こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

ボランティアについて。偽善か善か

んと、タイトルで分かってもらえたかとおもいます。
砕いていくと、ボランティア活動について、ボランティアってこと自体が、本当の善であるのか?偽善なのか?とおもったので、きいてみました。
偽善と善が対義語なのかはわかりませんが、大体意味はつかんでいただけたかと。
できるだけ沢山の人の意見がもらえるとうれしいです。



まず始めに、俺自身はどちらかというと、偽善的な行為だとおもいます。
ボランティア活動について、確かに最近だと四川省だとか宮城の栗原・岩手の奥州での自身で、多分ボランティアとして復旧への活動?みたいなのをして、現場のひとたちはすくなからず、助かっていると思います。それに、その現場でボランティアをしている人たちも、自分からすすんで被災者の方々のためになにかできないか、ということで活動しているのだとおもいます。それ自体では善なのか偽善なのか、俺はわかりません。
しかし、普段のボランティア、町でのチャリティーとかそういった募金活動などのイベント的な活動を考えると、疑問に思います。
批判するわけではないですが、そういったイベントのなかで本当に活動している人たち全員が困っている人をたすけよう。という気持ちなのか、思います。
最近東京にいったのですが、駅をでたらすぐにホームレスがいました。
俺は目をそらしました。自分の意志でそらしました。
俺がボランティアを善と考え、困っている人をたすけようとおもうなら目をそらさなかったはずだし、何かしてあげることができたはずです。でも俺はしませんでした。結局ボランティアという集団の中でしか、活動できないんだなと思いました。
それに逆に海外でいうアフリカの子供たちだとか、南米のストリートチルドレンだとか、知識が浅いのでうまくいえませんが、そういった人たちからの視点からみれば、ボランティアとはどういう風にみえるのでしょうか?俺は、考え方によっていろいろだとはおもいますが、助けにきてくれたという感じの『喜び』などの感情と、裕福な家庭が自分たちを見下しにきた、という『憎悪』の感情があるとおもいます。
前者は見たとおりわかるとおもうのですが、後者は例えばそのアフリカだとか南米の話をきいて、企業なり芸能人なり、富がある物が莫大な募金などをしていろんな援助をすることについてです。俺は100人が100人同じ考え方をするとは思っていないので、そういった憎しみの感情をもつひともいるとおもいます。
そういったことを考えると、俺にとってボランティアという活動自体はいいことというか、社会的にはいいとおもうが、そこには純粋な天然水というより雨水みたいな、不純なものであるだろうとおもいます。

最後に、これといった知識もないのにでしゃばってみました。ネットの悪い使い方ですよね。犯罪的なことさえしなければ個人を特定できないですから、ほとんど言いたいほうだいなわけですし・・・。


以上、流さずに自分の意見をうってくれたらなとおもいます。
まだ人生経験も浅く、文もところどころ変なとこがあるかもしれません。それに一方的にボランティアを否定してる言い方かもしれません。

ただ、ボランティアに関心があるだけです。良いのか、悪いのかということではなく、他の人たちはどう思うのかが気になるだけです。
それに文章は見直してません。文章的におかしくなってるところあるかもしてません。そこは流してください。

なにとぞ、『運営スタッフに連絡する』は押さないようにしてください((笑

投稿日時 - 2008-08-04 01:14:43

QNo.4226121

暇なときに回答ください

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(22)

