こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

“を”に付いて

よく“を”を“おもたいを”と表現しますが、何故、その様に言うのでしょうか?

投稿日時 - 2002-11-24 13:49:46

QNo.412149

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

現代仮名遣いでは、「を」は、文頭にくることはなくて、
必ず、他の単語の下につきますよね。
「お」だったら、文の上や単語の上につくことがたくさんありますが。
だから、「お」よりも「を」の方が、下に下がってることが多い。
=おもたい「を」
という解釈なのかもしれません。

ちなみに私は、子供の頃から「くっつきのを」と読んでいました。
これは、母に言われていたことだと思います。
なんか、子供っぽくて恥ずかしくなってきて、
大人になってからは、「ワ行の方のを」と、
分類的な、感情のない言い方をしています。

くっつきのを、とか、おもたいを、とか、
その方が、かわいいですね。
なんとなく。
では!

投稿日時 - 2002-11-24 17:35:18

お礼

なるほどですね。ほのぼのとした、ご回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-11-24 20:27:37

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(3)

ANo.2

蛇足ですが、無線電話の通話表では
(尾張のを)(大阪のお)で区別します。法律で制定されています。

投稿日時 - 2002-11-24 14:42:03

お礼

(尾張のを)(大阪のお)と表現する法律は、知りませんでした。貴重なご回答、ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-11-24 20:29:51

ANo.1

方言のようです。
小さい“を”
難しい“を”
ひっかけ“を
鍵の“を”
くっつき“を”(くっつきの“を”)
下の“を”
わをんの“を”
あっちの“を”
濁った“を”
何々“を”の“を”
文章をつなげる時の“を”
文末にくる“を”
重たい“を”
等などいろいろあるようですね。

参考URL:http://www.toyama-cmt.ac.jp/~kanagawa/toyama/wo.html

投稿日時 - 2002-11-24 14:23:46

お礼

沢山のバリエーションが有るのですね。参考になりました。

投稿日時 - 2002-11-24 20:31:20

あなたにオススメの質問