こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

高校受験 勉強がどうしても出来ない

中3です。受験生の女子です。
行きたい高校はあるんですが、今の内申(26)ではギリギリの高校です。
推薦を狙っていて、27だと確実に推薦が取れるんですが
2学期は絶対下がりそうで怖いです。
その予防の為に夏休みを利用して苦手教科を復習したいんですが
どうしても勉強できません。
理数系が大の苦手で、数学を勉強しようとして机に向かっても
睡魔が襲ってきます。イスに座ってられなくて、寝てしまいます。
シャープペンを持っていると絵を描いてしまうし困っています。
塾の自習室に行くのも面倒くさいし、本当に怠けてしまいます。
希望している高校は、近いし、見学に行きましたが
とても雰囲気のいい高校で絶対行きたいと思えました。
だけど、過去の入試問題の数学を見ると
面倒くさそうな問題がズラーッ・・・。
入試当日、固まってしまうんじゃないかと思ってしまいました。
でも、親もその高校がいいねって言ってくれるし
絶対そこへ行きたいんです。
やる気はあるんですが、勉強の仕方がわかりません。
私立なんで英語、数学、国語の入試なんですが
とても不安です。
落ちたらどうしよう、たくさんの人が受けるんだから私なんて落ちる
ってマイナスなことばかり考えてやる気が失せてしまいます。
どうすれば勉強できますか?
8月から夏期講習を頼もうとしています。
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-07-28 22:16:39

QNo.4211188

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

13人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

 そうですね、自分も似た経験がありました。

 その時は、自分はまず、その日の事柄の全部にフルパワーぶつけてやるんじゃなく、今日は宿題やる時間や、授業の、この教科ではきちんとやろう、などそういう部分的目標(一日の最低限の勉強時間や量をあらかじめ決めておいて努力するなど)を持ってやっていました。そうすると、まず、たとえわずかでもその部分的な力は付いてきます。そうすると、計画もスムーズに行えて、いわゆる自分の勉強の「形」が自然と見えて始めてきます。これによって、自分の勉強の欠点なども結構見えてきます。

 それと、お気持ちはすごくよくわかりますが、マイナスの考えは勉強の成績にもあなた自身にもいい影響はあまり与えません。”落ちるかも・・・”というプレッシャーも意外と想像以上に勉強に悪影響です。
 
 大事なことは「楽しみながら勉強する」・・・すいません、僕でも無理です(笑) でも、「日常では大いに楽しみながら、勉強に一生懸命取り組む」は大丈夫だと思います。そうすれば、勉強意欲も今よりは湧いてくると思います。学校では友達や先生と大いに笑ってください。授業はしっかり受けてください。すいません、なんだかあいまいですが、これを行えば、今よりも悩みは減るのではないでしょうか。

投稿日時 - 2008-07-30 05:44:36

ANo.4

気持ちはなんとなくわかります。

どうしてもやる気がおきないときはもういっそのこといったん全部投げ出してしまいません?
だって・・・そんなだらだらな状態で無理矢理勉強したって頭に入るわけありませんし。どんどんすり抜けて行っちゃいますよ。
そんな時は・・・ごろんとベッドか布団に寝ころがって、高校のパンフレットを出してきて、パラパラめくる。
そして自分の高校生活をちょっと想像してみる。
憧れのあの部活動・・・制服・・・何でもいいです。
それで自分を高めるんです。行きたい・・・やっぱり絶対行きたい!って。
その後、ぐっと伸びをして、フーっと息を吐く。
なんかすっきりすると思います。
それで背筋をピンッと正して机に向かいます。猫背はだめだと思います。
ここでいよいよ数学・・・じゃなくて、得意科目の問題を広げます。
これは入試科目じゃなくても何でもいいと思います。
それで、その中でも絶対解けそうだなあ・・・って思う問題をどんどん解いていく。
そしていよいよ数学です。
気持ちよく問題を解いた後なら、勢いに乗ってきっと数学だって解ける・・・はずです。

そして30分~1時間くらいやった後に、パタンと閉じてまた伸びをする。

その後は、また高校のパンフレットを見てもいいですし、好きな音楽を聴いたり・・・テレビを見たり・・・疲れを忘れられるようなことをいっぱいやる。

こんな感じでやってみてはいかがでしょうか?
あともうひとつ!出来れば早く起きて涼しい午前中に終わらせる。

生意気にすいませんでした。けど・・・試してみてください。

投稿日時 - 2008-07-29 19:51:20

ANo.3

自分は去年高校受験をしました。「なぜ受験をするのだろう?」と思うことが幾度もありました。「高校のときによい高校に行っていい大学に行くためだよ」と親に言われました。僕はそのとき自分に合う学校を探すためではないのか?と疑問に思っていました。しかし受験を終わった後考えてみると、考えは少し変わってきました。この世には勝者と敗者しかいない。現実とはこんなものです。努力した者のみが金持ちになれる。つまり勉強とは人と差をつけるためにあるのです。怠けていたたらそれだけの人生しか待っていません。自分も高校受験では敗者なので、大学では勝者になりたいと思っています。いまからだって遅くはありません。がんばってください。

投稿日時 - 2008-07-29 09:03:03

ANo.2

面倒くさいと思うご自分に鞭打って、自習室へ行く。勉強とはそんなものです。
努力して落ちるのと、努力しないで落ちるのとありますけれども、受かる可能性があるのは努力することなのですから、マイナスなことを考えてもひたすら努力する、勉強とはそんなものです。
今、楽をして後々後悔するのと、今睡魔に打ち勝って合格するのと、どちらがいいでしょうか。勉強とはそんなものです。

夏休みに部屋に籠もって絵を描きながら、寝ながらでもいいですから、とりあえず机に向かい問題集を解く習慣を付けることから初めてみてはいかがでしょう。机に向かう習慣をつけることは、勉強以前の問題です。最初の数日間を読書に費やして学習する姿勢を身につけるのも手だと思います。
ご参考までに。

投稿日時 - 2008-07-28 22:28:28

ANo.1

・立って勉強する。
 いや、冗談じゃなくて。カウンター状の場所を探して、立って勉強して下さい。

・図書館の自習室を利用する。
 たくさんの人が一生懸命勉強しています。
 その光景を見れば、スイッチが入るかもしれません。
 ただ、今の時期は滅茶苦茶混んでいますので、相当早めに家を出る必要があると思います。

投稿日時 - 2008-07-28 22:22:21

あなたにオススメの質問