ANo.22

「あなたは施しをするときには、偽善者たちが人からほめられようと会堂や街角でするように、自分の前でラッパを吹き鳴らしてはいけない」

新約聖書のイエスの言葉です。

芸能人などが「私はこんないいことしてます」「私はこんなボランティアをやってます」とTVで言ったりしています。そして必ず、はるか遠くのアフリカやカンボジアなど、「いかにも」といったようなところに手を差し伸べますが、年間の自殺者が3万人を超える国内には目を向けようとしません。
豊かな日本に生まれ、何不自由ない生活をしている自分自身にある種の後ろめたさを感じ、持たなくても良い罪悪感を持ってしまい、安易な贖罪意識からそうなってしまうのでしょうが、そんな彼、彼女らには豊かな日本を血と汗を流し築いてくれた先人への感謝という視点がズバッと抜け落ちているのです。
歴史と切り離されて「浮き草」のようになっている自分自身の「個」を、ボランティアをすることによって生まれる「私は確実に良いことをやっている善人だ」という自己認識で安定させているのでしょう。

私は、自分から「こんないいことやってます」と言った時点で、動機はどうあれ偽善に堕すと捉えます。
面接で自分のボランティア暦をひけらかすのも然りです。
(芸能人は隠していてもバレてしまうかもしれませんが)

古くて恐縮ですが、自らの顔を隠して悪を懲らす「月光仮面」は、「♪どこの誰かは知らないけれど 誰もがみんな知っている」 からカッコイイのです。

パンを与えないない善人よりも、パンを与える偽善者の方が良いと言う意見がございますが、それはパンを受け取る側の人が言うべきことであり、ボランティアが偽善かそうでないかという事とは別の問題だとおもいます。
「売名の為の施しなら受け取らん」という清貧の人もいるかもしれません。
 

投稿日時 - 2008-08-04 15:53:32

補足

えと、この回答で締め切りにします。
furupaiさんには申し訳ないですが、ここでちょっとあいさつというか、まとめを。

自分が予想していた以上に沢山のご意見をいただき、感謝しています。
全員の方にありがとうポイントをつけたいのですが、ここのシステム的に無理なので、とい言うよりどれが良いとか悪いとかつけたくないのもあり、つけないことします。
数え間違いがなければ重複は1人だったので21人の方々、いろいろなご意見ありがとうございました。
またの機会にここを活用していろんなことを聞いて見たいと思います。今回はほんとうにありがとうございました。

自分としてはまだ未熟者ですので、まだ結論はださないという甘っちょろい考えですが、自分の考え方をもって、胸晴れるようにしていきたいです。

あ、最後に、高校1年でといういい訳ではありますが、日本語が変だったりしたらごめんなさい。
では、また機会があったらよろしくお願いします。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-08-04 23:31:11

お礼

ご意見有り難うございます。
確かに・・・言われて見ると浮き彫りになるというか、なるほどな。とおもいます。
良い事はいいことだけれでも・・・すこし考えさせられますね・・・。
支援を受ける側の考え方や結果、どっちがいいのかは分かりませんが、しなければなにもはじまらないなあと・・・

投稿日時 - 2008-08-04 23:28:20

ANo.21

質問しか読んでいないのですが、
善か偽善か?どっちでもいいけど、何もしないよりはマシ。
と私は思いました。
どんなに動機が不純でも、
たとえモテたいからでも
就職の時にいいたいからでも
学校への受験に有利でも、
たとえ偽善でも、
何もしないよりマシです。

もし本当に善の心がある人は、地球の重みを感じて動けなくなるかもしれませんね。
だから偽善でいいと思います。
動くことで人の役に立てるのなら。

投稿日時 - 2008-08-04 15:08:49

お礼

確かに、何もしないよりは、したほうが利点というか、そのボランティアを受ける側にとってはいいことかもしれないですね・・・。
偽善か善うんぬんより、まずはやるかやらないか。といったことでしょうか・・・。

投稿日時 - 2008-08-04 23:20:12

ANo.20

ボランティアが善か、偽善かで議論になること事態、まだ日本は『ボランティア途上国』なのだと思います。#17の方が書いてるように『人として当たり前のこと』という社会的な認識になってくれば、もっと自然な気持ちでボランティアに参加できるようになると思います。もちろん一部には偽善的な目的でボランティアを行う個人や団体も存在するのかもしれませんが、それは全体から見るとほんの一握りであり、不純な動機によるものはどうせ長続きはしないので、自然に淘汰されてゆくはずです。

