こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

上がってるとは思えない株式をポートフォリオに組み入れるべき?

ポートフォリオを作るとき基本は債券と株式だと思われますが
株式はリスクが高く長期保有するとのことです
ただ実際に株式のチャートをヤフーファイナンスなどで見ると
たとえばトピックスオープン【投信:03311903】は
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=03311903&d=c&k=c3&a=v&p=m130,m260,s&t=ay&l=off&z=m&q=l&h=on
10年のチャートですが、とてもではないですが、「上がってる」
とは言い難くありませんか?
ステート・ストリート外国株式インデックス 【投信:5531198C】
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=5531198C&d=c&k=c3&a=v&p=m130,m260,s&t=ay&l=off&z=m&q=l&h=on
でも同様な状況です。
ヤフーファイナンスのチャートが10年以上前が見えないのが残念です
これらのように「上がってる」とは思えない株式をポートフォリオに組み入れるべきでしょうか?
もしくは10年以上の20年、30年チャートも見るべきなのでしょうか?

投稿日時 - 2008-05-05 19:56:47

QNo.3999885

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.7

相関係数などを考えているということを考えると質問者様は統計学的に考えようとしていると仮定させていただきます。

>もしくは10年以上の20年、30年チャートも見るべきなのでしょうか?

その通りだと思います。
10年という区間で評価した場合、極端な偏りが出ます。
過去データの分析に使うにはサンプルサイズが明らかに小さすぎです。

【日経平均推移】
1951年-1960年: 102→1356 (+1229.4%)
1961年-1970年: 1366→1987 (+45.5%)
1971年-1980年: 2001→7116 (+255.6%)
1981年-1990年: 7150→23848 (+233.5%)
1991年-2000年: 22983→13785 (-40.0%)
2001年-2010年: 13691→?

【S&P500推移】
1951年-1960年: 20.88→58.11 (+178.3%)
1961年-1970年: 58.48→92.15 (+57.6%)
1971年-1980年: 92.19→135.76 (+47.3%)
1981年-1990年: 136.34→330.22 (+142.2%)
1991年-2000年: 321→1320.28 (+311.3%)
2001年-2010年: 1287.27→?

上は10年後との日経平均とS&P500の推移ですが、ここ最近の数字を見て「上がっていない株式を外そうか?」という考えだと、1990年や1991年の時点で考えると10年で+200%以上の利益を出している日本株に投資するということになりそうです。これは妥当でしょうか?


>これらのように「上がってる」とは思えない株式をポートフォリオに組み入れるべきでしょうか?

統計学的に考えるのであれば、入れるべきです。統計的にそれなりに有意と思える期間で区切って考えると期待リターンは明らかにプラスです。(詳しくは多くのインデックス投資推奨本参照)


>私はたくさんの投資対象物を数値化して相関係数を計算しています
>国内外のETFなども取り入れてます

こう考えると普通は株式は対象になるかと思うのですが、株を完全に除いてポートフォリオ形成となると何を対象にするのでしょうか?債券、不動産、金、原油、商品、金属?



なお、「日本株を外す」「株を外す」という判断は、相関係数・期待リターン・リスクなど過去データからの判断ではなく、「日本に未来は無い」「株より債券の方が今後は期待が持てる」という将来予測による判断です。

投稿日時 - 2008-05-07 21:05:46

お礼

いろいろご丁寧にありがとうございました

そうですか
やはり10年は短すぎですね
ただ、過去のデータが手に入れられないものでして
海外の有料情報でデータを取り出せばラクチンですが

私は古いデータと新しいデータにウェイトを変える指数加重のしています
定数を0.5として、最新年は0.5の0乗=1、前年は0.5の1乗=0.5、前々年は0.5の2乗=0.25、とデータが古くなれば0に近づくようにして、年収益率に掛けてます
ただ、この指数加重だと新しい年に重すぎ、古い年に軽すぎると感じていると感じていますが

>統計学的に考えるのであれば、入れるべきです。

やっぱりそーなんですよねー
しかし頭ではわかっていても、実際にはつらいものがありますよね

株以外には債券とETFですね
本当はそれ以外にももっともっと取り入れたいのですが、やはりデータが無くって
買うしかないかなー

いろいろ細かに教えていただきありがとうございました

投稿日時 - 2008-05-08 10:40:30

ANo.6

>もしくは10年以上の20年、30年チャートも見るべきなのでしょうか?

