こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

[民法]不法行為

「使用者が被用者の不法行為による損害を賠償した場合、使用者は信義則上相当な限度で被用者に求償できる」と、ありますが、信義則上相当な限度とはどうゆう意味でしょうか…
どなたか詳しく教えてください

投稿日時 - 2008-06-11 22:09:05

QNo.4093374

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

色んな要素を加味して、被用者の過失割合を算定してという事かと。

被用者に対して求償する割合を増加させる要素としては、
・そういうトラブルが起きないためのマニュアルを作成し、定期的に教育などを行なってきた。
・そういうトラブルが起きないように、人員を配置してチェックする体制を取ってきた。
・トラブルの予兆となるような行為に対し、口頭注意、書面注意、始末書提出など、段階的な処分を行なってきた。

逆に、被用者に対して求償する割合を減少する要素としては、
・被用者が心神の病気であった。
 過去にそういう診断を受けていたが、履歴書などに記載していない場合は逆の要素とか。
 普段から奇行が目立つようなら、会社が適切な診断、治療を受けさせる管理監督責任を怠ったとか。
・トラブルの予兆がある旨、被用者から上司などに具申した事実があった。

とか。

投稿日時 - 2008-06-11 22:27:35

お礼

ありがとうございます、かなり勉強になりました^^
でも法律は難しいですね(;_;)なので、また是非質問させてくださいm(__)m

投稿日時 - 2008-06-11 23:06:07

あなたにオススメの質問