投稿日時 - 2008-08-04 14:35:11

お礼

ご意見有り難うございます。
認識がまだなっていないからこそ、こんな議論になるんですね。
確かに・・・朱に交われば赤くなるというか・・・周りによって感化されるものもあるんだとおもいました。

投稿日時 - 2008-08-04 23:18:23

ANo.19

「良い事をして、もしかしてコレは偽善じゃないかと悩んでいる自分が何だか良いヤツのようで、
 自分を良いヤツだと思う自分が偽善的でイヤだと思って悩んでしまっている自分が良いヤツだと思ってしまう自分が偽善的でイヤだと思って悩んでしまっている自分がまた・・・・・以下略」

 根が深いので、考えてたら何も出来ないですよ。
 また、「お友達の貧乏な子にお金をあげる」とかなら色んな葛藤が発生するかもですが、見知らぬ国にする寄付とかならお金しか届かないのでいっそ純粋で、下の方も書いてらっしゃるように

「なさぬ善より、なす偽善」
 だと思うんです。

 ボランティアは苦手です。
 駅前の募金の子供集団も苦手です。一昔前に流行ったホワイトバンド?も訳が分かりません。
 だから、ボランティアはちょっとキケンで恥ずかしいという事を忘れないように胸に留めながら、自分に出来るささやかなボランティアや募金を、しています。

投稿日時 - 2008-08-04 12:31:02

お礼

ご意見有り難うございます。
確かに、自分を疑いだしたらきりがないというか。。。はっきりしないでうやむやなままですね。
ちょっとキケンで恥ずかしいですか・・・ちょっとなるほど、と思いました。

投稿日時 - 2008-08-04 23:14:14

ANo.18

募金、ごみ収集からスキルアップできるようなボランティアまで多種多様にあり自分の目的にあったものを選べます

善意からボランティアする人もいるでしょうし、スキルアップ目的でボランティアする人もいるでしょう
人や動物と交流目的でボランティアする人もいると思います
理由も様々ですが結果的に助かる人、命があるのも事実です

そんな人たちの集まりですので
ボランティアを善、悪と一括りにすることが間違っていると思いますが
どっちだと問われれば救える国、命があるという意味で「善」になります

ボランティアと称した儲け主義団体は省いてください(笑)

投稿日時 - 2008-08-04 11:18:49

お礼

ご意見有り難うございます。
善であったり偽善であったり、どちらにしろそれを利用されて詐欺というか、そういったものがあったりするのは…ちょっといらっときますね・・・

投稿日時 - 2008-08-04 23:09:02

ANo.17

 考え方は人それぞれですが、ボランティアが善と考えて行動する人と、人として当たり前の事と考えて(別に善とは考えず)行動する人ではどうでしょう? 前者は善の押し付け的な感じがしますね。善をするつもりで行動する時点で偽善なのかも知れません。しかし善を施される側では、どう考えられようが与えられる結果が同じであれば、どっちでもいいやと思うかも知れません。
 私は偽善でもパフォーマンスでも結果として誰かを助ける事ができるならそれで良いのではないかと思います。何もしないよりはずっとマシなのは間違いないわけで、考え方よりも結果が大事だと思っています。まあ自然に善行を施せる人間になれれば良いのですけどねー。

投稿日時 - 2008-08-04 11:02:44

お礼

ご意見ありがとうございます。
結局考え方はどうであれ結論は変わらないというか、偽善だとか善だとか思ってるにかかわらず、ボランティア活動というひとつのものにくくってどう影響があるのか、ということなのかなぁと思いました。

