こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

家の宗教を創価学会から本来の浄土真宗に戻したい

宗教の問題で困っています。私の家は先祖代々「浄土真宗」だったのですが、祖母が創価学会に入会してしまい、その流れで私の両親は今でも創価学会なのです。しかし、創価学会に全く興味のない私は、本来の宗教であった浄土真宗に戻したいと考えています。宗教を変えることは問題があると思いますが……いかがでしょうか?

投稿日時 - 2008-06-22 23:06:17

QNo.4121657

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

僕は、理由によりけりです。 そもそも 仏教において なぜいっぱい 宗派が あるかというと釈迦が、法華経に 導くために作った 
方便(嘘の教え) なのです。 浄土真宗も 例外ではないのです。
 法華経とは、 世界で初めて、天国(浄土)と地獄が、この人間のいる世界にあることを、ときました。 仏や菩薩が 他の特別な死後の世界にいるのではなく、 この地球にいると、ときました。それは、法華経を正しく行うものだと説かれてます。滝や荒行をしても、 成仏には、関係ないことも説かれています。 釈迦が、真意としたのも 法華経です。さらに 釈迦の 法華経
でも 世の中を良くすることができない時代が 今です。 末法です。
そこに 法華経の真意が、 南妙法蓮華経 と 学び 広めた のが
日蓮です。 その 今の時代に、 ともに学び 話し合い、広め、
世界幸福を祈るのが、 創価学会です。ちなみに、 創価学会として 
犯罪などの裁判で 負けたことは、 一度もありません。 
これは、 創価学会の ウソではなく、アメリカの 各大学の研究データや 世界各国の大学の 発表しているものです。 参考になれば いいです。
  

投稿日時 - 2009-01-14 16:16:05

ANo.8

信仰は自由だと思います。罰が下ることもありません。
私も祖父母が創価学会へ入信してしまい、その流れを受け継いだまま誕生日の一ヶ月後に勝手に入信させられてしまいました。組織では「学会三世」と呼ばれているようです。これまでの人生は苦痛に満ちていました。
小学生の頃から、行きたくもない学会の会合に強制的に参加させられ、それを拒めば「罰が当たるぞ」と、半ば脅迫まがいの精神的な虐待を受けました。その影響は夏休に提出する自由研究などにも及び、学会のシンボルの「三色旗」を必ず付け加えることを求められたりもしました。
私個人の自由な発想が許されない環境だったのです。全ては学会が正義で、学会だけを信じればいい。そう強制されました。拒めば罰が当たると脅されます。何に誓ってもいいですが、嘘も偽りも無い事実です。

創価学会との関係を断った今では、重苦しい肩の荷が取れたように毎日が充実しています。脱会する時には「病気で苦しんで体が腐って死ぬ」などの脅迫を受けましたが、関係を断ち切ることができるのなら、苦しんで死ぬことになってもいいと思いました。
むしろ、学会の中に居ることのほうが苦痛でしか無かったのです。

ANo.5の方の回答を読んでいると、まるで、私の祖父母や両親を見ているようで哀れに思います。質問者さんが、創価学会の不幸から無事に脱出されることを願ってやみません。

投稿日時 - 2008-10-23 09:22:46

ANo.7

無宗教でも良いではないですか。宗教に入らなくても生きていけるし

金も払わなくて良いし、ちなみに私は葬式無し、戒名は自分で書いて仏壇に

おいて置くつもりです。法事は身内だけで般若心経を唱えてもらうだけにし

ます。葬式代.戒名代何て勿体ない近頃日本の葬式が異常すぎて、みなさん

が麻痺されていると思います。死んで花見が咲くものでも無し

生きている内だけが花です、こんな私ですが自分に遺伝子を下さった先祖に

は毎朝お茶とご飯を供えております。

ちなみにこれでも読んで勉強なさってください
http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/167.html

