こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

日本で短大を卒業後、アメリカの大学編入について。

日本で短大を卒業後、アメリカの大学編入について。

今、カルフォルニアのコミュニティーカレッジに通ってるものです。
UCLAに編入を考えていますが、(専攻ナーシングです)
わたしはすでに日本で外国語大学の短期大学部を卒業しています。
UCLAのAdmissionのページには、編入するときには、
以前の大学での成績もReportしなければならない、とありますが、
日本の短大時代のGPAも、今のコミカレのGPAとあわせて計算されるのでしょうか?
コミカレのGPAは現在3.9ですが、
短大時代には、Bもいくつかとっているので、あわせて計算されると
だいぶGPAが下がってしまいます。

わたしのようなケースの場合は、
日本の短大のGPAがあまりよくないと、
いくらコミカレで好成績を収め、ボランティア活動をがんばっても
UCLAのような有名校への編入は難しいのでしょうか?

わたしの知っている韓国人は、
韓国の大学成績はBやCやFがいっぱいあったのに
コミカレで好成績を収めたため、今年の秋UCLAに編入されます。(専攻:化学)

実際のところどうなんでしょうか?
わたしも希望をもってがんばってもいいのでしょうか?

投稿日時 - 2008-07-20 06:30:03

QNo.4190085

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

29人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

Cal卒業生です。
結論から述べますと、日本の短大での成績は入学審査の際に
考慮されません。UCLAのAdmissionサイトをご覧になれば分かりますが
殆どのSchool, Departmentで入学審査の際に考慮されるのは、
UCLAへTransferableな単位のGPAのみです。従って、コミカレのあるクラスでAを取ったとしても、Transferableでない場合はそのAは意味がありません。Overall GPAとTransferable GPAどちらも見るDepartmentが稀にありますが、その場合もtransferable GPAにウェイトを置きます。
日本の短大の単位がUCLAにTransferableと認められない限り、GPAに加える必要はありません。

GPAには関係ないですが、短大時代の成績表は合否が出た後に提出する義務があります。願書をご覧になれば分かりますが、高校卒業後の学歴をすべて記載しなければなりません。また、未就学期間がある場合(就職期間は除く)それに関する説明も求められます。従って、短大を卒業したということを記載し、取得した学位についても記載する必要があります。意図的に過去の学歴を記載しないせず、後に大学当局によってその事実が判明した場合、入学許可は取り消されますのでご注意下さい。
UCは簡単に入学許可の取り消しをします。成績の改竄、学歴詐称は勿論の事、編入前の最終学期にB未満を取った場合(GPAが3.0未満。UCへの編入許可はあくまでConditionalなので)になった場合は取り消されたり、編入が延期となります。ですから、どんなに不利になるとしても
短大を卒業している事実だけは隠さないで下さい。

ちなみに、もう既にご存知かと思いますが、School of Nursingは
Impactedです。College of Letters and ScienceのImpacted(経済学、政治学、心理学、生物学等)とは段違いのImpactedです。
http://www.admissions.ucla.edu/prospect/Adm_tr/Tr_Prof08_mjr.htm#SON
↑をご覧になれば分かるとおり、合格率は6.97%と低率です。
College of Letters and Scienceの場合上記の一覧の合格者平均GPAに
留学生は0.2-0.3加えたものが合格の目安となると言われています。
残された時間はあと僅かですが、できる限り、4.0に近い成績を取ることをお勧めします。(ご友人の韓国の方は化学専攻だったので、多少楽だったのではないかと思います。)

また、TOEFLの点数を記載するよりも(これは意味がありません。FreshmanのAdmissionでもそうですが、TOEFLは足きり基準です。
また、TOEFLのPBT600点は最低ラインなのでご注意を。)
Application Essayに力を入れることをお勧めします。UCは編入に際して出願者にApplication Essayを提出させますが、実際にEssayを読むのは競争率が高く、優秀な生徒が集まるCalとUCLAのみです。UCSD以下はEssayを読まず、GPAのみで合否を出します。Cal、UCLAはApplication Poolが皆同じような高GPA、活発なボランティア活動歴(嘘を書いてもばれませんし。)を有しているため数字では差が付きません。で、どこで合否を決するかというとApplication Essayなのです。UCLAはわかりませんが、Calの場合院生も加わり、審査します。(UCLAも同じだと思います。)FreshmanのAdmissionでは地域住民からも選ばれ審査会に参加します。私の周りでUCに出願した人たちは半年間かけてEssayの準備をし、あらゆる教授にアドバイスを求めていました。早めに始めても問題ないので、できる限り早めに準備を始めてください。

