こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

「助教授」→「准教授」になって

 この四月からでしたでしょうか、従来の「助教授」が廃止されて、「准教授」と呼ぶようになったと、聞き及んでおります。
 そこで質問なのですが、私が学生時代は、大学の先生の出世のコースは、
助手→講師→助教授→教授
という序列だったのですが、これが今は
助手→講師→准教授→教授
になったと理解していいのでしょうか。正確な情報を、お願いします。

投稿日時 - 2008-06-03 21:00:48

QNo.4072987

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

同時に助手が「助教」という名称に変わりました。従って
助教→講師→准教授→教授
となります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%95%99%E5%93%A1%E3%81%AE%E8%81%B7%E9%9A%8E#.E9.AB.98.E7.AD.89.E6.95.99.E8.82.B2

投稿日時 - 2008-06-03 21:10:05

お礼

 ご回答ありがとうございます。
 大変わかりやすいご回答でした。まさしく、私が知りたかったことです。参考サイトも、非常に明快です。誠にありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-04 13:28:24

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

私大教員です。
大まかに言って
助手→講師→助教授→教授
という序列だったのですが、これが今は
助教→講師→准教授→教授
です。ただし、今後も、助手は存在します。
というのは、従来から助手の中に、教員の第一段階で、将来、教員になるべき助手と、教授のお手伝いで、学部卒程度で採用し、ただ雑用をしていた人もいるので、このような人(昇進させる気を上司(教授)も持っていないし、本人も持っていない)は、今後も助手です。国立とか私立とかの区別は関係ありません。国立理系でも後者のような例は結構あります(全体から見ればごく一部でしょうが)。なお、従来の助手は講義を担当できませんでしたが、助教は、担当できます(国立、私立をとわず)。
あと例外的にポジションの枠のせいで、本来よりも低いポジションで採用されることはありえます。例えば助教の枠が無いけど、助手の枠がある場合には、とりあえず助手で採用して、業績の進行で、講師になるなど、ケースバイケースです。
私は、国立研の研究員をしていて、某国立医大に移る時、「本来助手にしたいんだけど、一般教養で助手の枠が無いので、教務職員(教育職の技官:教員ではない)として採用されました。教授には助手レベルといわれましたが大学からは技官扱いで、7年半後に肩たたきに会いましたが・・・など、ケースバイケースでいろんなことがあります。

投稿日時 - 2008-06-07 03:35:25

お礼

 ご回答ありがとうございます。
 おっしゃる通り、いろいろなケースがあるのですね。大変参考になります。ちょっと知り合いから最近聞いた話ですが、現在は、
助教→(講師→)准教授→教授
という感じのようです。講師は、将来的に廃止されるようですが、まだ現在も残っている、という感覚だとのことでした。
 助手の扱いにもいろいろあって、どの道を通って上へのぼっていくか、道筋はいくつかあるようですね。大変参考になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-11 12:50:28

ANo.10

#2さんと#4さんの意見の違いは、私立と国立(理系)の違いでしょうね。国立理系じゃ、数年以内に助教も講義を担当するようになるでしょう。(制度的にはもう担当できるはず)。そういう意味では#2さんの言う

> 助教とは、大学院生を多く抱える大学が、正式な就職が
> 決まらない院生を抱えるために募集するものです。

と言うのは、間違っていると思います。一方で私立大学では一年とか二年任期の助手(助教制度がはじまってからの話は知らないので、数年前の話です)ポストを、ドクターコース出た人向け(含む学位未取得者)に、用意するという話も聞いたことがあるます。(昔の話と書いている人もいますが、私の知っている実例は数年前に聞いた話です)

では国立ではどうしているかと言うと、基本的には一般的な私立より研究費を獲得している教員が多いので、先生のポケットマネー(研究費の事ね)で雇うポスドクになる事が多いです。

あと、博士号をもっているかもっていないかの話ですが、理系では必須です。文系でも、文系独自の文化のせいで、一定年齢以上の方は持っていない方も多いのですが、最近~今後は、助教の公募では、ほぼ必須なのではないでしょうか。というのも一流大学の文系でも最近はポコポコ学位を出してますから。わざわざ学位の無い人は雇わないかと。「私立には博士号もった助手なんていねーよ」と言い切るのは、みずから「へぼ大です」と言っているようなモノかと・・・。

