こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

日経平均、ダウ、ナスダック、連れ高。

日経平均がダウやナスダックに連れ高するように、ダウやナスダックが 影響を受ける指標って存在するのでしょうか?
例えば、ダウが暴騰したら日経平均があがるように、この指標が暴騰したら ダウやナスダックが上がる確率が高くなるような指標は存在しますか?

投稿日時 - 2008-08-07 14:32:32

QNo.4234580

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

当然、いろいろあります。

まず、最近良く反応するのは原油です。
原油が景気を悪くしている一因とされているため、
原油が下がるとダウが上がる、上がると下がるという傾向にあります。

次に多くの経済指標になります。
アメリカのGDP、雇用統計、失業保険申請件数、消費者支出、
などアメリカや世界の景気をあらわすものに対してダウやナスダックは影響を受けます。(指数とは少し違うかもしれませんが)

あとはヨーロッパの株式指数(ドイツのDAX、ロンドンのFT100など)
にも大きく連動します。

また1の方がおっしゃってるようにアジアに連動することもありますし、いろいろです。

時間軸としては、
アジア、欧州、朝方のアメリカの経済指標という順番で数字が出てきますので、そこにサプライズがあればそれに連動するというイメージだと思います。

投稿日時 - 2008-08-07 22:40:05

お礼

丁寧にご返答ありがとうございます!原油やヨーロッパ株式指数に注意して、取引していきたいと思います!
経済指標にも気をつかっていきます。

投稿日時 - 2008-08-08 06:36:52

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

>日経平均がダウやナスダックに連れ高するように

上記が成立するという前提でダウやナスダックが上がる確率が高くなるような指標、ということでしたら、それこそ裏返しの日経平均だと思います。

ダウやナスダックが上がる時には日経平均が上がるということなら、日経平均が上がる時にはダウやナスダックが上がる時ということになります。

AとBに相関があるならば、以下のどちらも成立します。
Aが上がっているときにはBが上がりやすい
Bが上がっているときにはAが上がりやすい

投稿日時 - 2008-08-07 20:04:41

お礼

なるほど、そういう考え方もあるわけですね!とても参考になりました。貴重なご意見ありがとうございました!

投稿日時 - 2008-08-08 06:38:07

あなたにオススメの質問