こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

新築する一戸建の建物の名義が同居しない親の場合

家を新築、登記は土地は自分、建物のみ4/3程度親の名義を入れると
します。(この家に親は居住しませんが、資金を提供してくれるため)

1.この場合で数年後親が死んだ時の事ですが、
 まず親の遺産はこの建物を除いて7000万円、
 相続人は2人だとします。
 相続税は5000万円+相続人数(=7000万円)まで非課税ですが、
  このように親が居住していないが、親名義の含む「建物時価」
  はこの計算に入れるのか、入れないのか。
  入れるとなるとこの部分は課税ですか?

2.別の選択肢として、購入時に相続時精算課税制度を利用して、
 (仮に2000万円贈与)建物を購入して登記上親の名義を入れない
 場合と比べ、
 本件のように「建物」のみ親名義で登記して相続した方が、
 建物の価値が減っていく事も含めて、得だという
 話を聞きましたが、実際にはどうなんでしょうか。

投稿日時 - 2008-05-22 18:04:26

QNo.4042042

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

>例えば親と同居の家だと相続財産ながら課税されないような気がしましたが

いいえ、課税されます。関係ありません。
もしかして、相続したものを売却するときの譲渡所得課税(相続税ではなく所得税)の特例(居住用財産の売却特例)についての話と混同していませんか。

投稿日時 - 2008-05-23 00:45:05

お礼

度々ありがとうございます
所得税の特例と勘違いしていたかもしれません。
もう一度調べてみます

投稿日時 - 2008-05-23 07:36:46

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

1番について
相続財産とは親の名義の財産なので、当然親が持分を持っている建物の持分も相続財産です。


> 本件のように「建物」のみ親名義で登記して相続した方が、
> 建物の価値が減っていく事も含めて、得だという
> 話を聞きましたが、実際にはどうなんでしょうか。
そのとおりです。
事実上相続の時には建物はそのときの固定資産税評価額が相続税評価額として使われています。
固定資産税評価額は新築でも購入価格より安いですし、減価償却されて安くなっていくので、当然相続税の節税を考えるとそのほうがよいわけです。

投稿日時 - 2008-05-22 18:28:02

お礼

ありがとうございます。
2の件は確認できてよかったです。

1の件もう少し具体的にわかれば他の方も含めてお願いします。

例えば親と同居の家だと相続財産ながら課税されないような
気がしましたが、それと今回の例の違いはあるのでしょうか。

投稿日時 - 2008-05-22 21:24:16

あなたにオススメの質問