最後に、やる気をそぐようで申し訳ないのですが。
School of Nursingの場合、CLSやSamueliとは異なり、特殊なScoolな為、外国人はいくら成績が良くとも入学は許可されないかもしれません。F-1所持者がいくら成績が良くともMed Schoolに進学し難いのと同じです。医療は国家(公共)事業です。「何故、米国で(UCLA)で、Nursingを勉強したいのか?」「何故、日本では駄目なのか?」これがEssayで説明できないとかなり難しいと思います。特にUCLAのMed Schoolの人間は日本が米国に匹敵する医療(医学)先進国だというのを当然知っています。米国で将来働く(米国の医療に貢献する)人間を要請する場に、何故母国で高度な看護教育を受けられる外国人を受け入れなければならないのか?このような問いを当然持つことでしょう。
あなたはこの問いに対し、熱意と論理、そして数字(GPA)をもって挑むわけです。強靭な気力と、秀でた学業成績で望んで下さい。
応援しています!

参考URL:http://www.admissions.ucla.edu/prospect/Adm_tr/Tr_Prof08_mjr.htm#SON

投稿日時 - 2008-07-22 15:49:48

ANo.4

No.2です。

日本の短大から単位を移行されていないとのことなので、GPAは別々のものになるので、下がりません。よかったですね。

TOEFLの提出は必要ありませんが、私は出しました。
(それがいいように働いたかはわかりませんが)

学部によって難易度が変わるので、できればUCLAのナーシングに編入した人でGPAがどれだけだったかを聞くのが一番だと思います。本当に学部によって、トランスファー前の平均GPAが異なります。4.0でも落ちる学部もあれば、3.5くらいでも受かる学部もあります。

短大後の1年の社会経験はナーシングにつながるものですか?UCLAナーシングに関係ないことだったら、あまり売りにならないので、文字数がもったいないので、書かなくていいと思います。とにかく熱意が伝わる自己アピールが大事です^^

投稿日時 - 2008-07-22 05:51:03

ANo.3

School of Nursingは職業訓練のための学部ですから、UCLAにこだわる必要もないように、私には思われます。最終の目標のRNの資格が取れればいいわけすからね。このコースはどちらかといえばCSUの十八番の専攻ですから、20校以上ある、こちらのプログラムも検討されてはいかがかと思います。ほとんどのCSUでNurdsing Programはあるはずですし、RNの資格試験の際にはなんの遜色もありません。

私はカリフォルニア在住ですが、ある友人はその子供3人がRN、末っ子もCCCからCal State Easy Baylの3年間のNursing Programにこの9月から進学します。規定の履修コースを終了することのほかに、このプログラムのための入学試験もあると彼から聞いていますが、UCLAの場合はどうなのでしょうか。IGETCと重なるものがあるかもしれませんが、生理学、心理学、生物学(3種)化学といった必須科目を要求しているようですね。

Transfer Admission の際の成績の審査ついては、CCCでのもので、Required/Transferable Unitについての評価が重要となります。それ以外のものや、以前の大学の単位については、昔のことですので改善線上に右上がりで今の成績があるのであれば、問題はないと思います。ただ、3.9が充分な成績かどうかは、ふたを開けて見なければ分からないようにも感じます。