ただ、こうみると、私立の助手と国立の助手は違う職業だと考えるのが、一番スッキリするかと・・・。

投稿日時 - 2008-06-04 11:00:25

お礼

 ご回答ありがとうございます。
 うーん、一言で言って、ややこしい! 最後のお言葉、「私立の助手と国立の助手は違う職業だ」というのが、妙に分かりやすかったです。皆様、いろいろなご回答、誠にありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-04 13:58:07

ANo.9

大学教員です。

#2、8のような博士号無の教員は旧制度でも認められていましたが、
新制度では原則廃止するということです。
ただ、今いる人を急にクビにするわけにはいかないので、
現存はしますがあくまでも例外的存在です。

また、講義を正式に担当したり博士課程の学生を持つことで、
手当てがもらえるようになりました。
出世コースという意味では名前が変わっただけです。

投稿日時 - 2008-06-04 11:00:15

お礼

 ご回答ありがとうございます。
 大学現役教員の方ですか、ありがとうございます。現制度では、博士号なしの教員は、原則廃止する、ということですね。また、講義担当や博士課程の学生の指導の手当てなどで対応される場合もある、ということですね。よく分かりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-04 13:55:39

ANo.8

otx

追記

話がまたそれますが、

制度改正(って言うほど最初から大学教員の採用について制度化はしていないですか)があったのは最近かもしれませんが、
今、既に何かのポストに就いている人にでも(前時代の遺物の方でも)、それから上に行くときには、今の制度でいきます。

何年も前の事情を引きずったりはしていません。

なので、現在博士号を持っていない准教授の方は博士号を取らない限り教授にはなれません。博士号を持っていない講師は准教授以上になれません。
既に教授になっている方は「まさに遺物」であると思います。ラッキーでしたねw

投稿日時 - 2008-06-04 10:41:21

お礼

 再度のご回答、ありがとうございます。
 中には、そのような「遺物」のような教員も、いまだに存在しうる、ということですね。よく分かりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-04 13:53:09

ANo.7

otx

大学教員です。理系ですが。

はっきり言って、ここ数年で変わっています。
現時点て、教授、准教授、助教になっている方の内、なってから10年以上になるという方と、なってから10年未満の方では全く違うのです。

これは理系、文系に関わらずです。

昔の方の時代は「博士号が無くても」大学教員のポストにつくことができました。取りあえず職についてから博士号をそのうち取れば良いと思った方々です。

No2様、No8様はその「昔」のことであれば当てはまります。
現状は全く異なります。むしろNo2様、No8様のようなケースは「過渡期の産物」とか「前時代の遺物」となってしまっています。

現代ではNo3様、No4様の方が正しいのです。博士号を取得していない人は大学教員になれません。

(余談ですが、むしろ、「昔の方」で博士号を取っていない人は今の仕組みでは博士号を取得することが難しく、かつ今の時点の立場より出世することはありません。)

さて、これまでは質問と関係無いことですが、質問にお答えすると
大学のポストとして

ポスドク→助教→(講師)→准教授→教授

であると思います。

講師ですが、これは正式な立場というよりも、
「助教というよりも年齢的にも、もちろん業績的にも上な方、しかし准教授まではいかない、もしくは准教授が既にいる」
という場合に取りあえず講師ってことでおかれる立場と思っています。
ので、必ずしも「講師」という立場にならなければ次ぎにいけないというものでは無いです。

あと助教ができた後にあるあえての「助手」ですが、そもそも普通は無い立場であると思います。
存在するとすると、理系では、出世コースにのっていない人の立場であるように思います。
つまり、実験だけをする技師みたいな人、もしくは授業の何かを手伝う(学生実習をするとき)人みたいな人です。

理系では、科研費を取得することが多いので、それによって「研究員」「特任助教」などいわゆる「ポスドク」制度が多く存在します。
文系でも、科学技術振興会の特別研究員があると思いますが、これは「助教」の前の立場です。

投稿日時 - 2008-06-04 10:31:44

お礼

 ご回答ありがとうございます。
 現役大学教員の方ですか、ありがとうございます。うまく意見をまとめてくださいましたね、大変分かりやすいです。「講師」というのは、少し特別な存在のようですね。現場にいらっしゃる方のご意見、大変ありがたいです。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-04 13:51:36

