こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ルーフバルコニーの上端(笠木)からは外壁通気できない?

在来木造で一戸建てを新築しており、充填断熱、窯業系サイディング(外壁通気工法)を採用しています。
一般的な外壁であれば、基礎の水切りから入った外気が上昇し、屋根の軒天から抜けていくように通気しますが、1Fの上をルーフバルコニーにして、1Fのサイディングをそのままバルコニーの手すりとして立ち上げた場合には一般的にどのように外壁通気させているのでしょうか?
工事をお願いしている工務店の現場監督さんに確認するとバルコニーの上端に笠木(手すり)を設置しコーキングをするため、基礎水切りからは通気しているが上端では出口が無いといわれてしまいました。
現場監督さんのほうでも、良い方法があるか探してくれるということですが、一般的にどのように処理されるのか、また、そのような目的に利用できる便利な笠木などありましたら教えてほしいです。
笠木から通気する以外にも良い方法などあればアドバイスお願いいたします。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-07-15 03:44:31

QNo.4177604

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

#6 です。遅くなりましたが・・・・
参考URLの商品か? と思います。

問題は トップレールを支える ”支柱 ”の収まりです。
図面通り 笠木のジョイントは 専用の ”水切り溝付きジョイント板 ”
で 継ぎ目より侵入する雨水は外壁より外側に排水されるのですが・・・
”支柱 ”の取付は パラペット下地母材に直に止める構造ですので
笠木に明けた支柱用の ”貫通穴 ”よりの雨水を 如何にして防ぎ
万一侵入した水を どの様に 排水するか? が問題です。

私は ”雨漏り対策 ”専門ですので 今発売されてる商品の知識は有りません。
現物を見て あるいは 組み立て詳細図を見て 判断するしか手はありませんので
何処のメーカーの 何という商品が良いかは 即答出来ません。

ただ、何処のメーカーさんも ”設計 ”と ”施工 ”は別ですので
”設計者の意図 ”がしっかりと ”施工者(代理店や工務店)”まで
行き届いているか? は大いに問題です。
先の回答での 原因については 各メーカーさんの サポートセンターの方に
意見を聞きましたが・・・・
一番多かった意見は ”工務店さんが取付施工された。説明書通りの
工事が行われてない。”と云う回答でした。
なら、何処に頼めば確実な施工が出来るのか?は
”メーカーに最も近い 施工店の施工 ”では無いかと思います。

手摺付き笠木の施工は メーカーさんと工務店さんが 事前に詳細に
打ち合わせを行い 万一雨漏り発生の時は メーカーさんも引きずり出せる様に
しておかいとなりません。
ただ・・・購入ルートが変わるので 技術料等が加算されて高くなる
可能性は残ります。

笠木下の 防水ですが・・・
サイディング用の ”透湿シート(例 タイベック)”での対応が多いですが
ここはしっかりと ”合成ゴム系 アスファルトルーフィング ”を使って
下さい。ゴム系ルーフィングなら 打ち込んだ釘や ネジにからみついて
水を止めますが、透湿シートでは 穴が空けばそこから水が入ります。
タッカーの針穴でも 垂直なら問題なくても 水平面では 問題です。
笠木下の 母材は 水平面ですから 充分な防水を行わないとなりません。

非常に丁寧な工務店では 防水を内壁から笠木天場の外側まで 施工して欲しい
と云われる店も有ります。
また、某有名ハウスメカーさんは アルミ笠木下に 別途 板金笠木を捨て施工
されてる業者も有ります。

以上 アルミ笠木の問題点を書きましたので参考にしてください。

参考URL:http://www.ykkap.co.jp/cad_data/cad_data/jt/pdf/DM_HR01.pdf

投稿日時 - 2008-07-17 22:40:56

お礼

詳細なご回答ありがとうございました。

大事なのは、設計どおりの施工をしてもらうことだということが理解できましたので、アドバイスを元に現場監督さん、工務店さん、可能ならメーカーも巻き込んで間違いのない施工と、万が一の際の保証についてよく打ち合わせしてみたいと思います。

貴重なご意見を伺うことが出来て、本当に感謝しております。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-07-18 03:06:59

このQ&Aは役に立ちましたか?

