こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

南スペイン、パリ、ロンドン一人旅。スケジュールについてのアドバイスをお願いします。

南スペイン(アンダルシア地方)9日間、パリ6日間、ロンドン5日間を今年の10月初旬から女一人(40歳!)で旅行する予定です。地球の歩き方やロンリープラネット、あとネットを見て興味あるところをピックアップしていちおうの計画を立ててみましたが本当に可能なのか、また計画に無理が無いかどうか、この地方に旅行された方もしくは在住なさってる方のご意見ご感想を伺いたく質問させて頂くことにしました。まだ旅程の変更も十分可能ですので是非ご教授お願い致します。

語学は英語はアメリカに17年住んでいるので問題は無いと思いますが、スペイン語は挨拶程度、フランス語は全くわかりません:)

*焦ってバスや列車に飛び乗るのを避けるため移動日には余裕を持たせるようにしたつもりです。

質問としては、1)移動が可能な時間の取り方であるか、2)その土地の治安(一番気になります)、3)お勧めのコースや隠れた見所、4)お勧めのB級グルメ、(A級はあまり興味ありません、何せ貧乏旅行なもので)、5)お勧めのホステル(特にパリ、本当に良いところが見つからず困っています。)、6)コスタデルソルの海がきれいに見える町、又は10月でも人気のある安全なビーチ、その他なんでも。

どうかご教授よろしくお願い致します。


10月10日 朝10時にニューヨークからロンドン(ヒースロー)入り。午後3時の飛行機(ヒースロー出発)でスペインのマラガまで移動。マラガのホステル泊。

10月11日 ロンダ散策、マラガからはバスで移動。日帰り。マラガのホステル泊。

10月12日 ネルハ、カサレス、又はコスタデルソル近辺のビーチなど散策(行き先に困ってます、出来れば海のきれいな町が良いです)。マラガのホステル泊。

10月13日 マラガからバスでアルへシラスまで移動。次の日のモロッコツアー申し込み。もしも可能ならバスでジブラルタルを訪れる。アルへシラス泊(どこに泊まればいいかまだわかりません)。

10月14日 モロッコのテテュアンへの日帰り旅行(ツアー)。アルへシラス泊。

10月15日 朝アルへシラスからバスでグラナダに移動。グラナダのホステル泊。

10月16日 アルハンブラ観光(チケットは先にネットで買うのが楽ですか?)。グラナダのホステル泊。

10月17日 グラナダ散策(アルバイシンのツアー?)。出来ればフラメンコを見に行く(ホステルの人達のグループでいけたら一番安全か??)。グラナダのホステル泊。

10月18日 朝グラナダからバスでマドリッドまで移動(途中の風景も見たいので)。その夜のエリプソスに乗ってパリまで移動。

10月19日 朝、パリ到着。パリのホステル(MIJEかSt. Christopher)泊。(St.Christopherのあたりの治安は悪いですか?159, rue de Crimée, Paris)

10月20日 パリ散策。パリの滞在は短いので観光はのんびりとメトロやバスの届く範囲で食べ歩きや散歩がしたいです。出来ればバスティーユのナイトライフもちょっとだけ。パリのホステル泊。

10月21日 パリ散策。パリのホステル泊。

10月22日 パリ散策。パリのホステル泊。

10月23日 パリ散策。パリのホステル泊。

10月24日 パリからユーロスターでロンドンに移動。ロンドンのホステル泊。

10月25日 ロンドン散策。ロンドンもチューブかバスの届く範囲で行動したいです。お勧めであればコッツウォルドも。ロンドンのホステル泊。

10月26日 ロンドン散策。ロンドンのホステル泊。

10月27日 ロンドン散策。ロンドンのホステル泊。

10月28日 朝10時ごろの便でロンドンからニューヨークへ帰国。

だらだらと非常に長い質問になってまことに申し訳ございませんがよろしくお願い致します。

投稿日時 - 2008-06-23 11:36:21

QNo.4122593

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。gallinaです。

パラドールのレストラン(昼)はカジュアルな服でも大丈夫です。
まあ、あんまりボロボロでないほうがいいと思いますが(笑)

