こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

心の浮気に対する慰謝料

2年前夫が浮気をしました。
肉体関係はないと言いいますが休みの度子供たちを放っておいて浮気相手とデートを繰り返していました。
 それがバレた後は女と別れて私との夫婦関係の修復に努めてきましたが私が一生懸命家事や育児をしている間に他の女とデートしてたという事実がどうしても許せず、離婚することになりました。
 父親はいなくなっても子供たちの生活環境は変えたくないので家にはそのまま住み(ローンは夫)私はこれからも専業主婦でいるつもりです。夫も納得しましたが夫の慰謝料と養育費ではとても生活できません。
 心の浮気とはいえ私達から父親を奪ったあの女も社会的な制裁を受け、負担をするべきだと思います。また私の精神状態はぼろぼろで、幸せな結婚生活を粉々に壊されとても働ける状態ではありません。
夫の自白と私の日記が証拠として残っています。心の浮気でも慰謝料は取れるでしょうか?

投稿日時 - 2008-07-12 02:06:05

QNo.4169831

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

kaorin-taさん、あなたはちっとも異常ではありません。女は皆独占欲が強く、好きな人にとって、自分が総てであってほしいと思っています。
しかし、ほどほどのところで妥協して生きているのです。
あなたは正直過ぎて、それが出来なかったのだと思います。
何も万人と同じように生きる必要はありません。
しかし、人を懲らしめるのは止めましょう。あなたが罰を与えなくとも、あなたや、あなた達の可愛い子供を辛い目に遭わした人達はいつかその清算をする事になると思います。
憎しみは何も生まない、と私は思います。

投稿日時 - 2008-07-13 17:12:19

お礼

ご回答ありがとうございます。
私の言いたいことを代弁してくださってありがとうございます。
>女は皆独占欲が強く、好きな人にとって、自分が総てであってほしいと思っています。しかし、ほどほどのところで妥協して生きているのです。
そうですね。それは私にはできませんでした。
>あなたや、あなた達の可愛い子供を辛い目に遭わした人達はいつかその清算をする事になると思います。
世の中のためにもきっとそうなることを願っています。

投稿日時 - 2008-07-13 22:51:55

このQ&Aは役に立ちましたか?

60人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

> 女は皆独占欲が強く、好きな人にとって、自分が総てであってほしいと思っ
> ています。しかし、ほどほどのところで妥協して生きているのです。
> そうですね。それは私にはできませんでした。

男だって、一緒ですよ。
出身地も育ちも違う者同士が一緒になって100%合致するなんてことはあり
えません。
男だって相手には自分のことだけ見ていて欲しいとは思いますが、そんなお互
いを拘束しあっても、社会人としての外部とのコミュニケーションが図れません。
確かに法的に夫婦には貞操義務があり、この貞操を破った場合は契約不履行と
して不法行為に当たります。
離婚に関する法律は次の民法です。

(裁判上の離婚)
第七百七十条  夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一  配偶者に不貞な行為があったとき。
二  配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三  配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四  配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五  その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
2  裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。

しかし、裁判所が認定する不貞行為も一回他の女とセックスしたという程度では
認定せず、反復継続的に行っている場合にはじめて認定されます。
ここは法律のカテゴリーですから、法的に判断すると、あなたの言っていることは
全くトンチンカンで、世間の常識からかけ離れており、全く浮気ではないことを
「浮気だ」「浮気だ」と騒ぎ立てているに過ぎません。
まして思想に損害賠償請求するとか、甚だしい憲法違反行為です。

あなたが女は皆独占欲が強く、好きな人にとって、自分が総てであってほしいと思うのは
勝ってですが、裁判でそれを認めさせるには普通人の通常に判断に照らし合わせて判断さ
れます。
しかし、それはあくまで思想の域であり、夫婦間の貞操と社会としてのコミュニケーショ
ンを照らし合わせて、あなたの主張が普通人の通常の判断とはいえません。

もちろん、あなたが耐えられないといい、相手もあんたにこれ以上拘束されたくないと
双方の意見が一致して離婚するというのも、法的には可能です。

(協議上の離婚)
第七百六十三条  夫婦は、その協議で、離婚をすることができる。

いわゆる協議離婚です。
しかし、離婚するというわけでもなく、目的も無いですよね。
目的の無い裁判は成立しません。

つまり、あなたの主張は法律で保護のしようがありません。
あなたがそういう概念を抱くことは勝ってですが、ここは法律のカテゴリーです。
法的にどうすることもできないものについては、ここで回答を待っても仕方ありません。
傷のなめあいをお求めなら、恋愛のカテゴリーへどうぞ。
ここは法的に判断を求める場であり、同情を求める場ではありません。

