こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

肝機能に関すること

【肝機能障害】
【GOP】
【GPT】
【非A非Bの時代】
という言葉について、わかりやすく解説してください。

お願いいたします。

投稿日時 - 2008-05-18 16:27:56

QNo.4031656

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

【肝機能障害】
そもそも、肝臓の機能とは以下の10種類を言います。
1.胆汁産生
2.炭水化物の代謝
3.脂質の代謝
4.蛋白質の代謝
5.アンモニアを尿素へ変換
6.解毒作用
7.アルブミンの合成
8.グリコーゲンの貯蔵とブドウ糖の合成
9.グリコーゲンを合成して肝臓に蓄え、あるいはこれを分解して血液中にブドウ糖として供給する
10.造血機能
それらが、肝臓がまともに働かなくなったために機能低下しているということです。

【GOP】
GOTのことでしょうか?
GOTとは、AST(アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ)のことで、アミノ酸の代謝にかかわる酵素です。
もしも外傷や細菌・ウイルスなどの感染で組織が破壊されると、心臓や肝臓、筋肉などのASTを含む細胞より、この酵素が血液中に漏れ出します。そこで、血液中のASTを測定して組織・細胞の傷害を診断します。

【GPT】
GPTは、ALT(アラニンアミノトランスフェラーゼ)という、GOTと同じようにアミノ酸の代謝にかかわる酵素です。おもに肝臓にあります。
GOTに比べると、GPTの方が肝臓に多く存在します。したがって、血中のGPT値が高いと、特に肝臓に障害があるとわかります。

なお、肝機能を測るのにγ-GTPというものもありますが、これも酵素の1つです。

【非A非Bの時代】
現在のC型肝炎ウイルスは、1989年にC型と命名されるまでは「非A非B」と呼ばれていました。

こんな感じで、おわかりになりますでしょうか?

投稿日時 - 2008-05-18 21:17:02

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問