投稿日時 - 2008-08-04 23:05:45

ANo.16

質問文の中に答えが出てますね。

>俺は100人が100人同じ考え方をするとは思っていないので

その通りです。人それぞれ価値観が違うのです。質問者さんは賢い人なんだと思います。

投稿日時 - 2008-08-04 07:12:48

お礼

ご意見ありがとうございます。
ここまでいろんな方の話をきいて、分かっている結果だけれども、その人一人一人の考え方を聞くのは、自分にとってなんだか楽しいというか、ためになる気がするんです。
お褒めの言葉ありがとうございます。ただ、自分よりも他の回答してくださったarairuさんも含めた全員が、俺は賢いというかすごいなとおもいます。
自分の意見を持って主張して、周りがいろんなことをいっているのに自分は違う、といったような強い志といいますか、なんかそういった人たちはすごいなあとおもいます。

投稿日時 - 2008-08-04 22:59:13

ANo.15

善ではあるけど、ビジネスには劣るかな、と思っています。私は人を救いたいという意識よりも、仕事につながるかもしれない、交流が深まるかもしれない、という思いの方が強いです。でも予想以上に負担が大きくて仕事の妨げになるような活動もあり、難しいなと感じています。

投稿日時 - 2008-08-04 07:04:03

お礼

ご意見有り難うございます。
前の#10のスキル向上に役立てるみたいな感じですよね?
確かにボランティア活動は時間も労力もかかり、負担が並ではないと感じます。

投稿日時 - 2008-08-04 22:51:25

ANo.14

がると申します。
一つには「心から彼らに何かをして上げたい、ってわけではなくて実は裏がね…」というケースがありえまして、これはまぁストレートに偽善かと。

ただ、私が個人的に厄介だなぁと思うのは。「心の底から何かをして上げたいと思って動く人々」です。「善」のグループにはなるのでしょうが…「善人ほど厄介なモノはない」ので。
で。果たして「厄介で且つ結果的に迷惑なモノ」が善なのかなぁ、という部分には少なからず疑問を持ってしまいます。

以上かなり斜めからの見方で恐縮ですが。

投稿日時 - 2008-08-04 04:25:55

お礼

がるさんご意見ありがとうございます。
おせっかいみたいなこともたしかにありますよね・・・『余計なお世話』って言葉があるくらいなので・・・

投稿日時 - 2008-08-04 22:47:09

ANo.13

善か偽善かといえば、偽善のほうが多いと思います。
大抵のケースは、”俺って人のために無償で働いてる。なんて立派な人なんでしょう”と勝手に思っているナルシスト、自己満足系だと思います。

でもそんなことどうでもいいです。要は役に立ってるか役に立ってないか。
ボランティアを受ける側は、彼らの労働力を無償で搾取する、ボランティアを受ける側は、勝手に満足する、それで世の中円満に回っていけば願ったりかなったりじゃないですか。労働力を提供する形のボランティアはどんどん推奨したいものです。(自分が加わるかどうかは別として)

ただ募金関係は嫌いです。募金詐欺も多いし、本来公的な存在がする事業を募金に任せていれば依存体系が出来上がるし、移植を待つ子供に対する募金みたいなやつも募金のあるなしで選別されるのは嫌いだし、残酷ですがそういった子供に死んでもらってこそ、子供を救うべき法体系ができるってものです。労働力は一過性のものですが、お金は永遠に回ってよいことも悪いこともするので、募金にしろ消費にしろ納税にしろ、財布からお金を出すときはその意義を良く考えるようにしたいです。

投稿日時 - 2008-08-04 04:21:49

お礼

ご意見有り難うございます。
募金活動はいいことだとおもっていましたが、たしかに・・・依存ですか・・・
あまり詳しくないままこんなことを聞いてしまったのもですが、犠牲があってこそ学ぶことができるってのは確かに、と思いました。

投稿日時 - 2008-08-04 22:44:56

ANo.12

ボランティアをやっている人が「自分の為の偽善」でも、本当「に相手の方の思っての善」であっても、要は受けた側の「主観」が大事だと思います。ボランティアをやっている人の心情は関係ないと思います。

