こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

多重債務完済後の住宅ローン審査

大変お恥ずかしい話なんですが、相談させてください。

3年前に、当時交際中の現主人より消費者金融に300万円の借金があると聞かされました。
結婚したら一生懸命働いて必ず返すという言葉を信じて結婚しました。
結婚資金として200万円ほどの貯蓄及びお祝い金などを全て返済に充て、足りない分は1年ほどかけて、毎月返済していました。
完済が間近に迫った頃、主人より泣きながら本当は後500万ほど借金があると聞かされました。
離婚や自己破産など色々考えましたが、一緒にがんばって返済する道を選びました。

現在、払い込みの消費者金融への借金は全て完済し、引き落としのクレカのローンのみ200万ほど残っている状態です。
長くなってしまいましたが、ここから質問です。
(1)信用情報に情報開示をし、完済になっている消費者金融に過払い請求をおこす。
(2)返還金で、クレカのローンを完済する。
(借り入れ期間は10年で、総額1000万ほど10数社より借り入れ)
(3)頭金を貯め、来年の春頃住宅ローンの審査をお願いする。
(主人:年収500万、私:年収350万 合算収入で3000万ほど借り入れ希望)
という風に考えていますが、やはり多重債務の履歴が残っているので、
5~7年は住宅ローンを組むのは無理でしょうか。
信用情報の情報開示や、完済後の過払い請求について、住宅ローンの審査に影響がある、ないなどと書き込みがまちまちで、どの情報が正しいか分かりません。
どなたか詳しい方、教えていただけませんでしょうか。
よろしくお願い致します。

投稿日時 - 2008-07-14 21:02:20

QNo.4176708

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

6人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

まずは完済済みの消費者金融に対し過払い請求しましょう。1000万を10年ほど借りていたのなら利用内容にもよりますが、500万以上返還されるのでは?気になさっている信用情報への登録ですがこれは完済だけではなく、カード取引を解約している状態である事を確認してください。解約している状態になっていれば信用情報に登録されることはありません。一部アコ○は何故か嫌がらせのように登録したりしますがこちらが気づいて抗議すれば即削除します。信用情報は全情連とCCBと2箇所の開示を請求すれば足ります。弁護士等に依頼して現在だと6ヶ月以上はかかります。絶対未払い債務の200万以上は戻ってきますから完済出来ます。実例でサラ金3社カード枠300万利用暦10年完済時210万返済で450万の過払い金取り戻しです。そこから弁護士費用20%引かれても360万手取り。絶対やられたほうが良いです
。弁護士依頼後2ヶ月ぐらいで再度信用情報を開示してください。万一登録があれば弁護士経由か信用情報機関にクレーム入れれば削除されます。肝心の住宅ローンですが、すべての債務が無くなり2~3年ぐらい経てば大丈夫だと思いますよ。事故暦は無いようですし、それぐらいあれば借入金の支払い無ければかなり貯まるでしょうし。その時に自己資金を相応に貯めていれば通ると思います。残念ながら直ぐは無理でしょうし、酷ですが御主人さんの様に借り入れする癖がある方はまた借り入れしないとも限りません。しばらく様子見も兼ねて時間をおきましょう。但し完済後フラット35ならほぼ通ります。建売や新築マンションなら完済すれば買えちゃいますが・・・注意点ですが過払い請求する業者と現在債務が残っているクレカと絶対被らない事です。もし同一である場合はその業者は後回しにしましょう。

投稿日時 - 2008-07-16 01:38:04

ANo.1

>5~7年は住宅ローンを組むのは無理でしょうか。

先ず、この5から7年という期間です。
これは、金融庁の指導で「個人信用情報機関での情報保存・開示」期間が最大5年以内と決まっている事です。
ただ、A銀行Bサラ金などが同時に個人信用情報機関に登録申請を行なう事はありません。
これだけで、登録期間終了の時期がずれますね。
それと、一度登録したからといっても、事故履歴又は事故に準じる状況が発生した場合も随時個人信用情報機関に登録します。
ここでも、また登録期間終了の時期がずれますね。
ですから、5年とか7年とかは意味がありません。

>どなたか詳しい方、教えていただけませんでしょうか。

先ず、確実な事。
過払い請求を起こした時点で、新たな個人信用情報機関にブラック情報が発生します。
請求から最低5年間は、ブラック状態ですから融資は問題外です。
同時に、各金融機関は「顧客情報」を持っています。
こちらは、金融庁の指導がないため「情報保存・活用期間は無制限」です。
過払い請求とは無関係に、ご主人の過去の借金状況が全て残っています。
融資するか否かは、各金融機関の自由判断です。
多重債務者の方は借金依存症と見なす金融機関が多いですから、過去に借金をしたサラ金・カード会社・銀行及び各関連会社での新たな融資は難しいですね。

安易な自己破産を選択しないで、完済を目指した事は素晴らしい事です。
出来るならば・・・。
借金をゼロにして、その後5年程度、今まで取引のなかった金融機関に口座を開設し、給与・賞与振込、公共料金引落などの履歴を増やし、定期的に預金を行なう事です。
100万円を一度に預金するよりも、毎月1万円を100回預金する方が信用は高いです。
この約5年間は、新たな信用構築期間と考えて下さい。

投稿日時 - 2008-07-14 22:54:26

あなたにオススメの質問