こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

パソコンが無くてもひかり電話は使えますか?

NTTのホームページを見てもよく分らず、こちらに頼らせて頂く事にしました。
昨日、NTT東日本Bフレッツのひかり電話の工事をしました。一戸建住宅です。 そこで、もしパソコンを使わない事になった場合どうなるのか心配になりました。
質問
1.専用のルーターがあればひかり電話は使える?
2.その場合、基本料金はネットしないなら固定に戻した方がお徳です  か?

NTTの営業さんには外とパソコンの設定をちょっと触るだけで簡単な工事だからと言われ、気軽に申し込んだら、電話の差込口を換えられてビックリしてしまいました。
しかも、ひかり専用だからルーターを通さないと電話出来ないとの事。
もしひかりを解約するなら再工事が必要かと思うのですが、その場合の費用なども分ればお願いします

投稿日時 - 2008-08-08 09:30:44

QNo.4236394

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 1.>専用のルーターがあればひかり電話は使える?
 現在、Bフレッツ+ひかり電話を利用中ですので、そのまま同じ
ひかり電話用ルータを利用してひかり電話を継続します。
インターネット接続用のPCを外すだけです。(無線LANの
レンタル時は、専用コードレスホンを使用していなければ、無線LAN
カードを返納します)
(専用コードレスWI-100HCを使っている場合は、PC側の
レンタル無線カードのみ返納します)
 インターネット未利用タイプのひかり電話ルータは、存在しません。
(NTT西日本では、ひかり電話用VoIPアダプタがありますが。)
インターネットを使わない場合は、プロバイダの契約のみ止めれば
コスト削減にはなります。(月に数百円から2千円ほど・契約中の
プロバイダに請求されている料金を、確認してくださいね。)
 ただし、プロバイダとの契約がNTTのBフレッツ料金も合算する
契約(withフレッツ)ですと、2年以内の解約時に違約金を
請求される場合がありますので、NTTとの契約/プロバイダとの
契約の内容を、よく確認してください。 

 2.>その場合、基本料金はネットしないなら固定に戻した方が
   お徳です  か?
 はい、一般的にはお徳です。
 固定電話回線基本料は住宅用で1750円ほど、それに通話料が利用分
掛かります。(質問者様の月々平均使用料を、私は知りませんが)
 通話料は通話先が、固定電話の市内・市外・県外・国際等で大幅に
料金体系が違います。携帯電話にかけた場合もかなりの料金になりますね。
 Bフレッツ+ひかり電話の場合は、Bフレッツの使用料(回線基本料
4100円+屋内配線料200円+終端装置利用料900円)に
ひかり電話基本料(基本は500円もしくは光電話エースで
1500円)がかかります。(戸建ての場合ひかり電話用ルータの
利用料はかかりません)すべて税抜きの金額です。
 付加機能を使わない場合、ひかり電話の5700円と、固定電話の
1750円と比べれば一目瞭然です。
(ひかり電話エースと同様に、固定電話でナンバーディスプレィや
ボイスワープ等を使えば、付加使用料が2000円ほどになるので
6700円対3750円)

 それに、通話料(固定電話であれば全国一律3分8円(税抜)です。
(携帯電話・国際電話についても、固定電話の単位料金より安い設定に
なってる。)(固定電話からでも割引サービスの契約内容によっては
そちらが安い事例はありますが)

 現在の通話料が2千円以下ならば、概ね固定電話にしたほうが安いと
思われますよ。
 通話先により、料金シュミレーションをしないと、はっきりとは
いえないのが、実情です。

投稿日時 - 2008-08-08 21:04:55

お礼

回答ありがとうございます。凄く丁寧な説明で分りやすく、大変助かりました。  

投稿日時 - 2008-08-08 22:43:37

ANo.4

このQ&Aは役に立ちましたか?

14人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.3

No2で回答した者ですが、料金体系について補足します。
(個人相手の料金体系はサービスパック等が多くてあまり詳しくありませんので、あしからず…)

まず、光ファイバーを使ったインターネット網での通信を利用するにあたって、以下の料金がかかります。

1.回線利用料
これは、インターネット網まで接続するための回線を利用する為の料金です。
屋内配線利用料が追加で必要になる場合もあります。
基本的に月々支払う形になります。
NTT東日本のBフレッツの場合:4100円(税抜き)+屋内配線料200円(税抜き)

2.光電話利用料
光回線を利用した電話網を利用する為のサービス料です。
基本的に月々支払う形になります。
NTT東日本の場合:1500円(税抜き)

3.プロバイダ料
これは、通信利用料になります。回線を利用して、Webページを見たり通信を行ったりする為に必要になります。
基本的に月々支払う形になります。
料金は各プロバイダやサービスプランによって違います。

4.機器レンタル料
ルータ等の機器のレンタル料です。
基本的に、月々支払う形になります。
ONU:900円(税抜き)
光電話用ルータ:480円(税抜き)

5.工事費
近くの電柱から光回線をご自宅に引き込んだり、ご自宅内で回線を這わしたりするための工事費になります。
基本的に、工事が必要な時に必要になります。

また、サービスパックを利用されていた場合に、解約時に違約金が発生する場合があります。

これらの中で、基本的にはすべて必要な費用となるのですが、「光電話のみを利用する場合」にはプロバイダ料は必要ない事になります。
おそらく、whiterat11さんはこの事を言われているのでしょうが、結局回線使用料が月額料金の中で大半を占めるので、サービスパック等を利用した場合には、プロバイダ契約をしていても費用的にはあまり変わらないかと思います。

投稿日時 - 2008-08-08 11:23:13

ANo.2

私の実家と同じ状態ですね。
ルーター及び、ONU(光回線終端装置)の電源さえ入っていれば、パソコンを立ち上げていなくても電話は十分使えますよ。

ただし、基本的にインターネットの料金が発生しますので、固定電話の方が基本料としては安くなると思います。

私見で恐縮なのですが、質問者様がどのような年齢層の方なのか分かりませんが、昨今ではパソコンは「あって当たり前の物」となってきていると思います。
そして、パソコンがある=インターネットができる事が当たり前にもなってきています。
費用的に負担ではないなら、インターネット+光電話が一番お得だと思いますよ。

投稿日時 - 2008-08-08 09:54:57

お礼

回答ありがとうございます。補足説明もしてくださり勉強になりました。

投稿日時 - 2008-08-08 22:40:55

ANo.1

1.光電話のみで使えます(ルーターは無料リースです)
2.ネットは解約すべきです(解約すればネット料金はかかりません)

投稿日時 - 2008-08-08 09:50:36

お礼

回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-08-08 22:36:11

あなたにオススメの質問