前者の場合でも受けた側が「助かった」「ありがとう」と思えば結果としてそれは立派な善だし、後者の場合でも受けた側が「偽善だ」「迷惑だ」などと不快に思えばそれはやはり偽善になると思います。

大きな組織、団体でしかできないこともたくさんありますが、個人的にはボランティアは人知れずやるものだと思います。
「ボランティアやってまーす」という過剰なパフォーマンスをする人は
なんだか嫌な気持ちになりますねー。

有名人が発展途上国を訪問している場面をみると、見下しているとは思いませんが綺麗に着飾る必要はあるのか?と思ってしまいます。
日本テレビの24時間テレビも莫大な費用を使ってまでやる必要があるのか・・と思うこともありますが、視聴者に呼びかけるというのはいいことだと思います。ただ「感動」「涙」を演出するのは違うと思います。

投稿日時 - 2008-08-04 03:14:02

お礼

ご意見有り難うございます。
主観ですかぁ・・・
確かに、自分がどうとか考えているのは、結局は自分のことしかかんがえてないのかな?と思います・・・。
視聴者に呼びかけるおかげで、募金活動とかも活発になるわけですし、その点では24時間テレビはいいことだと自分も思います。

投稿日時 - 2008-08-04 22:40:34

ANo.11

私はボランティアをけっこうやってます。
今はあまりやっていないが義務的なものがけっこう多いです。
以前は私がかわいがってもらっている議員さん関係でボランティアをしていました。
その議員さんが深く携わっていた公共機関のお手伝い(駐車場整理など)やイベントのお手伝いなどです。
偽善や善とかは考えたことはないが「世話になっているからしゃーない」程度におもっていました。
献血もよくします。これは完璧に自己満足のためです。色々もらえるしデータは出るし。
臓器提供や骨髄バンクも登録しています。これも「自分がもし病気になったら・・・」と考えたからです。
はっきりいって他人を助けようなんて気はほとんどないです。だから私は偽善になるのかも。

投稿日時 - 2008-08-04 02:35:15

お礼

ご意見有り難うございました。
ボランティアについての考え方はそれぞれあって、しょうがないだとか、そんな感じでとらえる人もいれば、世界のためならば、と思っている人もいるんだなぁと思いました。
まだ献血とかしたことないので良く分からないのですが、俺はやることに意味があるんじゃないかなぁ…とちょっとおもってきました。
昨日ねてしまって今日の返事となってしまいました。ここでまとめてというのは悪いですが、後ろの方々にすぐに返事ができなくてすいませんでした。

投稿日時 - 2008-08-04 22:35:12

ANo.10

1.「やらない善より、やる偽善」
自己満足だろうが、偽善だろうが、今日の食い物が無い人のところに、食い物が届く。学校を建てるお金が行く、人手が行く方が良いと思いませんか?

2.ボランティア=志願
ボランティアには「善」という意味はありません。英語の意味を捉えれば「志願(兵)」「自発的」です。志願の動機が何であるかは、問う必要もないし、問われるいわれもありません。軍隊だってそうでしょう? 動機が何であれ、ちゃんと闘うなら兵士は兵士です。

欧米に比べて、日本のボランティア活動が弱いのは、たぶん#4のような考え方(ごめんね、別に批判しているわけではないのですよ)が有って、ボランティアをやる人に「崇高な使命感」を求めたり、「無償の愛」を求めちゃったりするからなんだろうと思いますよ。
「やりたいからやる」という意味しか、ボランティアにはありません。「何でやりたいの? 何のために?」それが、自分を高めるためだろうが、名誉心だろうが、そんなことは行為の中身とは関係ないのですよ。

私の友人(私はアメリカ在住です)で、やっぱりボランティアでホームレスの支援をしている人がいますけど、彼女の職業はソーシャルワーカーです。つまり、仕事とかなり重なる部分もあって、彼女自身のスキルを高めるという意味もある。地元では名士なので、今度日本にも招待されています。これだって一種の「役得」ですよね。

