こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

同居人がいて昼間寝たきりの人だけの場合の訪問介護は? 長文ですみません。

はじめまして。実家のことで相談です。
現在、要介護5の母と要介護2の父、仕事をしている妹が実家にいます。
母は介護を受けてもう長いのですが、2月に父が倒れて要介護2になりました。
母のヘルパーさんは今まで入ってもらっていたのですが、父が入院したときに「昼間寝たきりの母だけのところにはヘルパーは入れない
」といわれ家政婦を頼んでくれ!とケアマネさんに言われました。
私は実家から2時間半くらいのところに住んでいて毎日は行かれません。
家政婦を頼むとなると実費で月60万円はかかります!とも言われて・・・><
この時は月の半分は私が通うことで60万円という多額の出費は回避できたのですが。。。(半分は支払いました)
今は父も退院してとりあえず母のヘルパーさんは来てくれているのですが来月、父は手術のため入院することになりました。
入院している期間の母のヘルパーのことでまた悩んでしまいました。
やはり昼間、寝たきりの人だけの所にはヘルパーさんは入ってはいけないのでしょうか?
独居老人のところにはヘルパーさんは入れないのですか?

もうひとつ教えてください。
父も要介護2になり、父の介護認定がおりるまで父の分のご飯、洗濯を先行してヘルパーさんにお願いしていたのですが、認定がおりて”要介護2”になったとたんケアマネさんの方から
「お父様の分は介護保険では出来ませんので実費でお支払いください」と電話が来ました。
理由は同居している妹がいるから!ということでした。
妹が働かないと父と母の面倒は見れないので仕事をやめるわけにはいきません。
私も家庭をもっているので毎日は通えません。
やはり同居してる健常者がいると介護保険適応にはならないのでしょうか?

長くなってすみません。
宜しくお願いします。

投稿日時 - 2008-05-19 23:58:54

QNo.4035269

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

はじめまして。質問を読ませていただきました。ご両親の体調如何ですか?質問者さまの不安や心配、いかばかりかと思います。
さて、今回の質問の内容ですが、介護保険制度でのヘルパー利用については、色々激変する規制がありますが、すべてにおいて、画一的なものではなく、「個別の事情を考慮してサービスを導入する」ことが前提にあります。NO3さんがお答えになっていることです。
今回のケースはケアマネさんの力量不足であると言っても過言ではないでしょう。基準はありますが、家族のおられる日中独居高齢者宅へ訪問することは不可ではありません。ただ、やはり何かあったときの不安は絶対に拭えませんので、なるべく訪問診療と訪問看護を導入し、連携サービスをしてもらって下さいね。
また、動けないお母様お一人ご自宅で過ごされる事に、もし、不安があるようなら、お父様が入院されている間はショートステイなどを利用され、人の手のあるところに任されることも一案でしょう。家政婦を利用するよりずっと安価で済みますし、曲がりなりにも医療従事者がいますので、何か異常があった場合の対応なども、ご自宅よりは安心かも知れません。
ケアマネさんも様々です。介護保険においては、ケアマネがいろんなサービスをコーディネートするため、ケアマネの力量によって質が左右されてしまいがちです。しかし、コーディネートするのはケアマネの独占業務ではありません。家族が行っても良いのです。質問者さまがお住まいの地域にある居宅介護支援センターにご家族のサービスについてどのような対応ができるのか、ご相談されてみてはいかがですか?
ある程度、知識を持って担当ケアマネさんともう一度ご両親のサービスについて検討し、合致されないようなら、支援事業所自体を変更されることも視野に入れて見られたら良いと思います。残念ながら、長くお付き合いをしていると、当たり前に「押し付けサービス」を立案し、安心してしまわれるケアマネさんはあまり少なくないようです。
介護保険においては、「本人の意思・家族の意思」が第一優先されるので、質安心して質問者さまやご家族さまの意思をお伝え下さいね。
介護でも「セカンドオピニオン」「サードオピニオン」されて良いのですよ。
お疲れを溜められないよう、お体ご自愛くださいね。

