。

投稿日時 - 2008-05-04 07:59:56

お礼

回答有難う御座いました。
なるほど。クラミジアの知識に関してはネットで得たものが多く、恥ずかしながら理解及ばない点もありますが…一度の検査だけでは感染経路の特定は難しいということでしょうか。
今後パートナーと話し合う上で気をつけたい点にしたいと思います。

投稿日時 - 2008-05-04 12:18:28

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

現在、繁用されているヒタザイム法による抗体検査の特異度は本当に低く擬陽性が多いので、一点だけでは判定できません。抗原検査(PCRの事?)で陽性であっても死菌をみている可能性もあります。
一番いいのは、2回測定して増加があれば現在の活動性の感染を意味しますので今のパートナーとの関係と判定できます。
クラミジアと子宮頸がんとの関係は、HPVとの交絡をみている可能性も高いかと思います。

投稿日時 - 2008-05-04 07:49:52

ANo.1

免疫学的には、感染直後はIgAが陽性となり、時間がたつとIgGが陽性となりますので、今は感染したばかりのようですね。
ということで、以前のパートナーからではなく現在のパートナーが原因であると考えられます。

よけいなことですが、子宮頸ガンの原因の一つにクラミジア感染があると言われていますので、今後のためにもパートナーと一緒に早期の治療が必要だと思います。

でも、自覚症状が少ないクラミジア感染に、早く気づいて良かったですね。

予防方法は、ご存じのようにコンドームの使用ですよ。

投稿日時 - 2008-05-04 07:02:39

お礼

回答有難う御座います。
やはり感染したばかりだったのですね…
避妊などには特に気をつけており、コンドームも毎回しっかり使ってはいたのですが…

友人の付き添いで偶然受けた検査だったのですが、早期発見に繋がってよかったです。
パートナーとも話し合って、しっかり治療してゆきたいと思います。

投稿日時 - 2008-05-04 12:10:37

あなたにオススメの質問