こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本に「聖書」を伝えた日本人について

日本に「聖書」を伝えた人は、
海外の日本に帰らなかった日本人、
つまり、日本に帰国しなかった邦人
なのでしょうか?
そのような事を、テレビで見たような
気がしますが、その記憶が正しければ、
聖書は尾張弁で、伝えられたそうですが、
正しいでしょうか?

投稿日時 - 2008-05-27 17:33:29

QNo.4054799

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

本人は帰国したかったのですが、「異国船打ち払い令」により帰国できなかったというのが真実です。
http://joyoasis.blog.ocn.ne.jp/room/2006/06/post_8479.html

詳しいことは三浦綾子さんが書いた「海嶺」という小説をご覧ください。

投稿日時 - 2008-05-27 20:33:06

お礼

三浦綾子さんの本は、
キリスト教関係の出版が
多いですね。
有難うございました。

投稿日時 - 2008-05-28 09:35:17

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

ウィキペディアからの引用ですが、

ウィキペディア『日本語訳聖書』より
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%9E%E8%A8%B3%E8%81%96%E6%9B%B8
<引用開始>
キリスト教は、1549年(天文18年)に日本へ伝えられた。1563年(永禄6年)頃までには、イエズス会士フアン・フェルナンデス(J.Fernandez,SJ)が、『新約聖書』のうちの四福音書(マタイによる福音書、マルコによる福音書、ルカによる福音書、ヨハネによる福音書)を翻訳していた。しかし、火災で原稿が焼失してしまった。

その後、『日本史』の著作で知られるルイス・フロイス(Luis Frois,SJ)が、典礼用に四福音書の3分の1ほどを訳すなど作業を続け、1613年(慶長18年)頃までには京都で『新約聖書』全体をイエズス会が出版したことも確認されている。しかし、この「キリシタン版日本語訳新約聖書」は現存しない。
<引用終了>

とありますので、日本に聖書を伝えたのはイエズス会の宣教師ではないでしょうか?

投稿日時 - 2008-05-27 21:18:58

お礼

有難うございました。
参考にさせて頂きます。

投稿日時 - 2008-05-28 09:33:41

あなたにオススメの質問