でも、これを「悪いこと」だなんて、こっちでは誰も思いません。「ボランティア活動を、自分の仕事のスキル向上に役立てて何が悪いの?」と逆に不思議がられます。

投稿日時 - 2008-08-04 02:15:39

お礼

ご意見ありがとうございます。
やっぱり質問してよかったなとおもいます。いろんな考え方や知識を学ぶことができます。
なんであれボランティアはあって、それぞれの考えがあるということですね・・・。
ボランティア=志願ってのは全然おもってもみなかったことです。勉強になりました!

投稿日時 - 2008-08-04 02:24:35

ANo.9

>助けにきてくれたという感じの『喜び』などの感情と、裕福な家庭が自分たちを見下しにきた、という『憎悪』の感情があるとおもいます。

海外(特に、一神教の国)では、↑の感情が殆ど生まれないと言って良いでしょう。

何故なら、全てが「神の思し召し」として解釈されますから、見返りを前提とした奉仕の概念も存在しないのです。

一般的な日本人にとっては、一神教の国に相当する神が存在しませんので、施しをする場合に見返りが前提になってきます。

この辺の違いは、キリスト教を中心とする一神教と、多神教との違いが理解出来ないとスッキリしない面が多いと思います。

「人それぞれ」とは言え、国と宗教観の違いから来る、大まかな意識の違いも存在する事は確かです。
http://www.ringolab.com/note/daiya/archives/002046.html

投稿日時 - 2008-08-04 02:14:07

お礼

ご意見ありがとうございます。
参考URLも見させていただきました。
知識もなかったのですこしなるほど、と思いました。
俺自身は考え方がギブアンドテイクというか、贈与論でいいのでしょうか?まぁその考え方ばっかりだったのでびっくりしました。

投稿日時 - 2008-08-04 02:18:12

ANo.8

そもそも、ボランティアは慈善活動ではありませんよ。
ひとつの明確な目的を持って金銭に捉われず活動することに、
本旨があるように思います。
つまり、四川省での活動は行う当事者が決めた意志に基づくもので、
皮肉ながら帰ってきてホームレスに手を差し伸べなかったとしても、
それは偽善だとか善だとか云われるものではないと思います。
(内心的には、助けてあげたい気持ちで一杯かも知れませんけどね。)

私は、人一人生きてゆくことってそんなに簡単じゃないと思いますよ。
簡単とかどうとかではなく、単純に一人養えばお金が倍必要になりますから。
頼りにされるのは嬉しい。でも、自分の全部身ぐるみ剥いだとしても、
その子一人を救ってあげられない現実があります。
確かに実際に現場で支援される方は素晴らしいと思います。
しかし、私たちも現地に行けないから代わりにお金で支援します。
街頭募金に立つ人も休日を圧してまで、精一杯やっているから、
たとえ少額でもお金を集めることができるんです。
「実際に現場で携わる人」と「経済面での支援」はいずれも大事です。
事業や企業というものは、自分達の生活を保障する義務がありますが、
それでも大きな組織であればこそできる支援の仕方があります。

それより『憎悪』を怖れてそのままですか?『憎悪』も人間の感情です。
実際、人間に完璧な純な人など求めてはいけないと思います。
不純と思われるのが嫌だったら、それさえも大きく受け留められるほど器のある人物になって下さいね(まだ十分お若い熱意を感じました)。
喜びも、怒りも、悲しみも同じ人間同士だから、
分かち合うことができる。それは素晴らしいことですよ。
そういえば、「世界がもし100人の村だったら」という素晴らしい話がありました。

