こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

秋葉原通り魔事件を知って

 この事件を僕は昨日テレビで見て、本当に嫌な気持ちがしました。
犯人のような人がもしも僕の身の周りにいるとしたら、あるいは内にこのような殺人衝動を持ち合わせている人がいるのだろうかと考えると、とても怖い思いがします。そして逆に自分の身の周りの人々がこのような殺人事件に巻き込まれたり、あるいは僕自身が被害にあってしまう可能性があることを再認識しました。

 普段、こういった殺人事件の報道をテレビで見ていても皆無に近いほど聞き流してしまうのですが、この事件ばかりは本当に驚愕でした。

 そしてひとつ思ったのが報道の仕方です。アナウンサーが現場の状況をカメラに向かって伝えているときに、その後ろで通行人たちが不謹慎な態度で醜態を晒していました。しかも事件現場を背にして。彼らももちろん慎むべきなのですが、報道している側も何かしら対処して注意を促すべきだと思いました。

 長くなりました。ここで質問です。

 僕たちはこういった日々の事件からいったい何を感じればいいのでしょうか。そしてまた何をメディアから受け取り、何を吸収すればいいのでしょうか。みなさんの言葉を待っています。
 
 お亡くなりなられた方々の冥福を祈ります

投稿日時 - 2008-06-09 14:12:45

QNo.4087032

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

いくら意見が出てもよさそうなので、私も、、。

わたしは、この事件は、日本にとっての911のように感じています。
なにがどうだから、という理屈付けはまだまとまらないのですが、
敢えてこじつければ、無名者による匿名社会へのテロ攻撃。
911を境に、世界情勢が変わりました。アメリカはイラクと戦争を始め、それにまつわる様々な弊害が世界に蔓延しました。それは今も続いています。
この事件は、通過点の1つにはならないような気がします。それは自分を巻き込んで、これから変化していく日本社会の「号砲」のような気がしています。これは予感に近く、理論付けが無く、理知的というよりは、動物的なカンです。今まで、1つのニュースにこんなに戦慄し、落ち込んだことはありませんでした。911以後、世界は悪い方向に急激に流れ始めました。伏流は911以前に出来ていたわけです。0608以後の日本が表面的に大きく変わる事はないかもしれません。けれど、なにかどうしようもない社会になっていく気がします。お互いに、どうしようもない事を知りながら、加速していく、、、。その象徴として、0608が暗いです。

投稿日時 - 2008-06-11 19:13:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(15)

ANo.14

私はこれまで近所付き合い、新しい出会いなど、
人付き合いで少なからず面倒くさいと思う事がありましたが、
今回の事件で、それらの意味、人と共に生活できる事の大切さ、
幸せを強く感じました。

そして、いくら生活が便利で、PCで擬似会話ができたとしても
一人ぽっちでは健康に生きられないという事を思い知らされました。

今こそ、情報機器の有り方、昔より薄くなりがちの近所・地域付き合い、
会社・学校などの組織の付き合いなど、見直す時な気がします。


派遣制度も、これだけ改正しても、根本的な解決にはならないと思いますが
心を貧しくする大きなきっかけには当たるはずですので
改正はしてほしいですね。
私も派遣社員ですが、仕入扱いされていると感じる時は少し残念と感じます。



メディアからの受け取り方は、以前、
メディアの言うことをそのまま聞かず、取捨選択する事は絶対と習いました。
(大学の情報メディアの講義より)

投稿日時 - 2008-06-11 17:24:29

ANo.13

感じ方は人それぞれでいいと思うので私の感じたことをお話します。

最近の日本はなんだか危ない方向へ進んでいて、将来がとても不安です。
今回の事件をはじめ、つい最近の同じマンションの人を殺して遺体をトイレに・・とか凶悪な事件や、横領して面識の無い彼氏?に貢いでいた事件とか、派遣社員という言葉がとても気になりました。
派遣は会社員とも呼べないのでしょうか?差別的なものを感じます。
いつの間にか金融関連の書類の職業欄にもわざわざ「派遣」という項目が新設されており、ちょっとびっくりしました。

>(虐げられた)派遣社員の・・・
というご意見にも一理あると思います。ニュースを見てて会社側が何か隠している感じを受け、作業着がどっからどう出てきたかも明解ではありませんでしたので、今回はどうだか知りませんが、いずれはクビになっていたことでしょう。
派遣はパートより高い時給だからという小遣い稼ぎには良いですが、正規の仕事として、生活の糧にしている方にとっては、とても不安定で、だからこそ心の安定も得にくいと思います。