これはいけるという食事は、グラナダではよく覚えていません。
パラドール以外はあんまりあれこれチャレンジしなかったので・・・。
コルドバの大衆的なレストランで食べたRabo de Toro(ラボ・デ・トロ、牛の尾の煮込み)は、美味しいは美味しいんですが、ボリュームがあり過ぎて胃が疲れました。アンダルシア料理だと思います。ガイドブックに載ってます。
マドリードは「ラ・ボラ」でコシード・マドリレーニョを食べました。
野菜やソーセージの壷煮込みです。これまた量が多くて食べきれないんですが、味は美味しかった。にんにくが効いていた。
あと、「チョコラテリーア・サン・ヒネス」でチュロスとホットチョコレート。私は太いポーラスと言うドーナツにしてみましたが。。。
ダンキンドーナツのホットチョコレートも美味しかったです。
(ダンキンドーナツ以外は全て歩き方ガイドブックに載ってます)

バルでオリーブをよく頼みましたが目いっぱい盛られてきてしまう。
もしかしたらTapita(タパの小盛り、タピータ)を頼めたのか???
試みてみなかったので分かりませんが。
生ビール(カーニャ)もグラスが小ぶり、ランチに付くワインもグラスワインで、好きだがあまり飲めない私にはありがたかったです。

グラナダのフラメンコツアーは1ドリンク付きでした。
自分の席からはダンサーの足元があまり見えなかった(客が多くて)のがちょっと不満でしたが、迫力ありました。。。。
本当はセビージャのタブラオなんかもいいみたいなんですが。

アンダルシア地方で行った場所は、コルドバとグラナダでした。
マドリード→グラナダの順でしたが、バスで5時間(うち休憩30分)ですが、風景がなかなか良かったです。途中、山もあり。
丘に立っている牛の意味不明の看板を見てきてください。

晩秋(11月)でしたので夏の観光シーズンと比べれば、どこも泥棒は減る時期のようでした。
2005年当時、特に危ないことはありませんでしたが、グラナダのオスタルではパスポートを預けろというような感じで、預かってもらいました。
やっぱり、あまり持ち歩かないほうが無難なんでしょうね。
マドリードやバルセロナでは宿に預けてコピーを持つのが日本人旅行者の基本です。

地方は二大都市ほど観光客の盗難被害はないと思うのですが、ただ、コルドバやグラナダで首絞め強盗が出ることもあるそうですので、油断は禁物だと思います。
No.1に載せた参考URLの治安情報を見て対策を取ればだいたい大丈夫のはずです。
「アロバスペイン」の在スペイン日本国大使館 「渡航情報」も参考になります。

その犯罪事例は直接、在スペイン・日本大使館領事部のページでも見られます。
http://www.es.emb-japan.go.jp/japones/index.htm
2007年の実績(?)は、スリ及び置き引きによる被害が全体の70%、続いて首絞め、ひったくり等の強盗が10%、ニセ警官が6%だそうです。

海外安全HPもどうぞ。
http://www.anzen.mofa.go.jp/info/info4_S.asp?id=161

私が書いているのは最新情報でないので、最近行った人の話はわかりませんが、2005年当時のスペイン都市部は、2000年当時よりだいぶ安全になっていました。
だからこそマドリーに行ったんですが・・・
シエスタの時間帯は強盗注意だそうですが、現地人と同じく昼ごはんを食べていれば、人の少ない場所を出歩くことにはならないと思います。
マドリーの昼の地下鉄は昼休みの移動(帰宅?)で混んでました。スリには遭いませんでした。

