こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

人生をやり直したいって思うことありませんか?

大学4年の時に、一言で言えば「家庭崩壊」状態になりました。
(もともと不和なところがあったのですが)

父は浮気を繰り返し、
もともと精神的に不安定な母は決定的に病んでしまい、
数年前になくしたモノを「あれはお前が壊して捨てたんだ!」等と
何の根拠もなく濡れ衣を着せては「死ね」と言われ続けました。
泣きながら否定している私を楽しんでいるかのようでした。

その後両親からは「産むんじゃなかった」などの暴言・暴力を受け
ナイフを持って追いかけられた事などが重なりました。
我慢の限界がきて、4年生の夏に家をでて、
恋人の部屋に住みながら大学は卒業しました。

しかし私も気持ちが病んでしまったようで
今思えばうつ状態だったのかなと思いますが、
自殺未遂を繰り返す日々でした。
そのため、5年間は就職できてもすぐ辞めてしまったり
アルバイトの日々でした。
働くこと以前に、生きることで精一杯でした。

現在36歳。いろんなことがありましたが、
気持ちもすっかり落ち着き…。
お金持ちには程遠いですが、
私にはもったいないほどの旦那に恵まれ生活しています。

現在、正社員を寿退社した後に派遣で働いています。
最近、落ち着いて見えてきたことは、
私は本当は仕事をしっかりやりたかったと言うことです。
仕事をしっかりやって、見合ったお給料が欲しかった。
お給料をいただけるのが、私の存在意義だと思っているのかも。


新卒と同時に企業に就職し、若いときから職歴をつみたかった。
しかしそれが出来なかった。
ということが、とても悔やまれて仕方ないのです。

気力があれば、何事も遅すぎることはないとは言うものの、
この年で働くにはかなりの妥協を強いなければ
正社員は見つけられないのが現実です。

友達がしっかりとキャリアを積んで、大変そうに仕事をしている話を聞くと
すごく辛くなってしまいます。
「住む世界が違うんだ…」と遠ざけてしまうそんな自分も醜いです。

また数年前から両親と連絡を取りはじめたのですが
会う度に複雑な気分になってしまいます。
言葉にしてしまえば「あなたたちに人生を潰された」というような。
お金を出して育ててくれた両親なのだから感謝すべきところなのに。

お恥ずかしい話ですが、旦那が9歳年下なのですが
旦那が会社でいい評価を貰って、昇進している話を聞いても
心から嬉しい反面、やはりやるせない気持ちになります。
「若いから未来あって良いよね」みたいな。

過ぎた事を悔やんでも仕方ないとはいえ、どうにも辛いです。
人生をやり直したいと強く思ってしまい、
咄嗟に「死んだらやり直せるかな…」などと思ってしまいます。
(そんなことできる訳もないのに)

話しが長くなってしまいましたが、
同じように、人生やり直したいと思う方、いらっしゃいませんか?
お話を聞かせてください。

投稿日時 - 2008-06-24 08:57:19

QNo.4124933

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

今まで辛かったですね。それでもよくがんばってこられたのですね。
本当にすごいと思います。
仕事でキャリアを積むと目に見えて評価されるのでわかりやすいだけ。
相談者さんは人生において辛い経験を乗り越えてきたではありませんか。だれにでもできることじゃないと思います。

周りの幸せそうに見える人たちも何かしら悩みをかかえているものですよ。私も小さいとき裕福とはいえない家庭環境で育ち、それなりの苦労もしました。(惨めな思いというか)学生のときは我慢の連続であまり楽しいものではありませんでした。

だから楽しそうな学生さんを見ると正直うらやましいです。
自分にはこんなキャピキャピした時期がなかったな・・・と。

でも今は結婚もして幸せです。主人は学生時代かなり遊んだタイプの人だったので、うらやましいなと感じることもあります。
私は高校卒業後に働いた職場に定年退職までいるつもりでしたが、結婚して県外に嫁がないといけなかったため、仕方なく退職しました。
その後再就職のため面接に行くと「結婚している人はいらない」と断られることが続き、へこみました。