30人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.8

#4ですが
普通は笠木止める場所サイデングとサイデング間防水処理しています、
内断熱工法の場合ですが、
◆軒天が有れば軒天換気
◆#5で書いたのは問題有ると思う
◆参考工法「ある工務店の」
http://jyu-denkou.com/kwww/kww.html

投稿日時 - 2008-07-16 17:07:52

お礼

何度もありがとうございます。

投稿日時 - 2008-07-17 01:06:45

ANo.7

>工務店さんの話では、雨漏りが心配なので笠木にコーキングをしたいと話していたのですが、このような笠木を施工する際、コーキングの要、不要はどのように判断すべきかご存知でしたら教えてください。

透湿防水シートで防水されますし、入ってもすぐ排出されます。また、通気によってすぐ乾くため、何ら問題ないはずです。
シーリングしないで雨漏りしたり、カビたりするなどというのは、外壁通気無しの場合と混同されているのでしょう。
グレードの高いサイディングなどは、四方じゃくりなどで、パネル間のシーリング無しですから、サイディングの裏に水が回りますが、それも問題無いことからも分かります。
外壁通気層の風速は、かなりありますので、裏に回った水も、すぐ乾きます。
逆に、排気を妨げると、乾くものも乾かなくなり、湿気も排出出来ず、問題となるはずです。

投稿日時 - 2008-07-16 16:31:41

お礼

ご回答ありがとうございます。
コーキングをすることで逆に問題となるということですね。
メーカーの設計を信じて指定の施工方法でやっていただくようにしたいと思います。

投稿日時 - 2008-07-17 01:05:23

ANo.6

アルミ笠木(アルウィトラ)と外壁の空間を ”コーキング ”で塞ぐのは
反って雨漏りの原因となります。
 築後3~5年の居宅で コーキングを施工したために起こった雨漏り現場
を最近1年間で 5件も修理してます。いずれも工務店は別々で5社です。
工務店担当者が ”吹き降り雨の侵入 ”を防ぐためにコーキングを内外両側に
施工したためです。必ずメーカー指定通りの施工を心掛けて下さい。
”笠木施工取付は 必ずメーカー指定職人で 別途保証を書かせる ”
まで考慮されても 良いと思います。
各メーカーとも コーキングは使わずに 雨を防げるように 造ってます。

再度忠告します。「アルミ笠木には コーキングは一切不要」です。

なお、 ”手摺付き笠木 (トップレール付) ”は 大手有名メーカーでも 足を支える
金具で不具合が出るタイプが有るので要注意です。
安心できるのは 手摺なしのシンプルなタイプを使うことです。

以上 雨漏り補修経験よりの アドバイスでした。

投稿日時 - 2008-07-16 15:25:47

補足

見た目や使い勝手の点から、まさにご指摘のトップレール付きのハンドレールを予定しています。
不躾で申し訳ありませんが、差し支えなければ、その不具合の内容と防ぐ方法などありましたら教えていただきたいです。
ちなみに、その不具合はメーカー指定の施工をしていてもおきてしまうようなものなのでしょうか?もしそうであれば、問題の製品を挙げてしまうのは不都合があるかも知れませんので、問題の起きないメーカー、製品名など教えていただけたら非常に助かります。
よろしくお願いいたします。

なお、我が家での現時点の候補は、YKKapのハンドレールII トップレールタイプ 内勾配型にしようかと考えているところです。
他のメーカーもいろいろとネットで探してみたのですが、見つかったのはどれも施工例がマンションの写真がメインで、在来木造一戸建てに施工されることを想定しているのかわからなかったので選択を躊躇してしまいます。

投稿日時 - 2008-07-17 00:46:52

お礼

ご経験に基づいたアドバイスをありがとうございます。
笠木やサイディングの施工にはメーカー指定の方法をきちんと確認していただいてから施工してもらうようにしたいと思います。
補足に記載した件につきましてもアドバイスよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-07-17 00:46:45

ANo.5

サイデングの裏側は、雨に濡らすと変形カビで問題起きるでしょう
ですので普通上端防水処理しています
http://www.munekanki.jp/
参考で板金屋さんに部品作って縦胴ブチの間に「15mmX10cm」笠木上端より笠木金物に当たらない範囲で取り付ける
又何か商品有るかも知れません。

