こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

クーデター?

「佐山の新日契約解除が発端でクーデターが発覚して猪木・坂口が社長・副社長を辞任、新間営業本部長が退社」
↑これはなんですか?

投稿日時 - 2002-12-12 10:53:01

QNo.426033

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

「これ」って、文章全体を指してます?
参考URL を読めば解決?

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/rino-toukon/dojo/hihyo-4.htm

投稿日時 - 2002-12-12 11:03:23

ANo.1

このQ&Aは役に立ちましたか?

5人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

1983年、サマーファイトシリーズが始まった頃、
新日本プロレスは、猪木の会社「アントンハイセル」が
急におかしくなり倒産というニュースがながれ、
選手の中で動揺がおき始めてた。
その時、タイガーマスクで人気絶頂の佐山聡が、
猪木達の首脳を追放して新日本プロレスを興行専門の会社を
起こそうと画策した。しかし、事前に計画が漏れ成功しなかった。
しかし、佐山と同じ不満を持つ山本小鉄らは、選手、フロントの署名を
集め、猪木の退陣を迫った。
これは猪木の会社の私欲化に対しての痛烈な抗議の現れであった。
要求が通らなければ全員リングに上がらないという強行姿勢
であったため、猪木は社長辞任、坂口は謹慎処分、
新間は退社という結果になった。
これが新日本プロレスのクーデターである。
この後、追われた新間は前田明を誘って、UWFという新しい団体を作った。
猪木もそれに加わるよう資金5000万円を用意して、猪木の参戦を待った。
しかし、猪木は5000万円受け取ったのにもかかわらず動かなかった。
思うように選手が集まらず、浦田氏に全て任せて、
新間は、自らプロレス界から静かに、去っていった。
1984年、4月11日、UWFは大宮スケートセンターで旗揚げ興行が
行われたが、猪木、藤波、長州の参戦はなく、ラッシャー木村、
剛竜馬、グラン浜田が参戦のみであった。
これが新日本のクーデターの前夜、前後です。

新日本プロレスは、いつの時期でも内部に大きな爆弾を抱え、
いつ分裂をしてもおかしくない事態ですが、その都度、
猪木のカリスマ性と選手の抗争、対立の図式で乗り越えて来ました。
多くのファンは、うさん臭いし、サスペンスもあるという風に認識し、
それが、プロレスの裏の面白さということで応援している
といったところでしょうか。

投稿日時 - 2002-12-15 20:13:24

あなたにオススメの質問