やっとパートとして働いたものの、4年後に出産のため退職。
今は子供を保育園に預けて就職活動中です。
思うに女性は家庭のために仕事を犠牲にすることが多いと思います。
私も雇用の落ち着いた正社員を探していますが、なかなかありませんよね。その苦労わかります。

相談者さんは社会人としての経験がかなりあると思うのですが。
アルバイトだって自分が生活していくほど稼げていたなら立派な職歴=キャリアですよ。結婚前は正社員で働いていらしたんですよね?
ひとつの会社でずっと働くことも大変ですごいと思いますが、いろいろなところで働いていたからわかることもあると思います。

自分にはもったいないほどの旦那様をゲットできたのもあなただからですよ。過去を振り返って辛くなるのもわかりますが、人生をつぶされたとまで思う御両親と連絡を取り、会うことができるなんてとても優しい方なんだなぁと思いました。
旦那様の職場での活躍もあなたの支えがあるからですよ。

私は若いときの楽しい思い出も特になく、仕事も順調とはいえません。
どこかで結婚で犠牲になったと思う自分もいて、夫婦喧嘩したときなんかは人生やり直したいと思うこともあります。
でも過去は過去。現在未来を進んでいくしかないのです。
これから幸せになるようにいくらでもがんばればいいですよ。まだ若いですし。

テレビで社長さんなどの人生を振り返る番組がありますよね。
だいたい若いとき苦労しています。私も社長にまでなろうとは思いませんが、くよくよしないで過去の経験を生かしてプラス思考で生きていこうと思っています。

人生プラスマイナスゼロだと思います。相談者さんはいままで辛かった分これからはいいことがたくさん起こると思いますよ。
誰でも辛い過去はある。それをかかえながら生きていくんです。
辛い経験をした人は人間としてとても立派に成長していると思います。
私の周りでもそうですよ。

投稿日時 - 2008-06-24 10:35:30

お礼

ありがとうございます。
社会人としての経験は、確かにあるといえばあるのかもしれません。
ただ誉められた経歴ではないです。
正社員で働いたのも、この先結婚は望めず、自分の力で生きていかねばと必死になって探したもので、決してキャリアを積もうとかそんな高尚なレベルではありませんでした。
定年まで貯蓄をどの程度できるのか、そこから何年私は生き延びれるだろうかと日々考えるような、ドロ臭い日々でした。

結婚後の就職、厳しいです。
そこは産休は取れない会社だったので、辞めた事に後悔はないのですが、
転職に際して、年齢の厳しさに打ちのめされてしまっています。

私のことを良く評価してくださってありがたいです。
辛い分、これから幸せが来るのでしょうか。
本当にそうなら良いなと思います。

投稿日時 - 2008-06-24 12:46:05

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(16)

ANo.16

貴方はすごい人だ!
過去を乗り越え今がある。
自分は50目前で転職先を探しているが
歳と言う事もありけっこうめげている所でした。
何の問題もなく大人になり今人生最大の危機で
やはり人生やり直したいと思ったのは事実です。
でも貴方は36歳でそう思う。だから決して
遅い事は無いと思います。北海道に45歳から研究を
初めて現在70何歳か覚えていませんが博物館の
館長をしている女性が居ます。それも素人から始めたようです。
考古学的にも北海道の第一人者と言われているようです。
きっと貴方ならそう言う力があると信じています。
がんばってください!

投稿日時 - 2008-06-26 20:14:43

ANo.15

・お金を出して育ててくれた両親なのだから感謝すべき
・旦那が会社でいい評価を貰って、昇進している話を聞いて
 心から嬉しい
・過ぎた事を悔やんでも仕方ない
・人生やり直したい
・・・これらの言葉は、すべてあなたが実際に書いている言葉であり
その言葉から否定的な言葉を、少しだけ抜いただけの言葉の数々です。

辛かったことと思います。
でも、それを耐えられるだけの年齢になっていた(大学4年生)とも
思えます。お母さんも辛くてあなたにぶつけることしか出来なかったのかも知れません。そのことも、あなた自身解っていたのではないですか?
ひとつの大きな試練を、その時に経験し、それを乗り越えたことで
今のあなたがいるからこそ、理解してくれている友人、だんな様が今おられるのではないですか?
喜びましょう!まずは今の自分をよく頑張ったと、認めてあげましょう!
ちゃんと肯定的な考えが出来る自分がいることを、認めてあげましょう。

