こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日本、韓国、中国、北 このなかで軍事力が強いのは?

やっぱ北が一番強いのでしょうか?核もあるし。中国も人いっぱいなので兵力がたくさんありそうです。日本は平和主義なので軍事力はほとんど皆無に近いのかな?自衛隊くらいかな?韓国も弱そうです。
みなさんの意見を聞かせてください

投稿日時 - 2008-07-11 22:45:30

QNo.4169330

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 現役の自衛官です。たまたま発見したので書きます。あくまでも個人的な意見です。また各国が日本侵攻の前提で書きます。
 中国は核の先制不使用を宣言してます。日本に核を打つことはありえない。打つことによって、その後の世界各国との関係が悪くなりメリットがない。北朝鮮が中国に打ったら中国は北朝鮮に確実に核ミサイルを打つ。
 日本と北朝鮮の場合。
 日本の勝ち。北朝鮮は日本本土に数十万の兵士を運ぶ船も飛行機もない。装備が旧式なので空軍も海軍も自衛艦隊に木端微塵に日本海でやられる。
 ただ、弾道ミサイルは注意。明らかに日本に向けて打つミサイルと分かってる場合、航空自衛隊の戦闘機が北朝鮮を攻撃するのは専守防衛であると国会答弁であったので憲法違反ではない。その時は電子戦で北朝鮮のレーダー等を無力化したのちF-2、F-4戦闘機で爆撃。
個人的には核実験なんてやってないと思う。あんな所で核実験やったらロシアが黙ってない。
 日本と韓国の場合
 空軍力は互角、海軍力は海上自衛隊の勝ち。陸軍力はどちらも使えず。航空戦力は互いにそれ相応数の戦闘機の損耗があると思う。ただシーレーン防衛は突破されることはない。竹島問題で韓国が随分と過剰な反応をしているが、本当に戦争になったら韓国海軍は1週間で自衛艦隊に壊滅させられると思う。海軍力の装備と数の差が違いすぎる。
 日本と中国の場合
 多分負ける。空軍力は中国が最近F-15と同等の航空機を数百機保有しており、ロシア空軍のスホーイはある意味F-15より上。中国にはどのレベルのスホーイを売っているか分からないが。
 海軍力は中国の原子力潜水艦が脅威。これを倒さない限り、海軍力有利になるとは言えない。シーレーンが守れなければ、300万人の陸軍兵が押し寄せることになるので陸上自衛隊がいくら頑張っても圧倒的な数の差でやられる。

 色々書きましたが、どんなにいい装備・兵器・たくさんの兵站があっても、それを行使するのは人間です。
 こんな事言うのもなんですが、海上自衛隊は相当な装備と優秀な人材が集められていますが、色々と事件を起こし、戦える状況じゃありません。また装備品は一流に近くても兵站能力が乏しい日本。まともに戦争できるのも2~3週間くらいかと思います。
 他国にしても、人はいるが燃料・食料がない北朝鮮。そこそこ装備はあるが、本当に使うにしては物足りない韓国。
 兵器も兵站もあるが、輸送が出来るかどうか疑問の中国。

 もしかしたら今の状況が一番いいのかもしれないですね。
 

 
 

投稿日時 - 2008-07-19 00:46:04

ANo.9

このQ&Aは役に立ちましたか?

473人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.8

中国すら恐れるのが北朝鮮です。核を小型化して
ノドン、テポドンに搭載できるようになれば北京
上海といった大都市を狙えます。

北朝鮮は失うモノがないので将来中国すら恫喝す
るでしょう。ただ金正日総書記死後人民解放軍が
電撃的に北朝鮮に侵攻するかもしれませんが。

投稿日時 - 2008-07-14 08:22:21

ANo.7

こういう議論では、本来、軍事力そのものだけではなく、日米同盟も考慮に入れて考えるべきです。核を持っていても、米軍の報復を考えれば、日本や韓国には容易には使えません。

通常戦力だけ、特に考えた場合は、陸上兵力なら韓国が一番。海上、航空なら日本が最強でしょう。
しかし、今後は中国の軍事力が向上しており、立場が逆転する可能性があります。

航空戦力に限って話をすると、西側では第4世代の戦闘機が主力です。日本の航空自衛隊は、F-15と、F-2(4.5世代に分類されることもあります)が大部分を占めています。韓国もF-15の最新モデルと、F-16を持っていますが、数では日本が圧倒的です。
しかし、中国は近年、航空自衛隊に匹敵する数の第4世代の戦闘機を配備し、今後も増える見込みです。ロシア製Su-27や30およびそれを国産化したJ-11の他、イスラエルの技術援助とロシア製エンジンを積んだJ-10(F-16 の初期型に匹敵)を配備しています。
今のところは、AWACS(早期警戒管制機)や個々の戦闘機の電子機器の性能において、中国は日本に劣っています。しかし、近年の近代化を過小評価すべきではありません。

その意味で、日本は中国のキャッチアップに応じた近代化が必要です。しかし、F-Xの調達が具体化せず、第3世代のF-4というポンコツも抱え続けています。F-15とF-2が事故のため飛行停止になり、このF-4だけが日本の空を守っていた時期も数か月ありました。大変危機的な状況です。

以前、こちらで中国の将来を過小評価すべきではないと指摘したところ、質問者に「おまえは親中派だ」と短絡的な批判を受けたことがあります。
しかし、脅威を過小評価すれば、結果的に日本を危機に陥れてしまいます。「自分の嫌いな相手だから、劣っているはず」という甘い期待は、国を滅ぼすもとです。善し悪しはありますが、冷戦中、アメリカ軍は仮想的である東側の戦力や技術を過大評価したぐらいです。