投稿日時 - 2008-07-20 12:08:54

ANo.9

質問者さんは純粋なんでしょうね。

>夫は娘達を溺愛しており、もしローンが滞れば行き場がなく一家心中するしかないと伝えたら、そんなことは決してしないと言いました。

質問者さんを裏切った元夫の言葉を、信じようとしてるのが純粋をとおりこしてむしろ甘いと思います。

人が生きてく上では、常に最悪の事態を予測しそれに備える考えを持っていないと、にっちもさっちも行かなくなる時が来ると思いますよ。
質問者さんはある一定以上の生活水準を望んでおられるようですが、それを自力でなんとかする目処がないのが大甘です。

別れた旦那が金持ちでも、もうこれから他人でしょう。
人の気持ちはうつろいやすいもので「あんなに子煩悩だった人が、再婚相手に子供ができたとたんに、こちらに見向きもしなくなった」とか「元夫や実家の仕事がうまく行かなくなってお金が滞りはじめた」なんてことがあるかも、という最悪を予想することが出来ないようだと、つまずく可能性がありますよ。ということです。
今まで質問者さんが困った時は、まわりがなんとかしてくれたのでしょうけど、これからが正念場ですよ。

あくまでも元旦那を信じて専業主婦で行くつもりなら、せめて元旦那との約束を「公正証書」にすることでもされては如何ですか。

私は「備えあれば憂いなし」はとても良い諺と思ってます。

投稿日時 - 2008-07-14 20:33:14

お礼

ご回答ありがとうございます。

今回の投稿で自分の欲求不満解消のために何の理由もなく人を
攻撃するしかない哀れな人はどこにでもいるのだなと
勉強になりました。

「備えあれば憂いなし」これを肝に命じて、私は今までのように
真っすぐに間違いのない人生を歩んで行きたいと思います。

投稿日時 - 2008-07-27 23:19:54

ANo.7

仕事関係の付き合いや学生時代からの付き合いとか、ごく普通の生活の中で
結婚しても異性との交流というのはあるものですよ。
あなただって学生時代のクラスメートとかいませんでしたか?
ずっとミッション系の女子だけの幼稚園からエスカレーター式で女子大に
まで行ったとしても、合コンの一つや二つあるでしょう。
つまりですよ、異性と食事したり遊んだりってごくごく普通にあることですよ。
もちろん、程度問題はありますよ、泊りで旅行したりとか、それはなんとなく
NGと言うはまぁわかります。
けど、お互いの信頼関係が確立していればそれくらいどおって事は無いんじゃ
ないですか?
私は未婚ですが交際相手の子もよく会社の同僚とかと遊びに行ったり食事した
りします、私もそれを知っていますが・・・というより、メール来ますが、
「いってらっさい」と返事しますね。

あなたのご主張だと、結婚するとそういう結婚以前の異性との通常の交友すら
全て断ち切らないとならないんですか?
何処の宗教概念かはしりませんが、ありえません。
少しケースは違いますが、婚約不履行の裁判でもあってもセックスしていとう
だけでは「婚約に当たらない」というのが裁判所の判断です。
それをセックスもしていないのに「浮気だ」というのは到底無理です。

そのうえで、ここは法律のカテゴリーですから法的に判断しますが、裁判とい
うのもこういった世間の感覚に照らし合わせて審議します。
例えばヘアヌードなんて最近はコンビニで簡単に買えますが、30年位前なら
即逮捕、わいせつ物頒布で有罪です。
つまり、世間が「これくらいで目くじら立てることかいな」という世論の感覚
に裁判所も合わせていくということです。
(刑事と民事の違いはありますが)今回のケースも、現代社会における通常の
感覚に照らし合わせれば、結婚したら旧友や仕事関係の異性とも全て関係を
断ち切るというのは、世間では理解しがたい異常な感覚ですので裁判所では
この状況を浮気とは認定しないでしょう。
(もちろんそういった特殊な宗教に属しており、その概念に同意して結婚した
というのなら例外ということは考えられますが)
まして思想について賠償しろとか、その訴え自体が憲法違反です。
あなたがどういう貞操観念を抱くのかはこれも思想の自由ですが、それを法的
に認めろというのなら世間の感覚に照らし合わせて裁判所も審議しますから、
認定させるのは無理ですね。

投稿日時 - 2008-07-13 10:26:38

ANo.6

>家にはそのまま住み(ローンは夫)私はこれからも専業主婦でいるつもり
シングルマザーの専業主婦??
なんすかそれ!?まさか・・・これネタですよね?
それに、他の方も書いていますがローンの支払い頓挫したらどうすんの?
子連れでブルーシート生活ですか?