その上で、今後自分がどうしたいのか?しっかり考えて、
まずは、前だけ見て気持ちを切り替えられたら、
やり直す人生じゃなくて、これからの人生を切り開いていけると
思います。
もうすぐ50歳になる私でも、これからの人生をどう楽しもうか?と
わくわくする気持ちを、持てます。
大学を出ることが出来たことは、それだけで今の学歴社会においては
有利な面が多いんですよ。
頑張っていれば、
これから先にいっぱいいいことがあるとまずは信じてみませんか?

投稿日時 - 2008-06-26 19:10:37

ANo.14

私は過去に職場のモラハラ・異常な勤務時間等により体調を壊し
短い期間ながらも築きつつあったキャリアを捨ててまで
その業界を去ることになってしまいました。
同業種で再就職したかったのですが、怖くて出来ませんでした。
その後職を変えつつ結婚し、今に至ります。
今は主婦や学生が多くいるような職場でアルバイトをしています。

あのことがなければ…と思うことはありますが
やり直したところできっとそんなに大きく人生変わらないと思ってます。
人生を変えるのは、自分の取った行動ではなく、自分の意識の問題です。
自分自身が変わらないと、どの道を選んでいても大して変わらないのです。

自分の意識が変わると、今までと同じ日々でも世界が180度変わって見えます。
ご両親から受けた仕打ちは辛いものだったでしょうが
「あなたたちに人生つぶされた」と思ってるうちは一緒ではないでしょうか。
その気持ちを変えることが出来たときに初めてやり直しがきくのだと思います。

私自身も職業観を変えることが出来ないうちは精神的に辛かったですが
ある種の割りきりにも似た考え方の変化が起こったとき
人生が何か変わったような気がしました。
(だってこんなアルバイト、学生時代でもやったことなかったですから…)

キャリアなどのことに関しては、とにかく今までの流れを変えてから
改めて数年後に考え直そう、それまでは仕事について考える期間にしようと思ってます。
だってパートから社員になる人もいますし
40代を過ぎてから起業したり、自分の道を見つける人もいますから。

後ろばかり見てるときよりも、将来のことを現実的に考えられる今
とても充実してると感じます。
死なずに生まれ変わればいいと思います。
人生80年と言いますし、今まで生きてきた倍くらいは時間がありますから。

投稿日時 - 2008-06-24 21:15:43

お礼

お返事ありがとうございます。

nyancyumanさんは気持ちを切り替えてお仕事をされているのですね。

起業できたり、パートから社員になれるような、
昇格に値する実績を残せる人材かどうか甚だ怪しいですが
自分なりの仕事のスタンスが見つけられたらと思います。
(ただ、スタンスと経済的な事情は別問題になってしまうのが悲しいですが…)
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-26 08:21:27

ANo.13

すばらしいですね。
耐え難い環境で育っても、腐ることなく、今のあなたがここにいる!!
あなたが歩んできた人生で、耐え抜いたからこそ、すばらしい旦那さんにめぐり合えたんですね。
そして、さらに自分の向上を目指しているなんて、そんなすばらしい方が、
「死んだらやり直せる」なんて、もう、二度と考えないでください。
あなたの人生は、あなた以外、誰のものでもない。

私は、あなたほどの境遇ではないですが、父親の過度の期待から、
自分のやりたいこと、自分の意見を封印し、正しい時期に反抗期を迎えることが出来ず、
どこかで、父を憎く思っています。
でも、このままの気持ちではいけない、どっちに進んでも自分が選んだ道、
自分の人生は、他でもない、自分しか歩けないと思い、
この4月から、通信教育で芸術大学に入学し、日本画を学びはじめました。
何をするかは、まだ決めていません。
でも、自分の心が欲する方へ進んでみよう決めました。

