こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

契約社員の契約終了後の退職(賞与について)

前年6月1日~本年6月末日までの1年の契約をしている契約社員です。
会社から契約更新はないと言われ、今月末で契約終了となります。
賞与は7月ですが、会社は7月の賞与は支給しないと回答がありました。
給与規定では、「次の期日に在籍している者に支給する。」と書いてありますが、6月迄に在籍したものなら貰えると言うことでしょうか?

投稿日時 - 2008-06-03 13:11:32

QNo.4071946

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

#1です

>(1)暑中手当 第2項に定める支給月の1日

7月支給なら支払われませんね(7/1在籍がキチンと書かれています)

貴方が7/1以降に退職されるなら支払われるでしょう

投稿日時 - 2008-06-03 15:51:29

お礼

そうでしたか。
貰えないですね(泣)
有難うございました。

投稿日時 - 2008-06-03 17:00:48

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

人事担当です

>次の期日に在籍している者に支給する。

その後ろに「次の期日」についての記述は有りませんか?

多いのは「支給日に在籍している者」とかになっています

私自身では

・前の会社では退職後に支給されました
・今の会社では支給日に在籍していないと支給されません

契約社員の場合は労働契約書に書かれている事も有ります
うちでも一般従業員とは異なる条件になっています

投稿日時 - 2008-06-03 13:30:09

補足

給与規定内の賞与(写し)
1.会社は、営業成績並びに本人の職責・勤務の成績より賞与(書中手当・年末手当)を支給する。
2.賞与を支給する場合の支給時期は、原則として暑中手当は7月、年末手当は12月とする。
3.賞与は、次の期日に在籍している者に支給する。ただし、就業規則第15条第1項第4号(無届による欠勤が30日に及んだとき)による解職の場合は、欠勤発生日の前日を基準とする。
(1)暑中手当 第2項に定める支給月の1日
(2)年末手当 第2項に定める支給月の1日
4.前項目の定めにかかわらず、雇用契約で賞与を支給しない旨を定めたときは支給しない。

と書いてあります。
また、雇用契約書では、
賞与[有]  [有の場合は、原則として毎年7月、12月]

となっています。
またよろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-06-03 14:53:53

あなたにオススメの質問