>夫の慰謝料と養育費ではとても生活できません
慰謝料・養育費で生活出来ないのはあたりまえ
だが、もしかして元夫は大金持ちの有名人?
大御所芸能人は億単位の慰謝料払っているようで
貴女の元夫がそういった人ならともかく
基本的に慰謝料は生活費ではありませんよ

>また私の精神状態はぼろぼろで、幸せな結婚生活を粉々に壊されとても働ける状態ではありません
それは既に精神的な病にかかっているということです。
速やかに精神科医の診察を受けるとともに
その精神状態の人間が子育てを出来るのか判断してもらうべき

いっそ親権を移されてはいかが?

投稿日時 - 2008-07-12 15:24:06

お礼

ご意見ありがとうございます。
>慰謝料・養育費で生活出来ないのはあたりまえ
だが、もしかして元夫は大金持ちの有名人?
夫は有名人ではありませんが実家が不動産を経営しており、夫は両親所有のマンションに家賃を払わずに住んでいます。なのでローンと養育費10万円は払うことは可能で約束はとりつけています。

>いっそ親権を移されてはいかが?
私の命よりも大事な子供を手放す理由がありません。

投稿日時 - 2008-07-12 23:49:45

ANo.5

今からでも、証拠集めをされてはいかがでしょうか?

それで、白なら、もう終わり。
真っ黒けなら、相手ともども夫も慰謝料でもなんでも・・・

何もせずに悶々としていても始まりません。

子供を放っておいて、デート・・そこまで付き合っていて、肉体関係がない??
そちらの方が不思議です・・・それを信じた根拠は?

もう一度、そこの所をクリアーしないから、何時までも尾を引くのでしょう。
最初に戻って、白黒を付けることをお薦めします。
話はそれからでしょう。

投稿日時 - 2008-07-12 09:11:47

お礼

ご回答ありがとうございます。
肉体関係がないというのを信じたわけではありません。
どんなに問い詰めても夫も相手の女も認めません。
証拠さえ残さなければ何してもいいんだと言わんばかりに・・・
悔しいばかりです。
法律さえそういう嘘吐きの味方なのですね。残念です。

投稿日時 - 2008-07-12 23:54:16

ANo.4

相手女性から慰謝料を取る為には、裁判の判決が必要になりますが、不貞の事実が無い(証拠が無い)のでは認められないでしょう。
夫の自白と私の日記は心の浮気の証拠ですよね。

質問の全体を読んでの感想ですが、ちょっと考えが甘いというか我儘のように感じますよ。
子供さんは元夫より養育費を貰う権利がありますが、質問者さんは離婚すれば夫とは赤の他人にもどります。なのに今まで通りに専業主婦をするための生活費を、別れる夫やその他に求めるのはおかしくありませんか?

こんな事になったのはすべて私以外の所に原因がある、だからなんとかしてほしい、という考え方では、今後のお子さんとの生活が困難なものになると思いますよ。
まずはご自分で生活をなんとかする目処を付けなくてはならないと思います。

とりあえず懸念されるのは、ローンの残った家に質問者さん達が住み、ローンは元夫が払うとのことですが、このような場合で元夫がその内にローンを払わなくなるケースがありますよ。
自分が住んでもないのに払うのはバカバカしくなるのです。ローンを滞納されたら競売になって質問者さんは強制退去になりますよ。
もっと単純に考えれば売り払われてしまうかも知れません。

別れたいけど自活できないので、我慢してる妻なんて世の中に一杯いますよ。

投稿日時 - 2008-07-12 09:09:48

お礼

ご回答ありがとうございます。
証拠はまさに私と夫が離婚しようとしているという事実にあります。

>こんな事になったのはすべて私以外の所に原因がある
まさにそれが今の私と娘達の気持ちです。
分かってくださり嬉しいです。

>元夫がその内にローンを払わなくなるケースがありますよ
夫は娘達を溺愛しており、もしローンが滞れば行き場がなく一家心中するしかないと伝えたら、そんなことは決してしないと言いました。