参考URL:http://www.asyura2.com/0502/cult1/msg/167.html

投稿日時 - 2008-10-19 15:01:52

ANo.6

はじめまして。
真宗大谷派の僧侶です。現在は多くの宗教が入り混じり特に若い方が新興宗教に入信されるケースが多いです。これは浄土真宗の寺院の傲慢も一つの要因になっているのかもしれません。
質問者様が宗祖親鸞聖人の教えに響かれ改宗したいというお気持ちになられた事は大変有難いなあと思います。
改宗につきましては質問者様が望まれる宗教を信仰されればよいです。
ただ浄土真宗においてはまずご自宅にお内仏(仏壇)を置き日々本尊である阿弥陀如来に報謝(感謝)のお念仏をお勤めする事が大切です。
自宅にお内仏を用意する事が難しいのであれば寺院に出向きお参りする事も可能です。
ただ出来れば核家族でバラバラの家族が今日の喜び、命の尊さを皆で確かめ合える場所が自宅にあるという事はとても大切な事であると思います。
浄土真宗におきましては功徳を振り向けて念仏する事はありません。自己の欲を満たす為のお念仏では決して自分が照らされる事は無いのです。悩みが尽きぬ、自己の為にしか生きられぬ私の今の姿が阿弥陀さんによって照らされている
それに気がついた時に頭が下がるそれがお念仏であります。
そこが浄土真宗(他力本願)と他宗(自力 功徳を振り向ける)との違いであります。
そこを踏まえ質問者様がお決めになられれば良いかと存じます。
何かありましたらいつでも質問下さいね。         合 掌

投稿日時 - 2008-09-13 09:13:58

ANo.5

創価学会員です。

あなたが、創価学会の信心を受け入れることに困難を覚えるのならば、あなただけ「浄土真宗」のままでいればいいと思います。せっかく他の家族の方が創価学会に入会できたのに、それをやめさせるのはどうかと思います。

「日蓮仏法をこころみるに道理と証文とにはすぎず、又道理証文よりも現証にはすぎず」。創価学会が信奉する、日蓮大聖人のお言葉です。現証とは信心実践の結果ということです。家族の方が創価学会、あなたは浄土真宗。その信心を実践してみて、どちらに功徳(生活のうえに現れるよい結果)が現れるか。それによって、どちらが正しい信心か、わかることでしょう。

NO.3は、学会員の成りすましでしょう。

投稿日時 - 2008-06-28 15:45:46

ANo.4

 宗教を変えることはまったく問題ありません。信仰は個人でする物で、誰かに強制される物であってはいけません。問題なのは、ご両親との今後の(宗教上)かかわり方では無いでしょうか?

投稿日時 - 2008-06-23 10:38:37

お礼

ありがとうございます。
私の両親も個人の信心に対しては、特に強制していないのですが、家の宗教を替えると、その宗派の仏壇に替えたり、古い仏壇を処理したり、昨日と今日とで違う経を唱えたり、そういった行動自体がとても悪いことをしているんじゃないかと考えてしまうのです。

投稿日時 - 2008-06-24 02:39:04

ANo.3

学会員です。

「まったく問題ないです。」
【個人が信じるものは、自由です。】
「同じ家の中に、他宗を信じる者がいるから、よくないことがおきる」などということは、まったくありません。
「そういうふうに、洗脳されるから、そうなってしまうだけです。」

「あなたが浄土真宗だから、身内に悪いことがおきる」などという「創価学会」などの「排他的思想」は、「大きな間違いです。」

「自分の宗教だけが正しい」と洗脳され、「他人に押し付ける」ことも「大きな問題点」です。

お母さまや、祖母さまが「学会に洗脳されていたら」、お二人を戻すことはムリです。

お互いの「思想・宗教の自由を認め合えるように」もっていくしかありません。

投稿日時 - 2008-06-23 10:16:23

お礼

>「同じ家の中に、他宗を信じる者がいるから、よくないことがおきる」などということは、まったくありません。
「そういうふうに、洗脳されるから、そうなってしまうだけです。」

そう言っていただけると救われます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-24 02:42:49

ANo.2

>宗教を変えることは問題があると思いますが……いかがでしょうか?


創価学会と縁がなければ、全く問題はありません。
ただ、ご両親とは一度話し合ってはいかがでしょうか。

投稿日時 - 2008-06-22 23:29:54

お礼

創価学会とは特に縁はありません。
両親とは前向きに話し合ってみます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-24 02:44:39

ANo.1

あなただけが浄土真宗に入ればいいのでは?
どの宗教を信心するかは個人の決めるものです。
たとえ親であっても強制をすることは出来ません。
「家」が宗教をするのではなく、あくまで個人が決めること。

投稿日時 - 2008-06-22 23:15:31

お礼

airfouceさんのおっしゃる通り、個人の信心は自由ですよね。
その点は、私の両親も分かってくれると思います。
私も両親が創価学会を信心することに対しては、止めるつもりもありません。
とても参考になりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-24 02:51:55

あなたにオススメの質問