参考URL:http://www.ledby.net/2006/05/post_28.html

投稿日時 - 2008-06-24 17:16:23

お礼

gallinaさん

再度のお返事ありがとうございます。正直なところ上記のスペインにおける2007-08年の”実績”を見て、こんな時に一人でスペイン旅行というのもどうなのかちょっと検討中です。いちおう母子家庭でもあることだし。アメリカに長く住んでいて同じ町でも発砲、銀行強盗、レイプの類はよく起こるといえばそうなのですが、大体危ない地区、危ない人、危ない店等大体の予想がつきますし(もちろん犯罪はどこでも起こりえるのですが。。。)、なんたってここは車社会、大きな荷物を持って徒歩で移動なんて”ありえない”ので、なんだかんだ言っても甘やかされた状況にあるのだなとしみじみ思わされました。飛行機のチケットをとったり等の関係で近日中には答えを出さなくてはならないのですが。せっかくこの一ヶ月くらいスペインの本など読みまくったものであっさりと諦められそうにもありません。いちおう今のところはマドリッドとバルセロナは行かない旅程で組んではいるのですが、マドリッドはセルカニウスの駅での乗換えがあるのでかなり恐怖です。
かなりネガティブな答えになってしまいました。すみません。また懲りずによろしくお願い致します。

投稿日時 - 2008-06-28 10:48:29

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

>大体危ない地区、危ない人、危ない店等大体の予想がつきますし

それはヨーロッパでも同じですよ。
http://barcelona.s28.xrea.com/traveltips/chian/chian06.htm

もちろん、住んでいて様子がわかっている場所と、初めて行く場所では、危険地帯の予想がつきにくいというのはありますが。
細い脇道に入らないとか、ぶらぶら立っている人はさりげなく避けて迂回する(引ったくりの可能性あり)とかいうのが有効です。
荷物が多いときはタクシーを利用すれば良いです。

マドリードも、実際に行ってみると怖い感じの街ではないので、警戒していくと拍子抜けするかもしれません。
それで油断するといけないのでしょうが・・・

甘やかされているのは日本しか住んだことのない人でしょう(^^;
私も日本しか住んだことがありませんが、東京では、かなり無防備な歩き方・荷物の持ち方をしている人たちがいます。

外務省の安全情報は、「大きな荷物を持って徒歩で移動なんてありえない」とか「夜に出歩くなんて論外」いう生活がピンと来ない人たちに向かって、懇切丁寧に口を酸っぱくして言っているものです。
欧州ありがちトラブルを予習して注意していれば、防げることも多いのです。
絶対安心とは申しませんが。

私は2000年にスペイン旅行しましたが、マドリードは怖いのでバルセロナにしました(慣れている人は女性一人でもマドリに行ってましたが)
一度だけひったくり未遂に会いましたが、脇道に荷物を持って入ったからです。それ以外は平気でしたよ。
「2000年のバルセロナより安全なら安全だろう」という自分なりの基準があるので、まあ大丈夫だろうと思えるのですが、、、
(注:安全と言っても日本の安全とは違います)

パリやローマのほうが、マドリードよりも怖がられないのですが、スリなどはむしろ、パリ・ローマのほうが世知辛そうなイメージがあります。行ったことがないのでイメージだけ。

参考URL:http://france-tourisme.net/p-trouble0.htm

投稿日時 - 2008-06-28 13:22:46

お礼

ご返答をいただいていたにもかかわらず、お返事が遅れていてまことに申し訳ありません。もう一つの質問とごっちゃになってしまってました。本当にすみません。

あれからよく考えてみましたが、やはりスペインへ行こうと思います。今回の旅行はヨーロッパに行く初めての旅行になるのですが、その事実を除いたとしても何かスペインに強く引かれているのを感じます。アメリカに住んでいると、日本に帰ったときに風習や伝統などの存在を生活の端々に感じるわけですが、歴史の長いスペイン(もちろん近辺の国もそうですが)に行くと、その文化の独特な雰囲気とか、そこに住んでいる人たちの誇りのようなものを感じることが出来るのではないかと勝手に期待しています。アメリカは新しい国なのでそういうものに出会うことがあまり無いように感じます。アンダルシア地方の自然もきっと今までに使ったことの無い神経を刺激してくれるのではないかと、、、、期待しすぎですね!

gallinaさんから教えて頂いたサイトを参考にグラナダの滞在がさらに安全になるよう工夫を加えて見ました。シエスタの時間の人通りの少ないとおりを避ける等。

ご丁寧な回答を何度もありがとうございました。また何かの機会には是非よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2008-07-04 10:48:40

