こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ホロコーストって本当にあったの?(アンネの日記も)

昔、ホロコーストを否定するという―どこぞやの大統領の主張と同じ―特集を組んだ雑誌「マルコポーロ」が、ユダヤ人権団体の雑誌スポンサーに対する圧力によって廃刊させられる、という事件がありましたよね?

私としては、ネットで見たマルコポーロの記事は納得しうるものでしたが、廃刊後、取材者やコメントを寄せた教授、ライターはこの問題について何か話をしていたのでしょうか?また「ホロコースト神話論」に対し、科学的なアプローチは行われているのでしょうか?(ネットなどの媒体でも)

もう日本のマスコミで報じられることは無くなったので(陰謀論として911自演論を特集したTVprogramはありましたが)、この問題の現在の状況について非常に気になります。ネットでこの雑誌のコピーが掲載されていたところもあったと思うのですが、どこへ行ったのでしょう?教えてください。

投稿日時 - 2008-07-06 22:35:11

QNo.4156624

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

ヒトラーもナチスも幻です。
今も残るガス室や焼却炉は観光目的のために作られたものです。
ホロコースト(ホロゴーストではありません、歴史に残る重大事件ですから幻だとしても言葉くらい正確に!)も第二次世界大戦もありませんでした。

先日、ロンドンの蝋人形館、マダム・タッソーでヒトラーという人の首がちょん切られたそうですが、何故なんでしょうね??

投稿日時 - 2008-07-07 20:15:18

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

困りましたね。。確からしいか,ウソくさいか,,肌感覚を得るにはちょっとでもご自分で手を動かしてみないと(苦笑) 勝手に回答していて苦言を呈するわたしも何様ですが(笑)

>アンネの日記も代筆者が見つかっていませんでしたっけ?
うぃきをあたれば,すぐ関連する2次情報が見つかるじゃないですか。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%81%AE%E6%97%A5%E8%A8%98

>シャーマー氏というのはユダヤ人もしくはユダヤ人団体と関係がある人物なのですか?
ここまで自分の疑問点を絞れれば,シャーマーがユダヤ系なのか,ユダヤ名なのかとか,人物紹介など,,とりあえず2次的な情報をあたってみれば良いこと。なっとくがいかなければ,1次情報(オリジナルソース)にあたればよいのです。。。

まぁ,自分で情報をあたり出すと,羞恥心が出て勝手な妄想や憶測を振り回せなくなるという弊害もありますが

投稿日時 - 2008-07-09 16:24:38

ANo.7

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』にホロコーストと入れてやると、肯定・修正・否認も含めて出てきます。
これらを丹念に読んでいくことをお勧めします。
関連として、マルコポーロも載っています。

投稿日時 - 2008-07-08 19:55:47

お礼

事件については知っていますが、その後の関係者の話などが
全く聞かれなくなったことが不気味なんですよね。

投稿日時 - 2008-07-09 12:04:17

ANo.5

尚、肝心なのは
 ホロゴーストでもナチと日本のホロゴーストを混在しないことです
 南京大虐殺や従軍慰安婦に関しては別ですね

 この点で従軍慰安婦について日本に誤解している方は多いです。
従軍慰安婦について歴史は古く、近年でもベトナム戦争でもありました。
 そこで大切なのは、強制なのか、それとも慰安婦&民間企業が率先して行ったかどうかです。
 この慰安婦問題で多くの慰安婦の証言があり、その中でいくつか裁判が行われました。
 大切なのはその人たちが、国に強制で行ったのか、それとも自発的に名乗り出たのか・・・
 ・アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求裁判
 ・釜山元「慰安婦」・女子勤労挺身隊裁判(山口地裁)
 ・フィリピン元「従軍慰安婦」裁判(東京地裁)
 ・在日韓国人元「従軍慰安婦」裁判(東京地裁)
 ・オランダPOW・民間抑留者裁判
 ・中国人元「従軍慰安婦」裁判
 ・中国人山西省性暴力被害者損害賠償請求裁判
 ・台湾人元「慰安婦」損害賠償請求裁判
 ・中国・海南島戦時性暴力被害訴訟
  地裁→最高裁まで多くの裁判が争われたわけですが、全部原告棄却で終わってます。
 ほかにも多くの検証作業が行われたのですが、全て棄却となってます。この裁判では軍の強制の事実は何一つみつかってないのです
 南京もそうです。あれだけ騒がれているのですが、実際の現場は見たという証言者は一人もいないのですよ
 
 よく『被害者は嘘を言うわけが無い』と非常に愚かな意見をいう方がいますが
 証言には検証作業が必要です
 よく電車が痴漢に在って犯人を捕まえたが、実は別の人で痴漢冤罪だったという事件を知りませんか?
 証言は検証作業がなければ証拠にはなりません。
 国民の多くが思ってるから・・・本当にある という論法が成り立つなら
 国民のアンケートでは宇宙人や幽霊を信じてる人の&がおおいので
 なら宇宙人や幽霊は本当にいるんだ、という論法になります
  