投稿日時 - 2008-08-04 01:56:16

お礼

ご意見ありがとうございます。
世界がもし100人の村だったらってみたことがあります。30人が~人で。。。って感じで始まる本ですよね?多分ですが・・・。
お若いもなにも・・・高一は若いのでしょうか?わかりませんが・・・
俺は・・・自分にとってのやりたいこともあるし、抵抗もすくなからずあるので、現場にはいけない、というよりいきたくないです。実際にいうと。
最後の方について・・・確かになって思いました。
ありがとうございましたっ

投稿日時 - 2008-08-04 02:14:46

ANo.7

ボランティア自体は善だと思います。
私にとっての理想みたいなのは、よく時代劇とかでサムライが襲われた娘さんを助けた後で、
「せめて、お名前を~」
「名乗るほどのもんじゃございません。」
と、名前もいわず去っていくみたいなものだと思っています。
その点から、私はボランティア活動に対する功績とか表彰とか受けておられる場合はあまり尊敬しないことが多いです。
先日TVでボランティアの募金の振込先が表示されていたのですが、振込み先名に活動名と個人名が書いてありました。
それを見たときに、「なんで個人名書いてるんだ?」と嫌な気分になりました。
ただ、有名人の場合は名前を出すことにより活動しやすくなると言うこともあるかと理解しております。

ボランティアの対象も活動する人もさまざまあるでしょうから、どれが善でどれが偽善とか判断できないでしょう。

私はこう思います。
他人のボランティア活動は偽善とか善とか私が判断することではない。(ついさっき判断してますけど・・・すみません)
他人が私のボランティア活動をどう評価しようが関係ない。
その時に自分が一切の見返りを求めないでも助けてあげたい、手伝ってあげたいと思えば、行動すればいいだけじゃないか。

と、最後は理想論でしめさせていただきました。
質問者さんの意向に沿わない回答かもですね。失礼しました。

投稿日時 - 2008-08-04 01:52:50

お礼

ご意見ありがとうございます。
新しい切り口と言うか・・なんというか・・確かにってちょっとおもいましたね。
理想論、くだらないとはおもいませんよ。むしろ昔のオカンがおねだりをしたときいいそうな『●●くんちは●●くんち。うちはうち!』みたいなこと思い出しました(笑

投稿日時 - 2008-08-04 02:02:06

ANo.6

>偽善か善かっていうのはそれぞれのちがいじゃないかなぁっておもいました。

そうでしょう。そう思うならこの質問も無意味です。「人それぞれ」で終わりです。

投稿日時 - 2008-08-04 01:46:14

お礼

ご意見有り難うございます。
シンプルかつ分かりやすいです!
ghagasdgさんの意見も、NO.2より聞かせていただきました。
ただ、ちょっとその『ひとそれぞれ』でもどんなそれぞれなのかきになったのできいてみただけです。
ふたを開けてみないとわからないこともあるので・・・

投稿日時 - 2008-08-04 01:57:07

ANo.5

偽善かはそれは人によると思います。
でも良く考えたら別に偽善でも良くないですか?所詮は心の中なんですし。

>そういったイベントのなかで本当に活動している人たち全員が困っている人をたすけよう。という気持ちなのか、思います。
分かりません。ホームレスは本当に仕事につけない人もいれば、初めからやる気の無い人もいるという意見もあります。
少なくとも、援助も出来る範囲があるんですからホームレスがいるのも仕方ないでしょう。一般人には、住処の用意は出来ないし、仕事を作ることも出来ない。
あなたが目をそらしたと言っても、ただのあなたの性格に起因することなのかもしれませんし、
集団にいないと何も出来ないと言っても偽善かは分かりません。

あと、ストリートチルドレンに悪く思われたとしても、だから不純という事にはならないと思います。
よく思わない人は思わないでしょう。そこはなんでも同じです。

投稿日時 - 2008-08-04 01:38:17

お礼

ご意見有り難うございます。
目をそらしたってのは性格的になんかいままでの自分に嘘をついた感じがしたからかもしれません。感覚的だったので・・・・。
結局なんか人っていろいろなんだなと思いました。結論がまとまりません・・・。