会社が正社員並みの一人前の能力のある人を、退職金も無い派遣として多用し使い捨てにするのは人として悪いことではないか?と感じ、個人も「自分のことしか考えない人」がとても増えていて、心から信頼できる親友を探すことも、将来を賭けてもいい会社に巡り会う事もとても難しくなっています。
いつか「3年経ったら社員に昇格させる」という派遣法が出来ましたが、会社に良い様に利用されるだけで、この法律で社員になれた人を私は知りません。今は確か撤廃されました。

一方で正社員もまた、一昔前とは大違いでサービス残業もざらですし、定時になるとわざと残業代がつかない程度に雑用を言いつける意地悪な会社や、出勤簿の二重帳簿もあります。

私が初めて就職したころは、仕事中に総合病院に行ったり(朝一で診察券を置きに行き、時間になったら診察に行き、薬が出来るころ取りに行くという三段階の外出ができました)、給料日には銀行に行くために昼休みを少々はみ出すことも認められていました(すべての会社ではありませんが)
今では正社員になると、総合病院に行くには有給を消化しないといけなくなりました。
こう書くと年がわかってしまいますが、時代は猛スピードで変わり、10年前ともまたまるで違ってきました。

パートでさえ自由に休めず、高校生のバイトでも学校行事の準備を理由に欠勤の連絡をしたら「休むな」と叱られるほどで(学校が本業なのに)、パートやバイトは時間的に、派遣は能力的に正社員並みの要求をされます。でも身分は保証されません。会社側の都合のみまかり通っています。

とても働きにくい世の中になり、会社の居心地等も怪しく、鬱病で退職し、また働けるようになるまで何年も掛かる人も大勢います。

なぜ事件の話が就業の方へ行ったかというと、【働きにくい=生きにくい】と私は考えるからです。
またその原点には【自分を守ることしか考えない】という歪みを感じます。
例えばモンスターペアレントなる方々の出現などです。
突如現れたかのようですが、社会に向けられてしまったからモンスターと呼ばれるのであって、私の子供時代には我が子に対してモンスターな親がちらほら出現しておりました。その親たちの育てた子が親に習えばモンスターになっても不思議ではありません。

それは、理不尽な要求を突き付け、子供は自分と違う一人の人間であることを認めない、子供の気持ち・立場を考えない、子の成長より自分達が子供から得られる利益や自分達自身の利益優先、子供は親の人形と思っている、早くから大人扱いを無理無理押し通す、言葉やその他による虐待も当然、我が子である兄弟を揉めさせてでも自分を守ろうとするというような子育てです。(今の60~70代)
それに対し、疑問に思いつつ、抵抗しつつも結果的にそれを受け入れざるを得ず心の病になる人、疑問にも思わず孫世代にも伝道する人、そんな親とはしっかり距離を置く人、いろいろ居ますが、生育暦は舐めて掛かれません。

今回の犯人の親はもう少し下でしょうから、上記の大人扱いがなくなる代わりに、成績面で厳しい要求をする親が多そうです。

自分達に出来ることは、政治家になって社会を変えるという大名目よりも、心を伝える、会話になる会話をする、人と信頼関係を結ぶ、自分のことをわかってくれる人がいる、他人のことも我がことのように感じられる、というような小さいけれど重要で、簡単そうで難しいことをそれぞれがしていくことがとても大切ではないか、と私は考えます。

映画「三丁目の夕日」でしたっけ?あんな風に人々が温かく繋がっている時代が取り戻せたら、犯罪も減り、子供も健全に育てやすく、子供を作ろうという人も増えそうです。

そういう時代が来るのを願うばかりです。

また今回の事件でお亡くなりになられた方のご冥福を心よりお祈りいたします。

投稿日時 - 2008-06-11 01:06:20

ANo.12

私は、このニュースを目にしたとき、「これは(虐げられた)派遣社員の犯罪ではないか?」って思いましたね。でも、お昼のニュースでは派遣元の日研総業は、「月収で30万円くらいなので、お金に困ってはいなかった」って報道を聞きましたので、「まあ、30万あれば、余裕だろうなあ。でもそれは信じられない。たぶん会社の言う30万は嘘だろう」とも思いましたね。

で、2chを見たところ、どうも彼はリストラ対象になっていたようですね。そして住居は会社が用意したマンション。
となれば、リストラ=部屋の追い出し。つまりは、「住所不定・無職」に直行する直前だったのではないでしょうか?

