こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

DTPオペレーターの職能はどのように活きますか?

現在25歳です。大学を卒業後、一般事務的な仕事をしています。
 大学時代から、紙媒体のグラフィックデザイン、最終的にはアートディレクションをやりたいと思っていました。美大や専門で学んでいないため、あきらめていたのですが、半年ほど前から「やはりあきらめられない」ということが分かり、働きながらスクールでDTPを学びました。(グラフィックソフトは持っていました)
 といっても、やはり現場の技術・スピードには劣ります。ですから「とにかく早く現場に入る必要がある」と思い、制作物を持って就職活動を始めたところ、一件目の会社であっさり合格しました。
 職種はDTPオペレーター。データの修正、写真のさしかえ、などを行い、製版データを作る仕事です。
 ただ現在、その会社で働くべきなのか迷っています。
 DTPオペレーターの職能は、デザイナーになるにあたって本当に有効なものなのでしょうか?
 今回合格した会社は、デザインはまったく行っていません。
ただそこで働けばMacの達人になることは予想されます。
 けれども、デザインをしたいのなら、あくまでデザインを行っている会社に、どんな形ででも入るべきなのではないか?とも思い迷っています。
(もちろん最初からデザインをできるとは思っていませんし、最初にやることはオペレーター的なことだとは承知しています。)
 あくまでデザインを行っている会社に行く方向のほうが有効ならば
今回の採用は辞退し、まだ就職活動を続けていきたいと思います。
 デザイン事務所側としては、グラフィックソフトの扱いに精通していることが必須でしょうし、ほとんどの求人情報にもそうありますので、
オペレーターの職能は大きなスキルになり得るのでしょうか?
 それとも「作品次第。要はどういうセンスを持っているか」
ということを重視してくれるのでしょうか?ぜひアドバイスお願いします。

投稿日時 - 2002-11-11 22:28:33

QNo.402336

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。
デザイナです(最近紙も出てきたので、WEBデザイナ、というのはやめました)。
一長一短、ですね。
#2の方と同じく、ちゃんとした技術・知識がないデザイナの方が多いのは確かだし、なんとかしないと、という面は否めませんが、デザインの発想力や創造力って、技術・知識があるとそれを考え過ぎて(予測しすぎて)、それが足枷になって無難な着地点を見い出しやすくなる、という場合もあります。

デザインの現場(そういう雑誌ありますが)から言うと、「オペレータはデザイナとしてはいらない」という極端な声もあるのも事実。
もちろん、最終的にまとめて印刷まで持っていってくれるのはオペレータの方だし、その事についてはほんとにいてくれなくちゃ困るし、有り難い存在、尊敬する存在、なのですが、デザインする、という部分では厳しいな、、、という。

#2の方の様に、デザイナからDTPオペレータに行くならそういう「穴」には嵌まりにくいだろうな、って思いますけど、逆はどうでしょう。。。

ただ、ポイントはあるとは思うんですよ。
常にデザインはし続ける、という事。
ピアノと一緒で訓練。
発想・創造力の訓練を毎日やっておくと全然違うはず。
そして、常にどこかに持ち込んで、転職活動?をする、とか。
どっちか一つに絞り込めない状況なので、すごく大変かとも思いますが、両方やれるようになれたら、それはすごい力になると思います。

頑張って下さい☆

投稿日時 - 2002-11-16 12:19:21

お礼

お返事ありがとうございます。そうですね、日々の仕事に追われて穴にはまってしまうことのないよう、自分の目的を強く維持していかないといけないですね。オペレーターとデザイナーの仕事は、デザインの一連に関わっているという共通点がありますが、やっていること、考えていることにほとんど共通点はないのでは?と私は考えていて、そのあたりのご意見は参考になりました。たとえば、デザイナーはむしろ料理人(料理を発想する)、音楽家などに近いものがあるのでは・・・と。それはちょっと極端ですが、そういう観点を持ちながら、オペレーターの仕事をするにしても、やっていきたいと思います。ありがとうございます。

投稿日時 - 2002-11-19 01:01:42

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

No2さんの意見ももっともだと思いますが、逆説的にいえばグラフィックデザイナーに必要なソフトを使える技術ってそんなに必要ではないということなんです。その一方でひどいデータを作り続ける人達というのはどのようにデータを作るべきかという反省やオペレーターや印刷屋さんとのコミュニケーションが足らんといえると思います。(デザイナーからクライアントへデータ納入ということもあるわけですから!)
実際問題としてデータの受け渡しはデザイナー同士でも行いますので相手のスキルがわかる場面です。

個人的にデザインをやりたいという明確な目標をもってらっしゃるならまっすぐデザイン事務所などへの就職をお勧めします。未経験なわけですから、業界に潜り込むには若いうちの方がいいに越したことはありません。
それにスクールでDTPを学んでデザインの道へ進みたがる人はかなりいるため敵が多いのです。
新人に期待するのはセンスではなく「知識と技術」ですので、ソフトの習熟度などをさしひいて他の敵を退ける武器となるのは、貴方が持っている興味や関心、引き出しの多さになると思います。実際に仕事上で役立つこともありますのでうまく面接で伝えることにより年相応の社会的経験は評価を強化してくれるでしょう。