 事件はなるべく多くの資料をもって科学的に検証しなくてはなりません。
 言葉遊びや、思想によって妨害しちゃあならんのです。

投稿日時 - 2008-07-07 13:39:17

ANo.4

強制収容所の残骸や、死体の山の映像や、人間の脂肪から作った石鹸などが残っていますからね。
日本でも杉原千畝の勇敢な行動がウソだと思っている人はいないでしょうから、ホロコーストは本当にあったんでしょう。

ドイツでは、ナチ時代にいい思いをした残党が今でも生き残っていますからね。

日本においては、南京虐殺はなかった、従軍慰安婦はデッチあげだ、言い張る卑怯者が、ナチの残虐性を否定することで、自分の主張も通りやすくなる、と勘違いしているだけです。
ま、卑怯者は、自分が卑怯者と見られていることに気付かないから、卑怯者でいられる訳ですが。

投稿日時 - 2008-07-07 10:57:05

お礼

マルコポーロの記事をお読みになったのですか?
杉原の行動は政府の命によるもの、との記録が残っています。
日本政府にもユダヤの手が回っていたか、単純にマイノリティに
対する有色人種の同情か?分かりませんが。
すみませんが、私は日本のことを質問したのではございません。
最新のホロコースト論について聞きたかったまでです。

投稿日時 - 2008-07-09 12:14:22

ANo.3

「なぜ人はニセ科学を信じるのか(マイクル・シャーマー著)」のなかで,ホロコースト問題について丁寧に書かれています。シャーマー自身は「ホロコースト否定派」を否定する立場をとる歴史学者ですが,,否定vs肯定論争の”現場”に身をおく立場ならではの視点で整理されていて,とてもわかりやすいです。

マルコポーロ騒動についても触れられていますよ。

その中で,シャーマーはそうした(一部のユダヤ人権団体の)過激な言論統制は,彼ら自身のためにも良くない,,と懸念しています。

さして堅苦しい本でもありませんから,一度目を通しておくと,この問題を評価する視座を得ることができると思います。あった,なかった,,という前にもっと大切なことは,「何が」あったことで,なかったことか,の「何が」の部分であり,さらに主張する上で科学的手法が正しく適用されていることが”マナー”なんだと思います。

そういう意味でこの”対決”を見てみると,,”否定派”と言われている人々の主張の大半は,たいへん分が悪いですよ。。

投稿日時 - 2008-07-07 10:44:54

お礼

元々ホロコーストというものは、連合国が流したデマが始まりだったと聞きますよね?(ばらまいたビラにそう書いてあったらしい)
アンネの日記も代筆者が見つかっていませんでしたっけ?
シャーマー氏というのはユダヤ人もしくはユダヤ人団体と関係がある人物なのですか?教えてください。

投稿日時 - 2008-07-09 12:09:57

ANo.2

自分としては最大の問題は
ホロゴーストがあるのか、そしてないのか・・・
 議論することさえ許されないということです

 ナチスのホロゴーストについては「まず在った」という前提条件の前に否定論の研究が十分に出来ないのです。
 現在の十分でない研究資料において
 ナチスのホロゴースト的なものは在ったとうのは分かっています
 しかし、どの程度の規模なのか・・・
  現在を下回る被害者ということは政治的にはいえないんです。
 研究を表ざたにすることさえタブーなんですよ

歴史とは常に勝者の立場で作られる・・・1種の真理だと思います

投稿日時 - 2008-07-06 23:42:14

お礼

イランでは大統領がホロコースト神話論を大々的に話していますよね?
ということは国や地域によってそれは可能なのでは?
日本もそうであって欲しいのですが…

投稿日時 - 2008-07-09 12:05:52

ANo.1

ここが参考になると思います。↓
「知ってますか、ユダヤ人を殺したっていわてれるガス室など、実は存在しなかったんですよ」と。
http://www.ss.iij4u.or.jp/~mitaka/66qaHTMLs/66qa_mitaka.htm
http://d.hatena.ne.jp/rna/20080104/p1
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E5%90%A6%E8%AA%8D%E8%AB%96%E3%81%AE%E8%80%83%E5%AF%9F#.E8.A8.BC.E6.98.8E.E8.B2.AC.E4.BB.BB

投稿日時 - 2008-07-06 23:05:44

お礼

ここあたりの記事はググれば出てくるのですが…
肝心のマルコポーロの元記事はどこへいったのでしょう?
消されてしまったのですかね?

投稿日時 - 2008-07-09 12:02:58

あなたにオススメの質問