誰も歩めなかった道を、私は歩んできたんだ。
みんなと違ってもいい。みんなと違うことが私の誇り。

そんな風に感じられる日が来るといいです。

投稿日時 - 2008-06-24 18:32:18

お礼

お返事遅れました。お返事ありがとうございます。

私はなぜか小学生の頃から、理不尽なことで怒られ泣いていた時も
「こんな親なんかのためにグレて、後々の人生を潰されたくない!」
と変な反抗心だけは持っていてどうにか落ちずにはすみました。
ただ、最後の就職活動だけは出来ませんでした…。

耐え抜いてきたから(なんて自分でいうと変ですね)
今の旦那に会えた…そうなんですね。
ありがたいことに、数少ないですが
辛い時に話を聞いてくれる友人にも恵まれ、私に頑張る気力を与えてくれます。
今の旦那もその1人でした。

>どこかで、父を憎く思っています。
とてもよく分かります。

素敵な道を歩まれているのですね。
「みんなと違ってもいい。みんなと違うことが私の誇り。」
私もそんな風にいつか思える日が来て、
自分なりの仕事に対してのスタンスが
しっかりと持てたらいいなと思います。

投稿日時 - 2008-06-26 08:12:27

ANo.12

質問者様とよく似た生い立ちの恋人がいました。私が40代半ばで
彼女は33歳。やはり、8つ年下の男と結婚していました。
彼女も、とにかく自己実現というか自分を表現できるものを求めて
いたのですが、それが仕事のキャリアというあたりが似ていました。
質問者様とちがって大学を出ていないことも彼女の大きなコンプレクス
だったようです。
彼女は今小説の勉強をしています。いつか宮部みゆきのような
作家になるかもしれません。
人に認めて欲しい・・そう思っているうちは、自分のために人生を
やり直しているとは言えないのではないでしょうか。

自分が、自分を認める。それ以外に救いはないです。
私は、半ば彼女の生き方に自分を映し出し、自分が何を得たら
満足するのか自分に問いかけ、人生をやり直した口です。

大切なのは、自分の今いる場所から人生をやり直すことです。

あなたしか見えないものがきっとあるはずだから。

投稿日時 - 2008-06-24 18:31:44

お礼

お返事遅れました。ありがとうございます。

自分が自分を認める、
みとめるに値するものはあまり持ち合わせておらず
何を手がかりにすればいいのか分からないのですが
私にしか見えないものがあるのでしょうか…。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-26 07:51:37

ANo.11

似た感じなので回答致します。
うちも家庭が荒れており、18で逃げるように親元を離れました。
それから10年くらいは1人暮らしをしていました。
正社員であった期間も長かったですが(8年くらい)それは本当に自分がやりたい仕事ではなく、生活があるのでやめられなくて辛くそして虚しかったです。

自分も今は良い旦那とかわいい子供に恵まれております。
でも、でもほんとうは落ち着いた家庭環境で将来への準備もしたかったし専門学校にも行きたかった。
でももう時間と過去は戻らないのでこれはもう泣いて喪に服すしかないと思っています。
そしてすぐにでもやり直したいけれど、今は今で子供がいるので動けないことに焦燥感がありますが少し落ち着いたらわたしは自分のやりたい勉強を始めるつもりです。

ケンタッキーフライドチキンのカーネルサンダース氏は自分になにか出来ることはないだろうかと考え、あのチキンを開発しいろいろなレストランにレシピを売り歩いたのが65才過ぎてからだそうです。
1000回以上も2年以上も断られ、1010回目くらいにあのチキンを採用してくれるレストランに出会ったそうです。
わたしはこの話を知ってから、何事も言い訳は出来なくなりました。
気持ちが引き締まり、エネルギーが沸いてきます。
これから一緒に頑張りましょうよ。

投稿日時 - 2008-06-24 17:39:11

お礼

ありがとうございます。
同じような境遇の方からのお話、とても参考になります。

ケンタッキーの話のくだりを拝見しました。
そこまで真似は出来なくとも
何か私にも出来ることがないか、引続き考えていこうかと思います。
素敵なお話をありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-24 18:14:10