投稿日時 - 2002-11-16 15:18:28

お礼

お返事ありがとうございます。とても参考になりました。たとえば料理人だったら、キャベツの千切りができなくても、極端に言えばいい舌とセンスをもって、素晴らしいメニューを考えることが出来れば、キャベツの千切りはアシスタントにやらせればいい、という感じで(ちょっと違うかもしれませんが)デザイナーに求められることは、デザインの力、デザインの発想力、だということを、Jakartaさんのご意見から感じました。(もし受け取り方がずれていたらすみません)ですので、私もまさにそういうことがやりたいのですし、その部分をアピールしたいのです。が、新人に期待される「知識・技術」の中に、今は圧倒的にグラフィックソフトの技術があるんだろうと思い、DTPオペレーターとして働けるならば働こうか?と迷っていました。今の私の考えでは、とりあえずデニーズでアルバイトするよりは自分の力になると思うので、オペレーターとして働きつつ、きちんと自分をアピールする作品を持って、デザイン事務所にて「デザイナー」のアシスタントとして仕事ができるよう、売り込んでいきたいと思います。目的は絶対に揺らぎませんので、がんばります。ほんとに参考になるお返事ありがとうございました!

投稿日時 - 2002-11-19 01:17:10

ANo.2

DTPオペレーターより
わたしも、いまの会社の前はデザイン的な仕事をしていました。
でも、いまはここで働けて良かったと思っています。
なぜかというと、いかに自分の作っていたデータがひどかったかわかりました。今の会社はよそのデザイナーさんのつくったものをいじることがたくさんあります。
みためがキレイでも、はっきりいってひどいです!!ほんとうに!
自分ではこなせているつもりでも、実際出力する立場にたつといかに自分が未熟だったか気が付くとおもいます。
わたしは、期間をきめて合格した会社でDTPの基礎をまなぶべきだとおもいます。
これ以上、まとまなデータの作れないデザイナーさんがふえて欲しくないという願いもあります。
きつい言い方をしてしまいましたが、これがほんとうの現場の声です。がんばってください!

投稿日時 - 2002-11-13 19:20:00

お礼

お返事ありがとうございます。とても意外な点でした。やはり実際に働いていらっしゃる方のご意見がいただけて良かったです。データがひどいというのは、データとして正しくない、ということですよね。そういう状況だとは全く知りませんでした。オペレータは確実に正しいデータを作るというトレーニングになるということですね。なるほど!

投稿日時 - 2002-11-13 21:28:28

ANo.1

こんにちは。とても難しい所ですね。

確かに、デザインの仕事にはMacの知識は欠かせないものですし、ディレクションをする場合でも、現場の知識がなくては満足な指示も出来ないと思います。
でももっと、デザインの仕事に必要なのは、良い作品に触れて、自分のセンスを常に磨くことだと思います。(そんなこと言われなくても分かっていらっしゃるかもしれませんが・・・)デザイン会社に直接入れればその方がいいと思います。
オペレーションの仕事が全く無駄だとは思いませんが、大きなスキルになるかといったら疑問です。

私もsavaranさんと同じように、専門的なデザインの勉強をしていないです。あまり参考にならないかもしれませんが、私の現状について書きます。
私の場合は、普通大学卒業後、たまたま印刷会社の編集部門に入社しました。今はデザイナーではなく、制作一般のディレクター的な立場にいます。
Macを使用してDTP作業なども経験し、達人ではありませんが、オペレーションはある程度こなせる様になりました。今は自分でもちょっとしたデザインを考えたりする事もあります。でも、常に納得できません。社内にいるデザイナーの制作したものと比べると素人臭さ抜けず、何か足りないのです。
(ちなみにマックのオペレーションの知識は私の方が勝っていても、アイデアでは負けてしまう人なんかもいます。)
そんな経験をするうちにもっと、専門的なデザインの勉強をして、デザインよりな仕事がしたいと思うようになりました。

私自身もデザインの仕事については色々悩んでいて、人にアドバイス出来るような立場じゃないのですが、つい書き込みをしたくなりました。

がんばってください。

投稿日時 - 2002-11-12 13:52:58

お礼

お返事ありがとうございます。そうですね。オペレーションの経験は「全くムダにはならないが・・・」という感じかもしれません。
実は、知り合いでデザインの経験はまったくないけれども、デザイン事務所(個人事務所)に入った人がいて、その人はMacすら持っていなくて、ラフや、手書きの作品を持っていって入ったんです。でも「3ヶ月もあれば覚えるよ。覚えざるを得ないから」と言っています。そういうことも含め、もう一度よーく考えてみます。そこに入って働きながらも、目的を見失わないで、あくまでデザインを行っている会社にアプローチしつづけることはできますし・・・(時間はあんまりないですけど)

投稿日時 - 2002-11-12 19:40:33

あなたにオススメの質問