RNなった、うえの友人の長男は就職した初年度、残業代もいれて、年収が10万ドルを超えたそうです。24歳でこれですから、希望者が後を絶たないわけですね。

投稿日時 - 2008-07-21 04:18:13

補足

回答ありがとうございます。

年収が10万以上とは・・・すごいですね!!
CSUについても調べてみました。
CSUといえども、Nursingは
Impact Majorのようで
毎回、F-1ビザの生徒は
2人づつしかとらないCSUもあるようです。(CSULB)
第一希望はUCLAですが、CSUも視野にいれて、
がんばりたいとおもいます^^

投稿日時 - 2008-07-22 01:38:40

ANo.2

UCLA卒です。

編入申し込み時に提出するエッセイで「どうしてUCLAでナーシングを学ぶ必要があるのか、これからのあなたの将来の目標において、UCLAナーシングで学ぶことがいかに重要か」というパッションが伝わればいいと思います。ほかにも学校外でもボランティア活動(ナーシングに関係する)をやったり、日本の短大時代のGPAの埋め合わせをすることはいくらでもできると思います。編入の締め切りは早いので、早めに動かれたほうがいいと思います。GPAも大事だけど、私の周りを見ていても、エッセイで挽回するチャンスはいっぱいありそうだなと思っています。自己PRが大事ですので、私だったら、ナーシングを学ぶためにコミカレで好成績を保っていること、ボランティアも今後のためにやっていること、など自分がUCLAナーシングのためにいかに今努力しているかをエッセイではアピールしますね。目標があり、それを達成する努力をしていること、その能力があることをアピールしてみてください!

(残念ながら、もし日本の短大時代の単位を今のコミカレに移している場合は、GPAも下がってしまうと思います。)

学部によって入学難易度が違うことも事実です。
がんばってください!

投稿日時 - 2008-07-21 01:15:19

補足

回答ありがとうございます。

日本の短大時代の単位は、今のコミカレに移していません。
ということは、短大時代の成績と、コミカレの成績は
分けて見られると考えてよいのでしょうか??

エッセイがそんなに重要だとは知りませんでした。
早めに準備にとりかかって、良いものを書こうと思います。

実は短大卒業後に一年の社会経験ありです。
それは「ウリ」として、エッセイに書くべきでしょうか?
もしくは、一年でやめてしまったので、下手にエッセイに盛り込むと
マイナスの印象になるのでしょうか?

あと、編入生はTOEFLを出す必要はありませんが、
もしTOEFLで高得点(600点代など)をとった場合、
編入の際、少しはプラスに働いたりするのでしょうか??

いろいろ質問してごめんなさい。

投稿日時 - 2008-07-22 01:24:33

ANo.1

こんにちは。アメリカの大学、イギリス大学・院卒業者です。世界ランキング2を最終学歴として卒業しました。アメリカの大学に関しても経験があるので、答えさせてもらいます。基本的に、編入する前の学校の成績が一番重要視されます。なので、日本の短大->アメリカのコミカレという順序であれば、コミカレの成績によりweightがおかれて審査されます。しかも、エッセイ等で短大の時の成績の悪さに関しての自分の反省点等を出し、コミカレでなぜがんばっていい成績をとったのか、その過程等を出してもいいかもしれませんね。ただ、編入といえどもこれはどれほどUCLAが現在の学校の単位を認めてくれるかによって、普通に3年からというよりも、1からやり直して入学許可ということもあることはありますので、あと2年で卒業したい、けどUCLAに行きたいというのであれば、そこも確認した方がいいかもしれませんね。SATは、必要じゃないんでしょうか?もし必要であれば、がんばって高得点を取ってよりアピール材料にできるようにすると、安心感が一つ増えるかもしれませんね。がんばってください。

投稿日時 - 2008-07-20 12:26:07

補足

回答ありがとうございます。

基本的にはコミカレの成績を重要視されるんですね。
少し安心しました。

単位のほうは、シラバスにも、
UC Transfer可、不可がでているので、
確認しながら履修しているので問題ないかと思います。

編入生はSATとTOEFLは必要ないそうです。
必要はないそうなのですが、
TOEFLで高得点をねらって、
印象アップをはかろうかと思ってるのですが、
TOEFLの点数も少しはプラスになるのでしょうか??

投稿日時 - 2008-07-22 01:30:53

あなたにオススメの質問