ANo.10

「現在の状況が変わらないなら自分が変わるしかない!」という言葉があります。
自分の性格とか考え方が変わらない限り、何度人生やり直してもほぼ同じ道をたどると思いますよ。
今までの自分の経験をもとに「やり直したい」と生き方を変えてみるのなら今の年齢からでも可能ですが、リセットしたら今までの記憶失くしますからね。懲りない自分が再び同じ人生を歩むことになると思います。

投稿日時 - 2008-06-24 15:49:01

お礼

ありがとうございます。
同じ人生を歩むのかもしれませんね。
時間を割いて書いてくださり、ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-24 18:10:32

ANo.9

本当に苦労されてきたのですね

私も結構どん底ですが 自分の子供が元気 自分も体が動く それを感謝するようにしています 
今現在元気だから やろうと思えば何でもできる

母は私よりもっと何十倍も苦労の連続(かわいそうに今も)ですが 50代でホームヘルパーの勉強をし 62になる今も8時間働いています
キャリアウーマンはウーマンなりにあなたには分からない苦労があると思います 結婚したいけど したいと思えるようなできる男があまりいないとか・・ 隣の芝は青く見えるだけです
あなたには乗り越えた苦労があります それは今は分からなくても生涯あなたの財産になると思います

投稿日時 - 2008-06-24 14:05:28

お礼

ありがとうございます。
haru927さんのお母様、とても気丈な方なのでしょうね。
長時間の労働、感服いたします。

乗り越えた苦労を、いつか私の財産だと心から思える日が
来るといいなと思います。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-24 18:07:54

ANo.8

そりゃあ誰だってあの時こうしてたらって思いますよね。
私は思います。けどやり直したら、もっとつらい経験をするかも
知れないと考えると私は、嫌ですけど。

>新卒と同時に企業に就職し、若いときから職歴をつみたかった。
就職以外については、今幸せなんですよね。
あれもこれもうまくいく人なんていませんよ。

自分の事だけ考えてませんかせっかく良い相手とご結婚できたの
ですから夫婦としての幸せを考えたら良いのでは。

投稿日時 - 2008-06-24 13:58:41

お礼

ありがとうございます。

>もっとつらい経験をするかも知れない
私の場合、もっと辛い経験というと死ぬ以外ないです。
親からのストレスで体重も27kgまで落ち、
意識が朦朧としたことも数回あり、
「これって死ぬ直前なのかな」と
失う意識の中で考えたこともありました。

夫をいかに幸せにするかは日々考えています。
2人でよりよい日々を送りたいからこそ
私だけ旦那のお給料におんぶにだっこは危険だと思うのです。
これでは万が一の時に旦那を支えられない。
そんな自分の不甲斐なさに落ち込んでしまっています。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-24 18:01:10

ANo.7

こんんちは。

私も小学生の頃父が借金を残し蒸発し、兄はグレて暴力や警察沙汰
ばかり、当然家は貧乏で私自身、学も無く社会人となってからも職
を幾つか転々としたような者ですが(離婚歴もあり<複数回>)
人生を後悔した事はありませんよ。

私自身、その時その時でベストを尽くしてきた自信が有りますし、
いろいろしてきた「人生の選択」は決して間違っていないと思って
います。 今でも優しい嫁さんを貰い、自分の家を持ち、人並みか
それに近い程度は稼いでいます。 日本や世界の情勢にも関心を持
ち、自分なりの価値観や正義感はキッチリと持っています。

現在でもしがないサラリーマンですが、決して他の人に仕事で遅れ
を取るとも思って無いですし、一般的な知識・常識でも世間一般か
ら見てもかなり高い知性を持っているという自負もあります。

質問者さんも常識と知性を併せ持っていると自負して、自信と誇り
を持って日々を過ごされたら良いと思います。 何も良い企業に入
って、高い給料を得る事ばかりがよい人生と思い込まない方が良い
と思いますよ。 金なんて物は、方法であって目的では無いと思い
ます。 人並みの暮らしが出来ているならそれで十分ですよ。
逆に考えれば、仕事で評価され高い給料さえ貰ってれば、それだけ
で満足な人生が送れると思いますか? 

