こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

金田一春彦先生の文献で・・・

「知っている?」と聞かれて、その答えが”NO.”である時、
なぜ、「知っていない。」ではなく、「知らない。」と答えるのか
ということに、私は非常に興味があります。

そして最近、WIKIPEDIA の金田一春彦先生の項目に、

>1942年春、橋本進吉の世話で日華学院に移り、
>終戦まで中国人に日本語を教える。
>中国人からの質問には「『知っている』の対義語は
>何故『知っていない』ではなく『知らない』なのか」など、
>あまり日本人にはない視点からの問いかけが多く、
>学問的に大いなる刺激を受けた。

との記述を読み、もし金田一先生が、このことに関して
何かの著書で、ご意見を述べられているのなら、是非、
読んでみたいと思いました。

そこで、もし上記のことについて、金田一先生がご意見を
述べられている著作物(論文でもOK)をご存知の方
いらっしゃいましたら、教えてください。

投稿日時 - 2008-06-06 23:19:29

QNo.4080871

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

今、手元に本がないので、この話題を扱っているかどうか確認できないのですが、ご参考までに。

金田一春彦と「テイル」といえば、
金田一春彦(1950)「国語動詞の一文類」『言語研究』15号。
(金田一春彦(編)(1976)『日本語動詞のアスペクト』(むぎ書房)に再録)です。

また、
『金田一春彦著作集 第3巻:日本語のしくみ』(玉川大学出版部)に
「国語動詞の一分類」のほかに、
「日本語動詞のテンスとアスペクト」
が収録されていますから、ご覧ください。

ついでといってはなんですが、この手の話題でしたら、
工藤真由美(1995)
『アスペクト・テンス体系とテクスト:現代日本語の時間の表現』ひつじ書房
も是非ご覧ください。直接は関わらないかもしれませんが、ご自身でこの問題をお考えになるときには、きっとヒントになってくれることでしょう。

投稿日時 - 2008-06-07 14:28:55

お礼

ご丁寧なご回答、誠にありがとうございます。

『日本語動詞のアスペクト』『日本語のしくみ』
『アスペクト・テンス体系とテクスト』

教えて頂いた本、すべて読んでみたいと思います。
特に、『日本語のしくみ』って面白そうですね!

投稿日時 - 2008-06-07 17:29:57

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

あなたにオススメの質問