日経平均とダウなら30年以上のデータがあります。それをみると、ダウが多少のバブル崩壊があっても、回復している一方、日経平均はバブル崩壊のあと回復していないことが分かります。これは天と地の差くらいの違いがあります。他の多くの国をみても日本は例外中の例外なのです。

そして最近10年のデータを参考にその傾向が将来も続くと「仮定する」なら、ダウに代表されるアメリカ株などへの長期インデックス投資は非常に有利であるといえるでしょう。=トピックスオープンなどに投資すべきではない。

ただし、その「仮定」がはずれることも十分あり、その辺は自己判断になるということです。

投稿日時 - 2008-05-07 07:37:01

お礼

ご回答ありがとうございます
確かに日本は例外のようですね

>そして最近10年のデータを参考にその傾向が将来も続くと「仮定する」なら、ダウに代表されるアメリカ株などへの長期インデックス投資は非常に有利であるといえるでしょう。=トピックスオープンなどに投資すべきではない。

そうですね
うすうす思っていたことでした
自分の判断ですが、日本株は外したいと思っています

投稿日時 - 2008-05-08 09:33:40

ANo.5

資産配分が投資の成績を、ほとんど決めてしまうとか言います。国内の株式に投資するなら、TOPIX連動が適すると思います。株式ですので、25%くらいの上下はあります。投信のチャートを見るのも良いのですが、TOPIXのチャートでも値動きは変わりません。
海外株式だと、質問の投信でなくてもMSCI・KOKUSAIとかのインデックス投信がやはり適するでしょう。

アクティブ投信は、ベンチマークに負けるのが普通なので、除外します。おいしいところだけ取りたいなら、アクティブ投信でもよろしいかもしれません。

投稿日時 - 2008-05-06 20:39:27

お礼

ご回答ありがとうございます
たしかにTOPIXチャートでも全く同じで見られますね
ただ毎年のデータをEXCELに入力できないですので・・・
アクティブ運用に関しては今のところ考えておりません

投稿日時 - 2008-05-08 09:31:57

ANo.4

>1
>私は株式と投信は、大して差のない同様のものだと理解しています
やっぱりわかっていないですよ。インデックスでもアクティブでも投信は一定の考えに基づきポートフォーリオを構成しています。ポートフォーリオとポートフォーリオを組み合わせるのは非常に困難なことなんです。

>私はたくさんの投資対象物を数値化して相関係数を計算しています
>国内外のETFなども取り入れてます
相関関係と簡単に書きますが、貴方は金融工学を学んだのですか?
先に書いたように投信は既にポートフォーリオを構成しているので、単に数値化してもその相関関係を示すことにはならないのですが。。。
せいぜい日経平均がダウ平均に遅行するなどありきたりな回答位しか得られないと思いますが。

で、もう一点わかっていない点は、
「上がらないからポートフォーリオに入れない」との考えが間違っており、相関関係を示せるなら組み合わせの対象のリスクをコントロールできるか否かの観点で考えてください。

まとめますが、
貴方のやろうとしていることはインデックス投信を使い、アクティブ投信を作成しようすることであり、
それをする位なら最初から自分の納得いくアクティブ投信を買ったほうがマシと言う事です。

如何でしょうか?

投稿日時 - 2008-05-06 11:47:34

ANo.3

>たとえばトピックスオープン【投信:03311903】は http://quote.yahoo.co.jp/q?s=03311903&d=c&k=c3&a=v&...​
>10年のチャートですが、とてもではないですが、「上がってる」とは言い難くありませんか?

私にもこの10年日本株が上がっているようには見えません。
インデックス投資を信奉する人は事実に関係なく将来は上がると思っているのかもしれませんが。

>これらのように「上がってる」とは思えない株式をポートフォリオに組み入れるべきでしょうか?

予想は外れる事もあるんで保険としていくらか組み入れるのはいいのではないかと思います。
あくまで外れた場合の保険です。

>もしくは10年以上の20年、30年チャートも見るべきなのでしょうか?