投稿日時 - 2008-07-16 07:41:37

お礼

ご回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-07-17 00:37:20

ANo.4

これは難しいですね、
台風の雨漏りが笠木から多い
ルヒングとか笠木金物の間5センチ程度有るので
笠木金物の邪魔に成らない位置で外壁通気部分笠木内部に当たる程度高く出来ればね、

ペンドキャップも雨返しが設置出来なければ雨漏りの原因に成ります。

投稿日時 - 2008-07-15 20:43:44

補足

工務店さんも、メーカーの推奨の納まり通りに施工して、その結果、雨漏りして苦情が来るのを避けたいからコーキングをしたいと話していました。
なお、素人なものでアドバイスいただいた内容をよく理解できないのですが、
「笠木金物の邪魔に成らない位置で外壁通気部分笠木内部に当たる程度高く出来れば」というのは、躯体上端よりサイディング上端を高くして、笠木の下端とサイディング上端の距離を出来るだけ確保するということでしょうか?

また、No.2の回答者様の紹介のURLの資料の記載ですと、「サイディングの後ろ(外壁通気層内)に雨水が入っても下側から排水されるので問題なし」のように受け取れるのですが、雨漏りとは外壁通気層内がぬれてしまうことですか?それとも、このように施工すると通気層だけでなく躯体内部まで水濡れする可能性があるのでしょうか?

アドバイスよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-07-16 00:38:05

お礼

ご回答ありがとうございました。
よろしければ、補足に記載させていただいた事項に関してもよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-07-16 00:40:40

ANo.3

笠木の出は大きくなりますが例えば格子状の通気工法用の金物は出回っております、そのサイディングメーカーのカタログにないですかね。
以前あるメーカーの納まり図に通気の逃げ部詳細が書かれていなかった為詳細図を取り寄せた事があります。(このメーカーの納まりは金物で逃がしていましたが)

1.2の方のような方法、または金物を使う、いずれにしろ難しくは無いはずです。
水が入らないよう笠木の形状、大きさには留意すべきです。
・・・ルーフバルコニーの手摺ですとアルミあたりで笠木と一体となったものでしょうね。
笠木のタイプにより排気法は変わるでしょう、そのメーカーに聞いてみるのも肝要かと思います。
ご参考まで。

投稿日時 - 2008-07-15 12:27:09

補足

素人なもので「格子状の通気工法用の金物」というのがぴんとこないのですが、どのようなものでしょうか?
サイディングは旭トステムのAT-WALL15に決めましたが、このメーカーでバルコニー用の笠木はどうしても見つけられませんでした。
ということで、別の会社でもよいので手すり付きの笠木で通気を確保しつつ、水の浸入も防げるようなパーツをご存知でしたら紹介いただきたいです。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-07-16 00:10:02

お礼

ご回答ありがとうございます。
補足に書き忘れたのでこちらに記載させていただきますが、
水が入らない笠木の形状と大きさに留意ということですが、具体的にどのような形で、どの程度の大きさがあれば十分なのかご存知でしたらアドバイスいただきたいと思います。
よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-07-16 00:27:12

ANo.2

下の134ページにバルコニー壁の収まり図がありますが、笠木のバルコニー側をシーリングしないで、外側の通気を排気させてあげれば良いのでは。
http://www5.mediagalaxy.co.jp/nichiha/pro/tech/wall_a/wall_doc_a15.pdf

投稿日時 - 2008-07-15 10:30:13

お礼

ありがとうございました。
このメーカーさんのやり方は正に私の希望をかなえている方法に見えます。有用な情報をありがとうございました。

なお、工務店さんの話では、雨漏りが心配なので笠木にコーキングをしたいと話していたのですが、このような笠木を施工する際、コーキングの要、不要はどのように判断すべきかご存知でしたら教えてください。

投稿日時 - 2008-07-16 00:08:52

ANo.1

外壁側にベンドキャップを付ければ?

投稿日時 - 2008-07-15 08:58:09

お礼

ご回答ありがとうございます。
このアイデアはこちらでも話題にはなったのですが、見た目が悪くなるので、採用しませんでした。

投稿日時 - 2008-07-15 12:46:24

あなたにオススメの質問