ANo.6

博士号に関しては取得の難易度は大学や分野によって大きく違います。
一般論として、地方大学の特に理系では後期課程に進学後3年以内にきっちり学位を取る人が多いですが、旧帝大においてはそうはいきません。特に文系においては、そう簡単には学位を出さないという風潮が幾分残っています。
そういう意味で、博士号をもたない助教がいて、それが例外的なものとはいえないということは事実でしょう。また、博士号を取得した時点で講師に昇格するということもないとはいえません。特に前述のように学位取得の困難な大学院出身者の場合には、学位を取得した時点で、昇格するのに適当な年齢になっていることもあるでしょうから、それをきっかけとして昇格人事が進むこともあるでしょう。また、学位がないために助教にとどめられていたが、学位が取れた以上、その必要がなくなるということもあるでしょうね。助教は助手と違い、講義を担当できるという話を聞いたことがあります。しかし、やはり講師以上でないと講義はもたせにくいということは現状においてあるかもしれません。文系では講義を担当しない教員は戦力外ですので、早く講義を担当してもらいたいと言う事情もあるでしょうね。

いずれにせよ、そういった制度変更があったのは最近のことであり、その変更前を大昔であるかのごとくいうのは現実的ではないと思います。少なくとも講師とか准教授以上への採用が問題になるような人に関しては、何年も前の事情を引きずっているはずです。

投稿日時 - 2008-06-04 10:23:35

お礼

 ご回答ありがとうございます。
 なるほど、よく分かりました。何年も前からの事情と、最近の事情の変化とが、いろいろ入り乱れて、現状のように、複雑な事情になっているのですね。いろいろなケースがあること、文系と理系の違いなど、大変参考になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-04 13:47:54

ANo.5

簡単に言えば、
助手(Assistant)→助教(Assistant Professor)→講師(Lecturer)→准教授(Associate Professor)→教授(Professor)
であるというのが自分の知識です。

間違っていたらすみません。ただ、大学の教官リストみたいなのを見るとこのようになっていますからおそらくこれで良いと思います。

投稿日時 - 2008-06-04 02:02:15

お礼

 ご回答ありがとうございます。
 ANo.1様のご紹介サイト(ウィキペディア)にも、そのように載っていました。非常に分かりやすいです。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-04 13:41:16

ANo.4

参照
http://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorSearch?fn=1&bg1=00002&sm1=.....&bgCode1=00002&smCode1=.....

投稿日時 - 2008-06-04 01:45:45

お礼

 参考サイトを拝見しました。一目見てよくわかりませんでしたが、なんとなくそれらしい言葉が並んでいましたね。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-04 13:39:49

助教授→准教授
助手→助教
になったのは確かですが、時代の変化の方が大きくて、名前の変化よりそちらが影響している感じです。

助教も博士が必須となっていますので、ドクターコースを卒業してからのポストに変わってきています。というよりも学振の特別研究員などのポストドク後です。一般的に国公立大学だと講師のポストはあまり使われていないような感じです。ですので、
博士課程→ポストドクター→助教→准教授→教授
このような感じの方が多いと思います。特に助教に博士号が必須の動きは最近の動きです。また、パーマネント職は准教授からです。

投稿日時 - 2008-06-04 00:56:15

お礼

 ご回答ありがとうございます。
 そうですか、国公立大学だと、あまり講師というのを経ずに、教員になるのですね。いろいろ分かってきました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-04 13:31:53

ANo.2

No.1の方の回答で、正解です。

ただし、全ての人が助教から始まるわけではありません。
助教とは、大学院生を多く抱える大学が、正式な就職が決まらない院生を抱えるために募集するものです。

また、以前は講師(専任講師)がパーマネント雇用された大学教員のスタートラインでした。しかし、最近では、準教授から始まることが増えています。

特に本当の公募、つまり採用側の大学には候補者となる院生がいない場合、準教授募集と公告するのです。応募資格は博士課程修了もしくは見込み、同等の業績があるものです。

一方、大学院生が多い大学ではこんなこともあります。博士号を取得せず、自分の大学の助教に任期付きで採用されます。その後、運よく出身大学で正式採用される人も出てきます。そういう人は、専任講師になります。大学によりますが、博士論文ができているのに、提出しない、審査を遅らせてもらう人も多いのです。そういう人は、「正式採用されたから、博士号をもらおう」と思いますよね。無事取得できれば、その時点で、準教授に任ぜられるそうです。

ただ、私の知り合いでは、博士号がない段階の正式採用で助手(助教)となり、博士号取得により専任講師に昇格したという人もいました。

大学により異なり、また時代によって変化しつつあるようです。

投稿日時 - 2008-06-03 23:24:04

お礼

 ご回答ありがとうございます。
 詳しいご回答、誠にありがとうございました。いろいろな場合があるのですね。大変勉強になります。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-04 13:29:57

あなたにオススメの質問