見るのはいいですが30年チャートで上がっているけどこの10年はパッとしないものを買うべきかは悩ましいですね。
これから日本は人口が減るんで世界を市場と出来る会社は強いが国内のみの会社は厳しいという意見もありますね。
TOPIXのような銘柄の多いものを買うべきかはまあ考えて見て下さい。(私は気が進みませんが)

投稿日時 - 2008-05-06 10:56:30

お礼

ありがとうございました

>予想は外れる事もあるんで保険としていくらか組み入れるのはいいのではないかと思います。
あくまで外れた場合の保険です。

この考え方でポートフォリオなのですが・・・

残念ながら私は個別銘柄を選ぶことができませんので、
ポートフォリオによって稼ごうと考えています

投稿日時 - 2008-05-08 10:48:03

ANo.2

>1
元の質問の1行目で債券と株式と書きながら、投信について質問を書いているので理解されていないのかと思いました。
下から2行目には
>「上がってる」とは思えない株式をポートフォリオ
こう書いたらインデックス投信をわかってないと思いますよ。

>2
インデックス投信の10年間を論じるのは、日経平均(正確にはTOPIX)が10年間で上昇していないからポートフォーリオに取り入れないといっていることと同義なのですが。
そんなことを考えると日本株をやる意味ないですよ(日本株はここ10年成長していないからこれからも成長しないよと判断するの。。。)

>3
投信と債権なら問題が無いと思います。括弧書きしたようにそれぞれの特徴がわかっていれば問題が無いです。

>4
トピックスオープンの相関関係など調べる意味が無いです。元の指数(TOPIX)を見たほうが正確です。
ステート・ストリート外国株式も組み入れ比率は調べているのでしょうね?概要を読んでも組み入れ比率が書いていなく謎なのですが。

結局貴方がしていることは過去の株式市場を見て未来の株式市場を予測しているようなもんですよ。
過去50年の相場やバブル期の相場などを見て何かわかるのであれば意味があるのですが。

>アクティブ運用とパッシブ運用の違いは存じております。
>やはり基本から勉強したほうがよいですか・・・
わかっているのであれば、質問している内容は微妙な内容ですよ

投稿日時 - 2008-05-06 08:37:43

お礼

ご回答ありがとうございます

>1
私は株式と投信は、大して差のない同様のものだと理解しています
投信は株式をたくさん買うものだと考えています
私は個別銘柄を選ぶことができませんので、しょうがないので
全銘柄を買うことにしています

>2
「日本株をやる意味ないですよ」
そこがこの今回の質問の核心です
世界株も含めてポートフォリオに組み入れる意味があるのでしょうか

>4
私はたくさんの投資対象物を数値化して相関係数を計算しています
国内外のETFなども取り入れてます
過去のデータを見なければポートフォリオは組めませんが、
ポートフォリオは使ってないのでしょうか?

投稿日時 - 2008-05-06 10:24:51

ANo.1

貴方が間違っていること。。。
1.投信と株式は似て非なるものです
2.リンク先はどちらもインデックスファンドです、それぞれもとの指標に似た動きをしているのは当然です。
  トッピクスオープンについて言えばITバブルに山があり、その後は低迷、小泉政権時代から去年までが株高で、去年末からサブプライム。
  当然ですがTOPIXに連動した動きをしているだけです。
3.投信と投信でポートフォーリオなんて組めません。(投信組み入れ銘柄同士がどのような相互作用しているか把握できるなら良いのですが)
4.投資は未来を予測するものであり、過去を見ても仕方ありません。
  過去を参考に未来を予測するなら有用ですが、過去上がったから未来も上がるなんて、損をしたいと公言しているようなものです。

やや厳しいコメントですが、もうちょっと基本から勉強したほうが良いですよ。
せめて、インデックスファンドとアクティブファンドの違いくらいは。。。

投稿日時 - 2008-05-05 21:12:58

お礼

どうやら私は勉強不足のようですね。

1.存じております。

2.私はインデックスファンドがファンドの基本だと思っていますので、例としてもインデックスファンドを取り上げさせてもらいました。

3.なぜ投信と投信でポートフォリオができないのでしょうか?
私は株式の投信と債券の投信でポートフォリオを組むつもりでした。

4.投信の過去を調べることはポートフォリオを組むに当たって相関係数をみるのに必要だと思われますし、リスク、リターンがベストな状態のポートフォリオを算出するのに必要だと思われます。

アクティブ運用とパッシブ運用の違いは存じております。
やはり基本から勉強したほうがよいですか・・・

投稿日時 - 2008-05-05 23:10:02

あなたにオススメの質問