こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

友人の裁判に・・・。

今年に入り、友人Aは約10年間働いていた会社をその日に自宅待機といわれ、その後、気が付けば解雇になり、民事裁判を起こしました・・・。

友人Aは、自身がなぜ?その日に解雇されたか、全くわからず。
解雇手当ても無く、未払い賃金もあることから、相談しに行ったときに、労働専門のベテラン弁護士(数人)からこの事例は、『悪質な部類に入る解雇』と言われたそうです。

友人Aとは親交も深い事、私の法律に多少興味があることから、民事裁判の数回傍聴をさせて頂きました。

その中で、不思議なことがたくさんあり、インターネットや法律関係の本などで調べていますが、やはりわからないこともありますので、ワンポイント・アドバイスをいただければ・・・と思います・・・。

(1)原告(友人)は労働専門弁護士(数人)を雇い入れ、被告(会社側)顧問弁護士がいますが、労働とは全くの無縁であり、専門外である。

(2)被告の『意見書』『答弁書』『内容証明書』に関して、友人に事実確認しますが、会社は、堂々と『暴言』『侮辱』など、『証拠・根拠も無い』事実とは異なる内容掲載をしている。

(3)不当解雇に関して、『不当な部分』は、友人が立証できるだけ証拠を裁判所に提出いるにもかかわらず、未だに会社は立証できる証拠は何にも裁判所に提出していない。
しかし、陰湿な『暴言』に必要以上の根拠・証拠も無い、デタラメな掲載文

(4)友人の陣営は、弁護士が代理人として出廷しているにもかかわらず、
被告側は、司法研修生?弁護士経験の浅い弁護士を出廷させて、1度もメインの顧問弁護士は出てこない・・・。

毎回、会社経営とは一切関係ない親族らしき人?は傍聴するものの、まだ経営者は出てきてない。

以上

友人Aのベテラン弁護士(数人)からは、友人は、全く法律違反をしていないので、『敗訴』になることは、100%無いと言われたそうです。しかし、なぜ自宅待機が解雇になったのか???その説明をしてもらう為に、数回、経営者にお話にいったものの、『完全拒否』だったそうです・・・。数ヶ月後、気が着けば『民事裁判』になっていたそうです・・・。

やはり疑問な事は、労働専門の弁護士の見解ですと、『敗訴』は無いと言う事は、『立証』『証拠』が揃っている事、、、、つまりほぼ『勝訴』は確定なのでは・・・。

なぜ?悪い事をしていない友人が、こんなに苦しめられるのでしょうかね???

それに、会社からの指示は自宅待機ですので、別の就職活動は一切できないと言う事なのです・・・。それにアルバイトにも規制があり、訴えた人間が、こんなに苦しいのが不思議です・・・。

皆さまどう思われますか???

投稿日時 - 2008-07-05 03:26:36

QNo.4152272

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

裁判所は原告と被告の主張を聞き証拠に基づいて判決を下す
中立な機関です。
理不尽に思ってもそのことは証拠でしか主張できない、
また裁判になれた弁護士とかが羽場を利かすところです。
裁判で納得いかなければ、他の手段を考えるのも一手です。

投稿日時 - 2008-07-05 04:21:45

ANo.1

 こんにちは。

(1)原告(友人)は労働専門弁護士(数人)を雇い入れ、被告(会社側)顧問弁護士がいますが、労働とは全くの無縁であり、専門外である。

・敗訴することが確実なのでしたら,顧問弁護士以外に弁護士を雇うのはもったいないと思っているのでは?

(2)被告の『意見書』『答弁書』『内容証明書』に関して、友人に事実確認しますが、会社は、堂々と『暴言』『侮辱』など、『証拠・根拠も無い』事実とは異なる内容掲載をしている。

・訴えられた内容について,被告はまず,どの部分を「認め」,「争い」「不知とする(知らない)」かの意思表示をします。(そうではなかったですか?)
 「争う」部分については,争う理由を記載しますが,あくまでもご友人に対して言っている訳ではなく,裁判官にアピールしている訳です。ですから,「会社は、堂々と『暴言』『侮辱』など」,いかにご友人の訴えが不当であるかを記載しているものと思います。

(3)不当解雇に関して、『不当な部分』は、友人が立証できるだけ証拠を裁判所に提出いるにもかかわらず、未だに会社は立証できる証拠は何にも裁判所に提出していない。しかし、陰湿な『暴言』に必要以上の根拠・証拠も無い、デタラメな掲載文

・証拠を提出するしないは自由です。提出しないと,(多分)不利になるだけです。

(4)友人の陣営は、弁護士が代理人として出廷しているにもかかわらず、
被告側は、司法研修生?弁護士経験の浅い弁護士を出廷させて、1度もメインの顧問弁護士は出てこない・・・。

・勝つ気がないのでは…。

>それに、会社からの指示は自宅待機ですので、別の就職活動は一切できないと言う事なのです・・・。それにアルバイトにも規制があり、訴えた人間が、こんなに苦しいのが不思議です・・・。

・お気持ちは分かりますが,法律のカテでのご質問ですので,あえて書きますと,主客が転倒しています。

・「訴えた人間が、こんなに苦しい」のではなく「こんなに苦しいから訴えた」んですよね。
 裁判はお互いの主張がぶつかる場ですから,勿論「苦しい」こともあります。

投稿日時 - 2008-07-05 04:04:46

お礼

アドバイスありがとうございます・・・。

投稿日時 - 2008-07-06 01:37:45

あなたにオススメの質問