Hola!
No.1です。

>アルバイシンから見る夜のアルハンブラは大層素敵だと聞いていたので、フラメンコも見られることだし、是非この日本人の方が開かれているところのツアーに参加したいと思います。地球の歩き方に載ってる”日本語情報センター”の事ですよね?(Reyes Catolicos 14 グラナダ市役所から徒歩30秒の所)

はい、歩き方に載っている「日本語情報センター」です。
ただ、その方が直接開いているツアーではなくて、各種ツアー申し込み代行をしてくれるのです。
(オスタルにも現地ツアーのパンフレットがあるかもしれません)
私が行ったときは夜、ザーザーと雨が降ってアルハンブラのライトアップされた姿がイマイチでした(苦笑)。
それでも綺麗でしたけれど・・・・・冬のアンダルシアは雨が多いんだそうです。
と言ってもその日以外は晴れていました。
アルバイシンはグラナダの中では治安が良くない場所のようです。ツアーで行けば問題ありませんが。

A級グルメになってしまうのですが、グラナダのパラドール(国営ホテル)は人気の宿だそうですね。
泊まらなくてもレストランでランチが食べられます。
40ユーロ~50ユーロ近くしたと思いますが(^^;
上品な味付けで量も多くなく、平均的な日本人女性にも良いです。
スペインのランチタイムは13時半か14時頃からなのでご注意を。
B級としては、市内にファストフード的なサンドイッチチェーン店みたいなのがありました。

ちなみにロンドンには10年ぐらい前に2回行きましたが、地下鉄であちこち行けますよ。
キューガーデンズにもチューブで行きました。
アールズコートあたりが宿エリアの1つとして有名だと思います。
空港からピカデリー線か何かで一本で行き来できますので、個人旅行でも便利。
ピカデリー線ではなかったと思いますが、ちょっと中心から外れるシェパーズブッシュ駅辺りでも特に不便はなかったです(←このときはツアーだったので空港との間は車で送迎でした)。
距離のご参考までに。

参考URL:http://www.visitlondon.com/jp/

投稿日時 - 2008-06-24 09:08:14

お礼

度々丁寧なご回答ありがとうございます。

そうですか、日本人の方が直接ツアーを企画されてるわけではないのですね。でも、夜のアルバイシンとフラメンコは興味そそられるのでここの日本語情報センターに行って申し込もうと思います。ちょっと変わった人、しかもスペインに長く滞在されてる方ということでその事もかなり興味を引くので。

グラナダのパラドールのランチ良さそうですね。もしも運よく誰か一緒に行ってくれる人が見つかれば是非行ってみたいです。私は豚肉以外は何でも大丈夫なのですが、何か”これはいける!”というお勧めの一品はありましたでしょうか? 明らかにカジュアルなバックパッカーでも入れるのかどうか多少気になるところではありますが。(おいしい物には目が無いのが貧乏旅行に失敗し続けてる所以です)

ロンドンもパリも今からかなり興奮状態で、毎晩床についた後ついつい地図に手を伸ばしては睡眠不足です。ロンドンはオックスフォードストリートから程近い場所に最近出来たユースがあってhostelworld.comに行ってみたところかなり評判が良かったのでいちおうそこに予約を入れておきました。ロンドンの日にちが短いので出来るだけ地の利の良い場所をと思ったのですが、でも良く考えるとロンドンは巨大そうなのでどっちにしても歩いてどこかへ行くという感じではなさそうですね。個人的には、あまり賑やかしい中心部の旅行者いっぱいの地区よりもちょっと”普通のロンドン”っぽいところがいいのですが、治安が分からないのと土地勘が皆無なので無難なところを選んでしまいました。アールズコートって確か国際色の豊かな面白いところだとは聞いていますが、周囲の環境はどうだったでしょうか。