生きていく上で人それぞれに違う価値観で生きがいを見つけ、人生
を過ごしていきますが「固執」し「悲観」する事は結局、何の得に
もなりません。 今ある状況に順応し、無い物ねだりすること無く
自信と誇りを持って日々を過ごしていただきたいと思います。

質問者さんも旦那さんと二人で、自然体で穏やかな明るい生活を送
られます事をお祈りします。

投稿日時 - 2008-06-24 11:42:02

お礼

ありがとうございます。
私もその時その時で悩みつくし、
その場で考えられる限りでのベストを尽くしてきたつもりですが
親とこんな状態でなければ、もっと上の「ベスト」が尽くせたのだろうなと思うと、とてもやるせなくなってしまいます。

必要最低限の、umemomiさんのいう「常識」「知性」は
日々持つようには心がけていますが、
誇らしいレベルに達するまでにはまだ時間がかかりそうです。
umemomiさんのように、いつか自信がもてたらと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-24 12:54:41

ANo.5

僕も神経症で、30歳の手前で、神経症に陥り、仕事もままならず、離婚、失業、無職、最後まで、履歴書を持って、面接を受け、採用されては、強度の神経症のため、退職、それも平均1ヶ月くらい。転々としました。今は、人りぽっちです。寂しい毎日です。
もし、人生をやり直せることが出来ればいいんですが、
生まれ変わったとしても、また、前世と同じ人生になるようでしょう。もう人生一回きりで十分な気がします。
勿論楽しい事も多くありました。、今でも楽しく感じる時が少しだけあります。(取るに足らないような楽しみです。)こんなものだと、自分に言い聞かせています。でも、悔しい人生でした。今60歳です。自然というものに感謝です。一度の人生で終わらせてくれて。何も、死ぬわけではありませんよ。今後、いいことも、あるでしょう。

投稿日時 - 2008-06-24 09:37:36

お礼

ありがとうございます。
人生の大先輩からの言葉、ずしんときました。
書いて下さった今までの経緯に尊敬いたします。

投稿日時 - 2008-06-24 12:23:31

ANo.4

私は以前一度だけ自殺未遂をしたことがあります.
お風呂場で手首をカミソリで切ったんですが,体が温かくなっていて血行がよかったせいか,血がしばらく止まらずにかなりあせりました.
出てる血を必死に止めようとしていた時に,やっぱり自分は生きたいんだと強く思うようになりました.
(ちなみに,このようにお風呂場で切ると,意識がボーっとして,本当は助かったのにそのまま死んでしまうケースが多いようです.
絶対にやめましょう)

自殺という言葉は近年特に耳にする機会が増えたように思います.
勝手な持論ですが,自殺は究極の自己満足だと思っています.
死んで解決すると思っているのは自分だけで,周りの人は悲しんだり悔やんだり,仕事の場合は後任を見つけるのに大変だったりといいことがありません.

> 私にはもったいないほどの旦那に恵まれ生活しています。

少なくとも,自分がいなくなって悲しむ人がいるうちは死なない方がいいです.
じゃあそんな人がいない人は死んでいい,死んだ方がいいかというと,これまた別の問題なのですが,自殺を計った当時見つけた生きる理由の1つです.

私は今大学院で勉強していますが,もともと他分野から来たので,他の人たちと比べて知識や技術が大きく劣っています.
それでも3年間勉強したんですが,今1年生からやり直したらすごい分かるんだろうなぁとか,ここに来るって分かってたら高校からもっとちゃんと勉強したのになぁとか思うことがよくあります.
とは言ってもそれこそ先生と一緒に精神と時の部屋にでも入らない限り無理なんですが,どうしてもそういう思いが浮かんできてしまうものです.

人生は,リセットはできないけど,リスタートは何度でもできるんだそうです.
スピリッツという雑誌にあった漫画からの引用です.
やり始めることに "遅い" はないんだと思うと,今の自分でも何らかの強みを見出そうという気が起きます.

どういう状況と心境でこの投稿がなされたのか分かりませんが,少しでも心の支えになれば幸いです.
よろしくお願いします.

