こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

夫の年末調整の書類の書き方

いろいろ検索しながら探したのですが、回答が見つからず困っています。初歩的なことだと思いますが、よろしくご回答お願いします。

夫はサラリーマンです。今年から私は保険の個人代理店をしているので、一応事業主ということになりました。(白色申告予定)
年収は経費を引く前で120万円ほどです。

120万円―基礎控除38万円―経費70万円=12万円
これが書類に書く私の合計所得金額の見積額になるんでしょうか。

私は白色事業専従者になるのでしょうか。その場合、配偶者控除は受けられないのですか。

投稿日時 - 2002-12-01 23:36:37

QNo.417984

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

「所得」は「収入120万-経費70万円=50万円」で、その50万円の所得から、控除額(基礎控除のほか、寄付金や医療費や生保など各種の控除も)をひいて対象税額がでます。

投稿日時 - 2002-12-03 09:37:45

お礼

ということは、私が計算しているものから尚且つ、基礎控除38万円、自分名義の保険の控除分(5万)と寄付金(3000円)もひいたものが、申告する所得となるのですね。そうすると私は配偶者控除を33万円はしてもらえるということでいいのかな。ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-12-03 23:32:31

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

1. 合計所得金額とは、大まかに言うと事業所得や不動産所得とかいった各種所得を合計したものです。
ですから、この場合だと、
120万円―経費70万円=50万円
が、事業所得になりますから、この金額を書くことになります。
2.白色事業専従者というのは、ご主人が自営業をされていて、その手伝いをもっぱらしている家族のことですから、nononcoさんは、これには該当しません。
3.しかし、合計所得金額が、50万円あると、配偶者控除は受けられません。配偶者特別控除のみ受けられます。

投稿日時 - 2002-12-01 23:51:28

お礼

早速のご回答ありがとうございます。今書いていて、煮詰まっていたところなのです。これで早く眠れます。(T T) ありがとうございましたm(_ _)m

投稿日時 - 2002-12-02 00:04:17

あなたにオススメの質問