もちろん、いつの時代でも過酷な環境にいる方、家庭運等の悪い方はいるわけです。それを理由に犯罪行為が許されるわけはありません。でも、関東自動車工業とかトヨタが大赤字ならいざしらず、大儲けしているのに、そこで働く派遣社員を使い捨てにするなら、今後も将来を絶望した若者・中年の派遣の方が「死刑になっても、どーなってもいい。もし、刑務所行きなら、安心して3食食えるから、そっちのほうがいい」とキレて、こうした理不尽な犯罪が増えるのではないでしょうか?

折しも、サブプライム問題や原油、穀物高により、自動車産業をはじめとして、不況によるリストラが広がり、こういう破滅的な犯罪者が増えるかも?なんて思いました。

それから、どうもスポンサーの圧力があるのか、マスコミはこの件に関して、報道管制をしているように思えます。

最後に、危険を感じたら、野次馬根性を出さず「即逃げる!」ってことが大切だとも思いましたね。

投稿日時 - 2008-06-10 00:49:57

ANo.11

こんにちは。

まあ、当方が思うに端的に言って二つですね。

まず、加害者の社会的背景といったことを徹底的に洗い出して少しでも再発防止に役立つことを見出すことですね。これは主に政治や公安がやるべきことです。

二つ目は自分の身を守るためにはどうしたらよいかということを真剣に考えるということです。

例えば、模倣犯が出ることを想定して人が集中する場所は極力避けるとか。やむをえず通過する必要がある場合には短時間で通過するようにする。周囲の状況に気を配る。

あと、人がたくさん収容できるホールとかヤバイかも。

まあ、嗅覚ですよ。

当方は普段セキュ板(Malware)で回答していて、ソーシャルハッキングという言葉が出てきます。意外と応用利きますよ。

投稿日時 - 2008-06-09 23:28:46

ANo.10

私も、現場に居合わせた人が、写メールをとっている姿や、それこそ「にやけて」インタビューに答えている姿をみて、嫌悪感を覚えました。
立ち入り禁止の線がはられた、交差点内は、それこそ日常とは異なるものですが、それを興味本位でのぞこうとする人には共感できませんでした。
犯人の誰でも良かったという、発言と客観的にひとの死をながめる人々。
異様な感じがしました。
報道に関しては、「事実を伝える」ことに徹してほしいです。それをみて、何を感じるかは人それぞれです。
私情を交えず今後、どうしたら皆が平和に過ごせるか、模倣犯がでないよう考慮して、報道してほしいです。

投稿日時 - 2008-06-09 22:15:24

1)油断大敵(というか、常に周囲に気を配り自分の身を守ろう?)
…決して被害にあわれた方が油断していたとか、非難するつもりはありません。ただ、理不尽な不可解な事は誰の身にも起こってしまうんだと。たとえば、自動車を運転する時は色んな事を考えないとならないじゃないですか、それと同じレベルと言うと近いかなぁ。

2)どんなに辛い事があっても、人に迷惑をかける事をしてはいけない。
…生きて生活していりゃぁ、死にたくなる事も、社会に理不尽に感じる事もありますよ。そりゃあ、程度の差こそあれ、誰にだってあるんです。自分ひとりが辛いわけではないのですよね。自分が辛いからって、人を辛い思いをさせて良いということではないですよね。

3)イザと言うときに、自分には何が出来るか?何をしないとならないか?常に備えておこう!

私はそんな事を感じました。
被害にあわれた方にお見舞い申し上げます。

投稿日時 - 2008-06-09 21:33:53

ANo.8

こんばんわ。
難しく、重い質問ですね。

ご参考になるかどうかわかりませんが・・・。

『忘れない』ことが重要だと思います。

僕が大学生の頃、地下鉄サリン事件が起きました。大変な衝撃を
受けました。その後、神戸の児童殺傷事件や大阪の小学校襲撃事件
がおきました。アメリカの同時多発テロも衝撃的でした。
でも・・・

しばらくたてば、忘れてしまっています。仕方のないことです。
みんな自分の人生で忙しいのです。あれほどの衝撃も自分に直接
関係無い限り、忘れてしまうのは当たり前なのです。