投稿日時 - 2008-07-13 00:00:03

ANo.3

こんにちは
心の浮気とは何らのアクションも起こさず、誰にも気付かれず密かに思っている事だと思うのですが、まあ、その定義についてはさておき、
お気持ちは良く分かります。
肉体関係なんてただ一時的な欲望の解決方法であり、そんな関係があろうと無かろうと信じたものに裏切られたという事、信じた人の心が離れたという事が問題なんですよね?
悔しい気持ちは分かりますが、相手の女性に怒りの捌け口を向けるのは筋違いだと思います。
そういう事で、社会的制裁を受けなければならないとすれば、合法的な職業である水商売の女性は皆職を失います。
また、裁判で費やす心身の疲労を考えた事はありますか?
不毛なだけで得るところは何も無いと思いますし、日本の法律は、合った事も無い人間から間接的に受けた心の傷まで保証してはくれません。
どんな夫婦にも紆余曲折はあり、赦したり赦されたりして危機を乗り越えていると思います。
ご質問者がご主人を赦す事が出来ず、離婚を選択したのでしたらその責任はご自分も背負わなければなりませんし、子供を養育する義務も夫婦双方にあります。
間違いを犯さない人間はいません。
子供から父親を奪ったのは誰であるかをもう一度考え、一刻も早く立ち直られて子供達に笑顔を見せてあげてください。
説教じみた書き込みで回答になっていないかも知れませんが・・・。

投稿日時 - 2008-07-12 09:02:24

お礼

ご回答ありがとうございます。

>そんな関係があろうと無かろうと信じたものに裏切られたという事、信じた人の心が離れたという事が問題なんですよね?
その通りです。これを読んで涙が出てきました。私の10年間の結婚生活が一瞬の浮気によって汚されたということが許せないのです。

>ご質問者がご主人を赦す事が出来ず、離婚を選択したのでしたらその責任はご自分も背負わなければなりませんし、
私も一人で娘達を育てていくという重大な責任を負う覚悟はできております。夫も金銭的には責任を負ってくれます。
あとはあの女が私の娘達にどういう責任を負うのかだけです。

>一刻も早く立ち直られて子供達に笑顔を見せてあげてください。
そうなる日を夢見て頑張ります。応援ありがとうございます。とても嬉しいかったです。

投稿日時 - 2008-07-13 00:07:35

ANo.2

結婚すると異性と遊んじゃ駄目なんですか?
デートといってしまうとなんですが、遊びに行ったり飲みに行ったり別に普通のことかと
思いますが?
肉体関係も無いのに何がご立腹か質問の範囲からだとよくわかりません。
正直言って、現状で「浮気」という根拠が無いような気がします。
ご質問は「心の浮気に対する慰謝料」との事ですが、これは不可能です。
憲法で思想の自由が保障されています。

日本国憲法第19条 思想及び良心の自由は、これを侵してはならない。

夫婦間であっても、相手がどのような思想をしてわなら無いというところまで制限するのは
基本的人権の侵害に当たります。
つまり、脳内ではどのような不倫をイメージして妄想しても、それは権利です。
あなたと別れたいな、あの子とセックスしたいなと思うのも権利です。
そういった思想に対して慰謝料を請求する権利は全くありませんので、おそらく訴えは却下、
すなわち審議にすら値しないという判決になるでしょう。

よって、
> あの女も社会的な制裁を受け、負担をするべきだと思います。

全く義務がありません。

> また私の精神状態はぼろぼろで、幸せな結婚生活を粉々に壊されとても働ける状態ではありません。
なんら法的に違法ではない行為に対して、あなたが勝手にヒートアップしたに過ぎません。

> 夫の自白と私の日記が証拠として残っています。心の浮気でも慰謝料は取れるでしょうか?
不可能です。
デートしたくらいで浮気にはなりません。


正直、質問者さんの感覚が、良いか悪いかは別としても、かなり世間の感覚からはズレている
ように感じます。
まず、現段階では「浮気」とは言いがたい言動に対して、病的なほど騒ぎ立てられている上に、
そこまで精神的にボロボロだというのに相手と一緒に住んでいたり。
色々ご事情はあると思いますが、やはり理解しがたい感覚です。

投稿日時 - 2008-07-12 06:25:02

お礼

ご回答ありがとうございます。
>結婚すると異性と遊んじゃ駄目なんですか?
随分自由奔放な貞操観念をお持ちなのですね。
自分の浅はかな欲望のためなら人の家庭を壊し幼い子供の人生まで狂わせても平気だという人間の心理が少しわかりました。

相手の女も肉体関係がないことを理由に逆ギレしておりました。
逆ギレするのは悪いことをしていると内心では分かってるからなのでしょうね。
とても参考になりました。

投稿日時 - 2008-07-13 00:15:08

ANo.1

無理です。残念ながら。

投稿日時 - 2008-07-12 02:19:10

あなたにオススメの質問