投稿日時 - 2008-08-04 01:53:25

ANo.4

僕は偽善だと思ってます!自分の周りにもボランティアに積極的に参加する人がいるのですが、結局のところ自分でいろいろ経験して自分の価値観など自分を高めようとしているようにしか見えません。結局ボランティアといいながら動機としては自分を磨く、高める為と思ってしまいます。
中には本当に相手を思って行動してる人もいるのかもしれませんが…

あくまで僕の思うボランティアです(>_<)ただ単に自分の心が狭いだけかもしれませんが…
知識も何もないのですみません。

投稿日時 - 2008-08-04 01:37:55

お礼

ご意見ありがとうございます。
知識もなにもないのは俺もです。(笑
ボランティアって奥が深いなあといままでの回答をみて思いました。
結局のところ自分中心か、自分を犠牲にするか、という二者がおおいようなきがします。
心が狭いとか、そんなことはないと思いますよ。それぞれの考え方ですから。同じ考えもいれば反対の考えもいるし、中立だっている・・・。少なくとも俺は共感できますし。

投稿日時 - 2008-08-04 01:49:01

ANo.3

偽善というのは見返りを求めないで人を助けることです。
善というのは見返りを求めて人を助けることです。
善悪の本来の機能・存在意義を考えて以上のような結論になりました。

投稿日時 - 2008-08-04 01:36:56

お礼

ご意見有り難うございます。
えと・・・正直いって良く分かりません・・・。
偽善と善がぎゃくではないのでしょうか?
すいません。。もうちょっと補足していただけるとうれしいのですが・・・ここまで書き込んでもらって申し訳ないです。

投稿日時 - 2008-08-04 01:44:50

ANo.2

偽善だとは思いません。救われている人がいる以上は。
偽善という言葉は非常に攻撃的で醜い言葉です。私はとてもじゃありませんが、時間とお金と労力と犠牲にして他者の為に動く人を偽善とは言えません。
むしろボランティア行為を偽善だと批難する人間こそ、何も生み出さず、問題も解決せず、自己満足に陥ってる人だと思うのであります。

投稿日時 - 2008-08-04 01:29:40

お礼

ご意見有り難うございます。
俺自身は、偽善とか善とかうんぬんより、助かっているってことは事実だとおもいます。ただ、それが偽善か善かっていうのはそれぞれのちがいじゃないかなぁっておもいました。
これはこれ、あれはあれ、みたいな、数学のテストみたいな固定された考え方じゃないとおもうので、そこだけちょっと意見してみました。
確かに・・・時間とお金と労力は、大切なものですね。

投稿日時 - 2008-08-04 01:38:37

もちろん偽善のボランティアも存在すると思います。進学や就職、地位や名誉の獲得のため。でもその偽善のボランティアも完全な善意で行われているボランティアと同じぐらい助かっている人がいるのではないでしょうか。
ホームレスのすべてがそうとは言いませんが、現状に甘んじてる、またはホームレスに至るまでにそう成らざるを得ない特殊な理由(パチンコで借金とか)がある人の環境と
地震などの災害はどう足掻いたって避けられなかったもの、という環境とではずいぶん違うような気がします。個人でてきることと集団でできることの範囲では後者のほうが多いように思いますし。
援助を受ける側の視点ですが、私もわかりません。でも助かっているのは事実です。
個人の感情は知りつくすことができません。私は以上のように割りきって考えてしまいました。

投稿日時 - 2008-08-04 01:29:16

お礼

進学のことも思ったんです。大学だとか高校だとかで推薦や面接で『何をがんばりましたか?』みたいな質問で『ボランティアで社会に貢献しました』とこたえるようなことです。
『社会性のある自分』を演じてる人も世の中にはいるんだろうなあとおもいました、もちろん本当に社会性のある人もいるでしょうけど・・・。

ご意見ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-08-04 01:42:52

あなたにオススメの質問