こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

自己破産

知人に契約書などを交わさずお金を貸した(契約する間もなく、連絡が取れなくなった)のですが、知人には他にも(銀行のカードローンや消費者金融)借金がたくさん有り、自己破産の手続きをされてしまいました。ある日、弁護士から一通の文書が届き、手続きを行っているので、話し合いの窓口はこちらとの事でした。自己破産とは、契約書もなく、金額の確認もなく、知人の言った金額で成立するものなのですか?

投稿日時 - 2008-06-19 19:16:02

QNo.4113405

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.3

お気の毒様ですね。

> 自己破産などという自己中心的な自己管理のできない人間を守るなんて!危ない債権者から守るのならまだしも、親切で貸した普通の労働者に損害を与える法律をあやつる弁護士なんて信じられません。

→とのことですが、自己破産になった場合には業者だろうが知人だろうが分け隔てなく貸し倒れになります。知人だけに返済して、業者には返さない、ということができないのです。

参考:自己破産についての情報
http://www.yebh3.net/
http://www.earth-shiho.com/jikohasan/faq.html
http://www.jikohasan-bell.jp/jp_top

投稿日時 - 2009-11-07 11:42:30

ANo.2

別に契約書いらないです。
行き着けの飲み屋で。つけに
契約書書きません。

投稿日時 - 2009-07-25 15:20:01

ANo.1

>自己破産とは、契約書もなく、金額の確認もなく、知人の言った金額で成立するものなのですか?

質問者さんのお金を返してもらう権利は、自己破産により、チャラにされてしまいます。その際に、手続き上、契約書が有無は重要ではありません(無いより有ったほうが良いですけど・・・)

金額の確認はそのうち、弁護士さんから「債権届け」なる通知が来ると思います。若しくは「窓口はこちらに」と一緒に送付され来ませんでしたか? その債権届けが金額の確認書の役目です。債権届けを返送しないければ、破産者(友人)の言った金額で自己破産を進めていくことになります。

投稿日時 - 2008-06-19 19:37:36

お礼

解答ありがとうございました。弁護士さんからの手紙には「代理人として通知します。」との事だけでしたので、その後全く音沙汰がなく、「債権届け」なるものも届いていません。自己破産などという自己中心的な自己管理のできない人間を守るなんて!危ない債権者から守るのならまだしも、親切で貸した普通の労働者に損害を与える法律をあやつる弁護士なんて信じられません。貸した自分もあさはかだと言われればそれまでですが。愚痴ってしまってごめんなさい。

投稿日時 - 2008-06-23 19:00:29

あなたにオススメの質問