投稿日時 - 2008-06-24 09:26:53

お礼

ありがとうございます。
時間をかけて書いて下さったことだけでも嬉しいです。
リスタートを同じ土俵できれる日が来るといいなと思います。 

投稿日時 - 2008-06-24 12:20:24

ANo.3

「人生をやり直したい」って気持ちは、誰でも抱くものだと思います。
いつも思っている人もいれば、ほんの一時期思っただけの人もいると思いますが、
人間として生きている以上、誰しも「やり直したい」という瞬間があるはずです。

私も複雑な家庭に育ちました。
「やり直したい」と思ったこともあります。
けれど今は、「これでいいんだ」と思っています。

質問者さんが「やり直したい」と思ってしまうのは、今の幸せを上手に満喫できていないからではないですか?
質問者さんほどの経験をした方なら、落ちるところまで落ちることもできました。
でも、質問者さんは落ちませんでした。
素敵なご主人と出会い、ほどほどのお金があり、お友達もいます。
育った家庭が円満でも、結婚できず、貧困で、一人ぽっちの人もいる世の中で、質問者さんは現在進行形の幸せを手にしています。
いわば、質問者さんはのし上がって幸せを手にした人です。
だから、過去にとらわれず、今の幸せを満喫していいのです。

>お給料をいただけるのが、私の存在意義だと思っているのかも。
この気持ち、すっごくよく分かります。私も同じ価値観です。
私は少し前までは主人より収入が多かったですが、最近扶養に入りました。
その直後は、喪失感が大きかったです。
でも今は、「これが私のライフスタイルだ」と納得しています。

過去に辛い経験をしていると、今の幸せを満喫できなかったり、現状に納得できなかったりする”癖”があるかも知れません。
でももう、質問者さんは楽になっていいんですよ。自信をもっていいんです。

できれば、理想論ですが・・・ご両親に謝罪してもらうのが良いと思います。
私は、ちょっとしたキッカケで気持ちを打ち上け、父から「あの時はすまなかった」と言ってもらえました。
色々あったけど、結局家族ですから、ひとつの謝罪で水に流せました。
それが出来なかったら、「仕方ないこと」と割り切るしかありません。

ご主人やお友達を大切にしてくださいね。

投稿日時 - 2008-06-24 09:22:47

お礼

レスありがとうございます。
確かに私は旦那と友達には恵まれており、感謝しています。

>質問者さんが「やり直したい」と思ってしまうのは、今の幸せを上手に満喫できていないからではないですか?
>過去に辛い経験をしていると、今の幸せを満喫できなかったり、現状に納得できなかったりする”癖”があるかも知れません。
はっとさせられました。
私自身どうも心配性で、万が一のことをいつも考えています。
満喫するには程遠い状態です。人と比べてしまって、
劣等感でいっぱいになってしまっているんだと思います。

両親からの謝罪は望めないと思います。
言ったところで憤慨されて「何年前のことだよ、しつこいよ!」と返されてしまうでしょう。

なんか否定的なことばかり連ねてごめんなさい。
でも考える機会をくださってありがとう。
気持ちが軽くなって、涙が出てきました。

投稿日時 - 2008-06-24 12:14:16

ANo.2

似たような経験があります。
私は今現在も独身で貧乏を親友に精一杯生きています。
パートナーも、頼れる友も、家族もいません。孤独です。
唯一、私が壊れず、普通の範囲でいられるのは、私がご飯を用意しなければ死んでしまう(頼ってくれる)犬がいるからです。
若いから良い訳ではありません。
すべての若い人が幸せとは限りません。
未来も可能性も若者だけの特権では無いはずです。
すべての人に、もちろん私にも質問者さんにも、未来も可能性もある。

などと自分に言い聞かせながら、でも3歳くらいの幼少時からやり直せたらなぁと、思います。

投稿日時 - 2008-06-24 09:18:18

お礼

暖かい言葉ありがとうございます。
私も小さい頃から犬と暮らしてきましたが、
あの純粋な気持ちに救われることって、多いですよね。

人生80年と言われているのに、
30代ですでに社会人として軌道修正が出来ないこの世の中に
深いため息をついてしまいます。
でも言葉をいただいて、気持ちが楽になった気がします。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-06-24 11:57:35

ANo.1

「足るを知る」という言葉をご存知でしょうか?

投稿日時 - 2008-06-24 09:14:09

あなたにオススメの質問