『残酷な事件は いつの日からか皆の 一番の退屈しのぎ
 残酷性が強ければ強いほど 週刊誌は飛ぶように売れる』

これはブランキージェットシティというバンド(古い!)の
『悪い人たち』という曲の歌詞の一節です。

残酷な事件が起きるたびにこの曲を思い出し『そうだよなあ』
と感じます。

そう、人が生きていくというのはある意味、冷たく残酷な事なのかも
しれません。悲しい事件も時間が経てば忘れてしまう。あなただって
そうかもしれない。

でも、一方で、今、あなたや私がこの事件から感じるやるせなさ・悲しみ・怒り・・・そういったもろもろの感情をできるだけ忘れないよう、
しかし自分の人生は前向きに、かつ(出来ることなら)この世の中を
少しでもいい方向に持っていくよう、考えて悩み続けることが、
今回理不尽な死に方をしていった方たちへのささやかながらの供養に
なるのかなあ、と思います。

まとまりのない文章でごめんなさい。

投稿日時 - 2008-06-09 20:30:14

ANo.7

秋葉原通勤者で、土日にもよく出かける者です。
今回の事件で言えることは、「繁華街を狙う確信犯の犯行は、止められない」です。

今回の犯行現場は、夜道でも暗い道でもありません。晴れた休日の繁華街です。しかも、通常は暴力団も暴走族も来ない所です。

実は秋葉原は、警察などの警備が度々拡大している町です。
今回、事件の車が突っ込んで停止した所から、わずか50m先に交番があるのです。
この交番は、入居しているビルの新築を契機に、去年500mくらい先の別の交差点から移転してきた交番なのです。
犯人は、交番の手前50mで停まり、交番の反対方向へナイフを持って走ったことになります。

秋葉原の歩行者天国では、過激なパフォーマンスが問題になり、4月に迷惑防止条例違反で猥褻パフォーマーが逮捕されました。これを契機に、警察だけでなく商店会や町内会も加わったパトロールが強化されていました。わずか、1ヵ月半前のことです。

秋葉原の歩行者天国は、一部で車が横断する道を確保する為に、信号待ちの必要な交差点が確保されています。ここを、歩行者天国と勘違いして歩行者が自動車事故に遭わないように、柵を置いて警官が警備しています。
普通に、車線と制限速度と信号を守る車なら、もし歩行者が信号無視をしても、「ひゃっとした」で済む範囲です。
でも、今回の犯人は、この交差点に蛇行しながら突っ込みました。

事件の有った交差点から、交番まで50m,警察署まで、南下して左折して約300m。消防署までは、東進して北上して約400m。
西へ約1km進んで御茶ノ水駅前へ出ると、東京医科歯科大,順天堂大,日大の付属病院が集中しています。
そんな恵まれた環境にも関わらず、7人も亡くなったのです。
犯人がナイフを振り回したのではなく、体当たりで突き刺したからでしょう。報道の第一報時点で、既に心配停止でした。

犯行開始から犯人確保まで、5分でした。これを長いと思いますか? 短いと思いますか? 立て籠もりではないですよ。瞬間的な事件です。
今回、警官も刺されましたが、この警官は犯人を取り押さえるよりも被害者の救助を優先したのです。その警官の脇腹を、犯人は刺したのです。
犯人を取り押さえたのは、駆けつけた別の警官です。

私は昨日、この事件の3時間ほど後に、秋葉原へ行きました。
すでに、事件現場近辺以外の通行規制は解除され、歩行者天国では毎週の賑わいが「復活」していました。
誤解されるかも知れませんが、私は、1人の無法者ごときで秋葉原の賑わいは壊れなかった、と安心したのです。
よく、「会場を爆破する」の予告電話で大切な祭や運動会を潰される事件を聞くと、悔しい思いでいっぱいになりましたから。
そんな、「普通の日曜の秋葉原」を楽しむ人が、「え?ここで事件が有ったの?」という感覚で歩いていたことでしょう。それをTVで見ると、不謹慎に見えたかもしれません。

最初に書きましたが、犯人は最初から大量殺戮を狙って繁華街に突進してきたのです。しかも、朝からテンションを高めて。出来心ではありません。
こんな犯人から逃げるのは、「幸運」に頼るしかないのが現状です。市民の反撃を許せば、流れ弾に当たります。

余談ですが、2001年の9・11事件以降、私の勤務先の会社(海外出張が多い)では、「繁華街に不用意に近付かないように。テロの危険があるから」との注意文書が回りました。
そういうことを意識するしか、ありません。
犯人が、爆薬や硫化水素を持っていなかっただけ、マシだったくらいでした。悲しい言い方ですけど。

