こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

志望動機と自己PR

今度病院の受付事務に面接にいくのですが、志望動機に悩んでいます。
前職は工場での製造ラインで働いていました。事故で背中を痛めたことと、介護のために会社を辞めました。今回事務で探していたところ、亡くなった祖父が通っていた病院の受付事務が募集されていたので応募しました。
接客業はアルバイトで1年半しただけで、前職では班長なるものもしていましたが、今回の役にたつのかもわかりません。
面接という大事な場面ではいつも頭が真っ白になるので、なんとかしっかり固めていきたいのですが、よい志望動機と自己PRがでてきません。
アドバイスお願いします。

投稿日時 - 2008-05-29 17:25:45

QNo.4060000

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

考えることは、「相手に好印象を与えられるか」これだけでいいです。
面接というものは殆ど第一印象で決まるそうです。特に受付だとそうでしょう。
何故なら仕事というものは日数と経験でだれでもある程度こなせるようになりますが、
生まれ持った「相手に与える印象」というのは変えられないものだからです。
「美男美人が受かりやすい」これもある意味正しいです。
そうでない人は、好印象を与える手段を考えなければいけません。
あなたはどんな人に好印象を抱きますか?その人はどのような表情で、
どんな風に話していましたか?これをマネすればいいのです。
リラックス、笑顔、自信、誠実、これだけ心に入れておきましょう。

投稿日時 - 2008-05-29 23:46:52

お礼

早速回答ありがとうございました。
なるほど、第一印象ですか!
毎回面接では緊張して、ついつい沈黙してしまうので
リラックス…一番難しいですね(笑)
なんとか頑張ってみます!

投稿日時 - 2008-05-30 08:18:15

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

志望動機は、介護のために前職を辞めたこと、おじい様の通っていた病院なのでなじみがあることなんかを言えばいいかと思います。給与面・福利厚生が魅力・家から近いなどそこを選んだ理由を紙に思いつくまま、紙に書き出してみてください。

自己PRですが、自分はどんなキャラクターなのかということを常々考えておくことが必要だと思います。

例えば、緊張のために頭が真っ白になってしまうなら「必要以上に自分を良く見せようとしてしまう」人か「頭に言いたいことがたくさん浮かんでまとまらない」人。

ライン作業で機械を相手にしていると「人間嫌い」なのかなと思われがちですが、介護のために仕事をやめるなど「人間くさい」面もある。

おじい様が通っていた病院の求人に「縁」を感じる人なのか、たまたま条件がいいから選んだ打算的な人なのか・・。

色々なことを考えてみたら自然と固まってくると思います。

投稿日時 - 2008-05-30 15:38:07

お礼

回答ありがとうございます。
自己分析、基本ですね。
基本にかえって頑張って考えてみます!

投稿日時 - 2008-05-30 23:04:56

ANo.1

自分を良く見せようとするから、悩むのです。
質問に書かれたこと(>前職は工場での製造ラインで働いていました。事故で背中を痛めたことと、介護のために会社を辞めました。今回事務で探していたところ、亡くなった祖父が通っていた病院の受付事務が募集されていたので応募しました。)
を正直に素直に言えば良いと思います。
私は、採用側として面接を何度も行なっておりますが、「事前に考えてきてこの言葉は本音じゃないな」って事は、以外にわかります。
志望動機よりも、その他のインタビューの中での会話や考え方で総合判断します。
特に面接は事前準備をしない方が結果としてはいいでしょう。
(事前に準備してきてバリバリの模範解答の方達は多いです。しかし、本音として、それは、採用の基準になりません)

ぜひ採用されると良いですね。頑張ってください。

投稿日時 - 2008-05-29 22:47:15

お礼

早速の回答ありがとうございました。
少し焦りすぎているかもしれませんね(笑)
いつも面接では頭が真っ白になって、なにも言葉がでなくなるので
「もう少し自分をPRできないと」
と面接官にいわれたこともあるほどで。
へんに気負わずに、素直にいきたいと思います。
ありがとうございました!

投稿日時 - 2008-05-30 08:27:49

あなたにオススメの質問