投稿日時 - 2008-05-21 01:11:59

ANo.3

同居家族がいてもヘルパーは使えますよ!
これまで、あまりに機械的に、同居家族のいる人へのヘルパーを使えなくしたケアマネが多くいたために、
昨年、厚労省が、「個別の事情を考慮してサービスを導入するように」という通達も出しているくらいです。
一人暮らしの高齢者だっています。
使えない理由にはなりません。

お母さんが介護保険を使われて長いのですよね?
そのときには、お父さんが健在で、妹さんも働いていたのですよね?
でもヘルパーは使っていた・・・。
状況は変わりませんよね。
むしろ、お父さんの身体機能が低下して、家族の生活は悪化しています。
なぜ、使えないというのか、私には、ケアマネの意図がよく分かりません。
なぜ、お母さんのケアプランなのに、お父さんがいる、いないが関係してくるのか・・・。
なぜ、すべての介護保険サービスを打ち切って家政婦にしなければならないのか・・・。

ケアマネさんに理由は聞いてみましたか?
推察するには、要介護5の一人暮らしの方の支援するには、
短時間のヘルパーではは責任が負いきれない、支援しきれない、とかいう理由かな、とも思いましたが・・・。
介護保険でできる部分は介護保険を使い、
介護保険でカバーできない部分を家政婦にすることだってできます。

お父さんへの食事作りは、お父さんへのケアプランとして位置づけてもらってはどうでしょう?
そもそも、厳密には、認定を受けていないお父さんの分を作ってもらっていたことがおかしかったことになります。
ただし、現場では、家族の分も作ることもあります。
「家族の分」ではなく「多めに作りおいた」というような位置づけにしていると思いますが。

全体的に課題の整理が必要だと思いますが、
一般的な世帯に月60万円の自己負担だけ提示してくるような
ケアマネだけでは、少し頼りないような印象を受けます。
地域包括支援センターに、主任ケアマネージャーがいますので、
相談されてはいかがかと思います。

投稿日時 - 2008-05-20 22:23:00

ANo.2

基本的に日中独居(昼間働いている方がいてその間おひとりで生活している)の方は、ヘルパーが生活援助に入ることができないことになっています。したがって、ご飯づくりや洗濯などは入ることができません。だからといって、いきなり家政婦を頼んで欲しいというケアマネジャーさんもケアマネジャーさんだと思います…。

お父様は、どういった介助が必要な状況なのでしょうか?
たとえば、食事(ご飯を食べさせる)介助が必要であれば、生活援助ではなく身体介護となるので、単価は高くなりますが介護保険の対象です。

もし家族対応で食事作りが難しいのであれば、地域によってあるなしが分かれてしまいますが、弁当を配達してもらうなどのサービスを使うこともできると思います(弁当の配達は介護保険対象外ですが、市町村によっては独自のサービスとしてある場合もあります)。ただ食事内容が画一的なので、長続きしない可能性もあります。

日中の部分だけ何とかなればよいというのであれば、昼間デイサービスに通い、デイサービスの送り出しや受け入れの部分にヘルパーさんに入ってもらうこともできます(もちろん着替えをさせたりというところで支援してもらうなどの理由が必要です)。それであれば、安全にお風呂にも入れますし、食事作りの問題も解決できます。もちろんデイサービスにも定員があるので、毎日は難しいかもしれません。

いろいろ大変でしょうが、ケアマネジャーさんや地域包括支援センター、役所などでもう少し相談してみるといいと思います。

投稿日時 - 2008-05-20 22:17:17

ANo.1

こんばんは! とてもお困りのようですね~?通常 同居人が居る場合 ヘルパーさんの訪問は限られます… たとえば食事作りなどは家族さんの対応になりますね~ 入浴などは大丈夫だと思います。ですが やはり 家族にも限度がありますよね~? その場合 介護5でしたら特別老人ホームに入所できるレベルですし、介護2なら宅老所と言う所もあります。ケアマネさんに凄く困っている事を訴え色々相談してみてください。

投稿日時 - 2008-05-20 00:17:23

あなたにオススメの質問