なお、今回のことで「秋葉原は恐い」と思わないでください。
犯人は、渋谷を経由してきていますし、新宿を襲ってもおかしくなかったのですから。

投稿日時 - 2008-06-09 20:26:06

ANo.6

私はあの時現場にいた一人です。

亡くなられたお一人の傍で救護の為に119番をしました。もっとも私自身の力がなく、何もしてやれなかった事が今でも悔いています。

私は一夜明けてもこの事件について考えていました。結論を申し上げれば何も答えが出ません。



目の前に血まみれの男性が横たわっています。流血した多くの方が倒れています。ですが、今でも現実感がありません。実際にこの目で凄惨な現場を見ているのに。
テレビで放送されているのを見てもまるで遠い世界のように感じてしまいます。

恐らく多くの方は私以上にテレビで流れるニュースを『他人事』として捉えているでしょう。「今の社会は怖い」「容疑者を許せない」といっても無意識にどこか自分とは関係ないと思っている人は少なくないと思います。


私たちの感覚はもう、メディアによってイカレています。感じようとしても感じきれない。その中でどうすればいいのか私は答えが見つからない。せめてこの社会が健全で平和になるように正しいと思うことを全力でやりたいと私は思っています。

ご遺族の方、ご冥福お祈りいたします。

投稿日時 - 2008-06-09 19:54:26

お礼

鋭い意見をどうもありがとうございます。

確かに実際に目で触れて、肌で感じたことの無い事に関してはやはり無意識の内に距離を置いている気がします。しかもその距離は実際なかなか遠いものなのです。
テレビは映像を吐き出します。テレビは一方的に投げつけます。僕に言わせればアナウンサーも評論家もクソッタレだと思います。彼らは知っていることや、原稿を読んだりして、それらを難しい言葉にして僕らに聞かせ続ける。
僕は現場に実際にいたyoungchildさんのこの短い意見文の方が何百倍もの価値があるものだと思います。

ぜひともテレビに影響されまくっている若い人たちに伝えたいです。
まずは疑うこと、それから考えること。

投稿日時 - 2008-06-14 14:53:51

ANo.5

>僕たちは、・・・事件からいったい何を感じればいいのでしょうか。そしてまた何をメディアから受け取り、何を吸収すればいいのでしょうか。みなさんの言葉を待っています。

質問者様を含めた「僕たち」では、私は答えられないので、私だけの考察結果として聞いてください。同様に感じるように強制したくありませんから。

自分の場合は、まず、怒りです。他者の生を強制終了させる愚行に対する激しい怒りを感じています。そして、「もろさ」も感じます。なんと簡単に多数の死者が出てしまうのかという脆弱さとでもいうような印象です。誰も反撃できなかったのかという弱弱しさに驚いてしまいます。警官も被害に遭っているようですし、サミットを控えてテロ対策の警戒中の首都にしては、信じられないほど、やりたい放題できていて、そこにも失望しました。
マスコミは客観的に報道していればいいので、被害者宅に押し寄せてうるさくしないように自重していればいいと思います。
殺人鬼に対しては、打つ手がないですから、遭遇してしまったら終わりだなと思いました。命がけで反撃できるような人間になりたいとは思いますが、武道を心がけているはずの警官でもやられてしまうのですから、どうなることやらです。
犯人については、公開処刑を求めたいくらいの気持ちです。
被害者及び関係者同様に悔しく思い、同情いたします。

投稿日時 - 2008-06-09 19:34:19

ANo.4

何を感じ、何を吸収すればよいかということですが、それはあなた自身が考えるのがいちばんなのではないでしょうか。

テレビはいつも何かを「感じさせよう」「吸収させよう」としています。
それは企業や団体のためであったり、政治や経済のためであったり、本当に国民のためであったりとさまざまです。

ぜひテレビ以外のもの、人からでも本からでも多方面からいろんなことを吸収し、テレビの特異性に気づいたうえで上手にテレビ報道を活用されるとよいと思いますよ。

投稿日時 - 2008-06-09 15:05:20

お礼

回答ありがとうございます。

>何を感じ、何を吸収すればよいかということですが、それはあなた自身が考えるのがいちばんなのではないでしょうか。

このことについてですが、僕自身もしっかりと考えたつもりです。そしてそれを誰かと意見交換や共感、そしてまた新たなより良い考えができればと思いこの件に関する質問をしたのです。

この世から決してなくなることのない残酷な出来事に対して目を背けたり、聞き流すようなことをしてはいけないと思います。かわいそうだ、という一言で片付けることは簡単なことです。
僕は自分にも起こり得る事件であると思い、これからも必死で生きていくつもりです。