あと、もう一度よろしければアンダルシア地方の治安は全般的にどうだったでしょうか。いろいろ質問ばかりで非常に恐縮です。

投稿日時 - 2008-06-24 12:27:18

こんにちは。
グラナダについてです。

アルハンブラ宮殿は、チケットを買っておいたほうが時間がはっきりしていて効率が良いです。
10月はどうか知らないのですが、混雑シーズンだと当日券の入手が困難だと聞いております。
自分は11月下旬に行って、ネット予約しました。
(今のオンライン・システム以前のバンコ・ビルバオ・ビスカヤ銀行のとき。後でチケット販売会社が変わったらしい)
実際には当日も入場可能だったようです。窓口も混んでいませんでした。

ご存じでしたら蛇足ですが、アルハンブラの仕組みがガイドブックを読んでもちょっと分かりにくいので念の為。

アルハンブラという宮殿が1つドーンとあるわけでなくて、敷地の中にいろいろな建物があって(ホテルも数件ある)全体で「アルハンブラ」です。
そのうち、要チケットの建物が、ナスル朝宮殿(王宮)、ヘネラリフェ(離宮)、アルカサバの3つ。
チケット売り場の横でなくて別の門もあって、チケット無しでも敷地には入れますし、カルロス5世宮殿もチケット無しで入場できます。
ただし、一番の見所:ナスル王宮が見られません。

王宮のみ入場時間が決まっています。
午前中(14時までだったか?)の見学時間なら、王宮だけ指定時間に見て、ヘネラリフェ、アルカサバは午前中の枠内でいつ見てもOK。
自分が行ったときはヘネラリフェはチケットのチェックすらありませんでした。
アルカサバは入り口でチケットチェックがありました。

もし王宮見学時間が午後の時間枠である場合は、午後の時間枠内でヘネラリフェ、アルカサバを見ればOK。
王宮以外は、見学の順番は自由です。
---------------------

『地球の歩き方』に載っていると思いますが、グラナダで日本人の方が観光案内所を開いています。
(化粧品屋みたいな小さな店が入っているビルの上の階)
アルバイシンからアルハンブラの夜景を見る+フラメンコツアーを予約できます。
ちょっと風変わりな人でしたが、親切でしたよ。
集合場所に行ってツアー会社の相乗り車で連れて行ってもらえます。
1人で参加しましたが、他に1人旅の日本人女性や、日本人女性のグループ、中国系のご一家など一緒でした。
タブラオは各国からのお客が集まっていて混みすぎなぐらい。

帰りの車は、大通りのホテル以外は宿の前まで行ってくれないので、一人旅でしたら大通りかそこに近い宿に泊まるほうが安心です。
私はちょっと内側に入るオスタルだったので、夜遅くに一人で歩くのはちと怖かったです。
2005年当時、治安は悪くありませんでしたが、知らない街を夜歩くのは気持ちよくないですものね。

参考にしたサイトです。
http://www.spainnews.com/
http://www.jp-spain.com/
http://www.arrobaspain.com/viajar/viaje.shtml

スペインの治安・関連情報
http://barcelona.s28.xrea.com/traveltips/chian/

外国人観光客が行く範囲であれば多少の英語が通じます。
中には上手な人もいますが、片言程度が多いのか。
ただ、全然通じない場所も多いみたいです。明らかに東洋人なのに、平気でスペイン語で話しかけられたりします(^^;
私はスペイン語(旅行で少し使うぐらいは出来ます)と英語(スペイン語よりマシだか下手です)のチャンポンで通しました。

投稿日時 - 2008-06-23 14:07:44

お礼

早速のご回答ありがとうございます。グラナダとアルハンブラについての貴重な体験談が聞かれて非常に重宝しております。

アルハンブラはネットでチケットを買ってからにしようと思います。当日窓口に並ぶのがわかっていながらチケットを先に買わないというのは無しですよね。助かりました:)

アルバイシンから見る夜のアルハンブラは大層素敵だと聞いていたので、フラメンコも見られることだし、是非この日本人の方が開かれているところのツアーに参加したいと思います。地球の歩き方に載ってる”日本語情報センター”の事ですよね?(Reyes Catolicos 14 グラナダ市役所から徒歩30秒の所)

夜間の移動のことも考えて大通りにあるホスタルを検討して見たいと思います。貴重な情報まことにありがとうございました!

投稿日時 - 2008-06-23 22:32:31

あなたにオススメの質問