とはいえ、過大な恐怖を抱く必要もありません。日本の防衛費はGDPの1%弱です。こんな低水準の国は、そうそうありません。アメリカもしばしば「少なすぎるんじゃないのか?」と疑問を呈しています。国民が危機意識を持ちさえすれば、日本にはまだまだ防衛力増強の余力があると思います。

投稿日時 - 2008-07-13 16:36:56

ANo.6

みなさんが回答しているように北は兵站という観点からみると非常に脆弱です。弾はない燃料はないので長期戦はできないでしょう。
ただし軍事力が弱い=安心というわけではありません。そのくらい北も認識してます。 
なのでもし北が行動を起こすなら短期決戦を狙うでしょう。 そのため装備でなく、個人の能力を高めた特殊部隊が10万います。 
後方かく乱から核攻撃という戦法があるから北を危険視する必要があるのです。

自衛隊は空が強く、海はほどほど、陸は弱いです。
空海は機器の操作の熟度が重要ですが、陸の戦闘というのは兵力がものをいいます。少数精鋭では意味がないのです。陸自は15万、その中の戦闘職種となるとかなり少ないです。ですので日本は陸上に攻め込まれた時点で終わりです。

韓国は米軍と共同訓練もしていますし、予備がかなりいます。中国はこれからどんどん上がってくる感じですね。

個人的には中国の成長を含めて考えると
中国>>>>日本>>韓国>>>>>>>>>>>北朝鮮

投稿日時 - 2008-07-12 17:07:47

ANo.5

最終戦争たる核戦争を想定すると、圧倒的優位は中国です。
国土が広大で人口13億…核攻撃で7割の人口が失われてもなお4億近くの人口が残ります。
その点でいうと日本が一番弱いです…日本が核攻撃を受けると、人口の激減は国として存続できないと思われます。

通常戦争でも中国は優位に立てます。
戦争の勝ち負けが相手国の占領とするなれば…中国13億の民を制圧するのは至難でしょう。
かつて中国を占領しようと頑張った国がありましたが…当時の首都を陥落させれば良いと攻め込み陥落させましたが、相手はさっさともっと奥地へ首都を移しました…そのあとは持久戦(消耗戦)に引き込まれて後はみなさんご存知のとおりです。

朝鮮半島の二つの国は問題外です。個々の戦闘には優れた能力を持っていても国土の矮小なことや、過去の歴史から中国、ロシアなどの属領として生き残るか方法はないと思います。

日本の場合も国土の矮小が戦争するには問題です。
核武装してどこかと戦争しても核の打ち合いになれば国土は簡単に更地になるでしょう。
核武装しないでどこかの国と戦争しても勝つのは困難でしょう。
相手国を占領する兵力がないですし、侵攻するためのシステムになっていません。

日本の戦力は自衛隊開設当初より、敵の着上侵攻を防ぐ戦術なのですが…そのような戦いに一番安価で有効な地雷やクラスター弾の廃棄を決めてしまいました。
日本の一番の問題は…実弾の不足です。いざ事がおきれば1週間持ちません。弾薬、ミサイル共に米国とまったく共通なら補給も可能かもしれませんが…変なところで日本独自の弾薬やミサイルがあります。

結論として…
中国>>>>>>>>>>>>日本>>朝鮮半島2カ国

投稿日時 - 2008-07-12 11:03:56

ANo.4

核を使わなければ、日本が強いです。
中国軍は兵器が古く、また鍛えられていないといわれています。
北朝鮮に至っては燃料がないので戦車、航空機が動かせません。

投稿日時 - 2008-07-12 05:52:56

ANo.3

日本が一番強いです。
順番は
日本、中国、韓国、北朝鮮です。
日本が中国に勝つって? と不思議に思うかもしれませんが、中国は原爆を使うとアメリカの報復があるから使えません。核はあっても意味がないのです。しかも中国と日本の間には海がありますから戦争は陸軍の出番ではなく飛行機と軍艦です。飛行機と軍艦なら日本のほうが装備が上です。それと非常に大事なことなのですが、日本人は大義のために死ぬことができますが、中国人はにんじんのために頑張ります。所詮、にんじんでは危険を冒す程度はできますが、命を捧げるのはできません。戦争でにんじんに匹敵するのは勲章や昇進です。その程度では中国人は命を捨てません。従って装備と士気にすぐれた日本軍の勝利です。

投稿日時 - 2008-07-12 05:17:08

ANo.2

>やっぱ北が一番強いのでしょうか?
ダントツに一番弱いです。

 自衛隊は特殊ですので、独断と偏見ですがパラメータ形式で強さを表すと

 攻撃力(他国への攻撃力)
 防御力(他国からの防御力)
 体力 (戦争持続力、武器弾薬、石油等の保有量)
 すばやさ(指揮系統の精密さ、士気)

 
 中国 攻撃力70 防御90 体力80 すばやさ50
 日本 攻撃力5 防御90 体力10  すばやさ90
 韓国 攻撃力30 防御力30 体力25 すばやさ70
 北朝鮮 攻撃力5 防御力5 体力1 すばやさ30

ってとこです
 

投稿日時 - 2008-07-11 23:24:17

ANo.1

燃料ない、電力ない、まともな工場もない、技術もない、食い物もない、国体を守ると言う情熱もない、同盟国もない・・・これが今の北朝鮮です。

投稿日時 - 2008-07-11 23:13:19

あなたにオススメの質問