投稿日時 - 2008-06-14 14:42:21

ANo.3

> こういった日々の事件からいったい何を感じればいいのでしょうか。

自己が被害者になる可能性だけでなく、自己が加害者になる可能性もありましょう。今回の犯人と同じような犯罪を犯す可能性のほか、様々な犯罪を自分が犯してしまう可能性を「絶対にない」と断言できる人は、少ないのではないでしょうか。

防犯活動に参加するとまでは思わない人でも、自己が犯罪を犯す可能性の原因となりうる「自己の内なるもの」を、少しずつでもいいから出来るだけ取り除くよう努力し続けることは、できるのではないかと思っています。

ひとりひとりがそうすることで、結果として二度とこのような事件が起こらないことに繋がるのではないか、と思います。


> 何をメディアから受け取り、何を吸収すればいいのでしょうか。

メディアリテラシーという言葉が代表するように、メディアは自らの思想信条・営業的価値観等に基づき情報を発信しており、情報をそのまま受け取ると、情報の本質や核心を見誤ってしまうおそれがあります。メディアはそういう存在だということを知っておくだけでも、違ってくるように思います。

投稿日時 - 2008-06-09 14:56:34

ANo.2

現場からの中継の時に必ずこういう不謹慎者がでます。

自分の身内などが被害者でないから堂々と出来るんでしょう。

それはさておき、何を感じ何を吸収すれば良いかという事ですが、一部報道では事件の7時間前に場所や起こす事件の事柄等具体的述べていたという点です。時系列で断片的に携帯掲示板でしたが載せていたようです。
まさに、これから事件を冒すであろう者の予告をなぜに警察等に緊急的に通報して発信者を割り出し未然に防げなかったか?

公権力でさえネット監視が不十分な時もあったのでしょう。
ましてや昨日は日曜日でした。
犯人は「人を殺すために秋葉原まで来た。誰でもよかった」とあり
周りの何等関係なく楽しく買い物を楽しんでいる方を無差別殺傷してるわけです。

一般にネット利用してる人でさえ余りに異常極まりない内容なら通報してもよかろうと思いました。
通報していれば事前に機動隊も狙撃隊だってださねばいけないレベルだったでしょう。そういう風に未然に防げるものは防ぐそういう点が、
肝心だと思いますよ。
私もこれではないですが、硫化水素絡みでこのサイト上で危険極まりないものは、警視庁に通報しましたからね。
事件化する前に防止する抑止する事も大事です。

事件が起きてから幾ら犯人の生い立ちや生活環境諸々を暴いてもそれで
なんら犯罪抑止効果になるどころか、場合によっては連鎖反応を起こすので、至って無意味です。

なら犯人が言う「人を殺すのに誰でもよかった」と言う言動この手の無差別殺傷の犯人共通の理由の裏に何が存在しそれが何なのかそこに集約して取材報道し、それらを客観的判断すればよいと思います。

最後に、何等犯人は関係ない一般市民の方々のご冥福を祈ります。

投稿日時 - 2008-06-09 14:50:20

ANo.1

事件から何を感じればいいのでしょうか。
また、何を吸収すればいいのでしょうかとのことですね。

秋葉原通り魔事件はかなり凶悪な事件でしたね。
本当にお亡くなりになった方々の冥福をまず祈ります。

巻き込まれた人たちは本当にいたたまれない気持ちでしょう。

まず、このような凶悪事件が起こって、これからも起こりうる能性は十二分にあるわけです。
最近では、通り魔事件などが起こっていますから。
巻きこまれないように十二分に注意することですね。

夜1人で出歩くのも控えた方がいいでしょう。
また、家族や友達が巻き込まれないように注意を促すことも必要です。

今の時代何が起こるか本当に分からないです。
この前も銃の乱射事件が起きていましたから。
このようなことに巻き込まれないように気をつけることです。

これが、吸収すべきことだと思います。

また、何を感じればいいのか。

このようなことが起こったことには時代背景があると思います。
最近になってこのような事件が増えたということです。
ともあれば、このような世の中になってしまったということです。
そうするとこれからこの世の中を良いものに変えていかなければいけないのです。

世の中の1人1人が取り組んでいかなければならなないのですけれども。
そのような意識が必要なのではないでしょうか。
1人でできることはないかも知れませんけれど。
意識の問題だと思います。

このような事件が起こったときに二度と同じ事件を起こさないように。
認識することと、確認することだと思います。

秋葉原通り魔事件に関して私なりに意見を述べさせて頂きました。

少しでもあなたの参考になります様に。

投稿日時 - 2008-06-09 14:34:36

あなたにオススメの質問