こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

弁護士が...

友人の事です。
友人は離婚裁判中です。彼は奥さんに刑事告訴をされました。
もちろんそのような事実はないんですが。
会社での昇給もないし、やりたい仕事にもつけない状況です。
(訴えられているから)
弁護士に不起訴になるように働きかけてもらって
その事実無根を証明してほしい!
不起訴なのか起訴なのか!
と何度も何度も聞いたそうですが
弁護士はまだ警察から連絡が来ない・・・と言うだけ。
かれこれ4年が経とうとしている昨日やっと不起訴と手紙が届いたそうです。しかし喜びはつかの間
日付をみるとなんと!17年○月○日不起訴と書かれているじゃないですか!彼は3年も前に不起訴と出ていたのにもかかわらず
何度もどうなったのか聞いたにもかかわらず・・・・と怒りがこみ上げてきたそうです。その3年間会社では肩身のせまい思いをしてきたのに3年も前に不起訴と出ていたなんて。
弁護士としてどうなんでしょうか?
ちなみに彼はまだその事を弁護士に言ってないそうです。
教えて下さい。彼は傷害事件の費用も払ってます。ちょっとひどい話しですよね?

投稿日時 - 2008-08-20 23:04:27

QNo.4266109

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

4人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(4)

ANo.4

弁護士へ依頼して、依頼者が納得できる回答や行動が受けられずに、費用を払ったということですよね。
不起訴の通知もどのような経緯なのか、わかりませんが、弁護士へ依頼していて、理解できない状況に陥っているのであれば、通知が遅れた云々以前に弁護士にも問題はあるでしょう。

他の弁護士などを利用して、その弁護士に損害賠償の裁判などをするとか、懲戒請求するとか、が考えられるでしょう。

もう少し、話を整理できなければ、弁護士も依頼を受けづらいでしょうね。ご友人と一緒に考えるのは良いですが、法律は弱者の味方に見えても、使う人の味方なのです。使う人によっても結果は違いますし、争いごとは同じものはありません。あなたが変に知識を得ても、あなたの説明でとらえ方が変わる可能性もあり、最悪あなたの行動によりご友人に損失を与えかねませんよ。WEBでの意見は参考にする程度にしましょう。

投稿日時 - 2008-08-21 13:13:50

お礼

傷害事件という事で弁護士に依頼したんです。
結果奥様に暴力をふるったという事実はなかったと認められました。
弁護士は忙しいのは重々承知ですから
しつこく電話したりはしない彼なんですが
この件に関してはやはり職場での立場等あるので1日も早く解決したいと必死でした。
3年も前に解決していたとは本当に驚いてます。
確かに私はここでの情報を鵜呑みにはしませんし彼にも言うつもりはありません。ben0514さんの言う通り私の行動や言動で大変な事になったら困るし・・・
ただこういう時はどうしたらいいのか
みなさんはどのように考えるのか知りたいと思いました。
アドバイスありがとうございました。

投稿日時 - 2008-08-21 19:16:17

ANo.3

大変な状況でしたね。
文章から読み取れなかったのですが、依頼した弁護士さんの怠慢が問題なのですよね。これは、よくあることですよ。依頼したのに一切処理していないということもあるのです。裁判の依頼を忘れていたというすごい人もいます。弁護士さんは、多いときで100件もの訴訟を抱えてます。
という私の身近でも同じ事がありました。法律が変わって移管手続きができない状況で移管手続きをしてしまい、裁判所でもチェックが漏れてそのまま何ヶ月も放置されたのです。それでも、どこにも言えませんでした。味方の弁護士を責めても今後の訴訟に影響するからです。
お気持ちはわかりますよ、でも、弁護士会ってどちらかと弁護士よりに処理を上手く行って紛争を収めるところで二人の弁護士さんに囲まれて結構厳しく対応されるので逆に落ち込みますよ。結局無駄足になることもあります。ただ、私の知人は弁護士会の対応をボイスレコーダーにとって日弁連になんどもメールしたり頑張りました。それでも、何もありませんでした。
確かに昇級の機会を逃したり、会社でお辛い状況だったでしょう。でも、それが今更変わるとは思えません。不起訴であろうと、訴えられたことが問題なのです。家庭内の問題がそこまで大きくなることは、男性にとって致命的です。それよりも、これからどう信頼関係を生きていくかが重要ですよ。逆にそう言ったしがらみを乗り越えたんだから強さは備わったはずです。それでも会社を辞めなかったご友人はすごいと思います。

ご友人の離婚裁判の期間がずいぶん長いように感じました。早く解決できるといいですね。

投稿日時 - 2008-08-21 09:48:04

お礼

こんばんわ
アドバイスありがとうございます。
確かに弁護士さんは忙しいから...と彼は言ってますが
今回の件はあまりにもひどいなと思ったんです。
男性は仕事場にこのような事がからんでくると本当にいずらいでしょう。しかし彼は悪い事はしていない!と自分を信じて今まで頑張ってきたのですごい精神力だと思います。green-101さん暖かいお言葉ありがとうございました!

投稿日時 - 2008-08-21 19:09:37

ANo.2

お話が何を言っているのかよく分らないのですが、

> 友人は離婚裁判中です。彼は奥さんに刑事告訴をされました。
> もちろんそのような事実はないんですが。

この文章で「そのような事実」にかかるのは「刑事告訴」ですが、刑事告訴の事実は無いのですか?
だったら後半の不起訴の話がよく分らないですね。
何をおっしゃりたいのかさっぱり分りません。

> 会社での昇給もないし、やりたい仕事にもつけない状況です。
そもそも何について告訴されたのかという話がふっ飛んでいるので、何ともいえません。

> 弁護士に不起訴になるように働きかけてもらって
> その事実無根を証明してほしい!

それなら裁判しかないですよ。
不起訴というのは事実上の無罪ですが、白黒つけたわけではありません。

> かれこれ4年が経とうとしている昨日やっと不起訴と手紙が届いたそうです。
どこから誰に届いたのですか?

> 彼は3年も前に不起訴と出ていたのにもかかわらず何度もどうなったのか聞いたにもかかわらず・・・・
あなたの文章の特徴は、文章の基本である5W1Hになっていないため、何を言っているのかさっぱり分りません。
この話、次のケースが考えられます。
(1)検察は3年前に不起訴通知を弁護士に送っていたのに、弁護士の怠慢で今まで依頼人に渡されなかった
(2)検察の怠慢で、3年前に不起訴が確定していたのに、通知を怠っていた

このどちらかによって、追求すべきところは全く異なります。
しかし・・・
> ちなみに彼はまだその事を弁護士に言ってないそうです。
との事ですから、彼に直接通知が来たのでしょうか?(普通はそうだと思いますが)
とすると、弁護士は検察に働きかけても、発行権限が検察にある以上、弁護士責めたって仕方ないでしょう。

> 彼は傷害事件の費用も払ってます。
で、それが何か?
そりゃ依頼したなら金払って当然でしょ。

投稿日時 - 2008-08-21 02:08:17

ANo.1

事実ならば確かにひどいですね。
その弁護士が所属する弁護士会へ、「懲戒請求」をする方法があります。
また、弁護士会によっては「市民窓口」などと名付けた弁護士への苦情受付窓口を設けているところもあります。
まずは所属する弁護士会を調べてみてはどうでしょうか。

投稿日時 - 2008-08-21 01:31:43

補足

おはようございます。
ちょっと意味がわからない長文を読んでいただきコメントありがとうございます。私は法律に詳しくないので
何て書いてよいかわからなくて・・・
3年も前に出ていた不起訴のお知らせが今頃届くなんていったいどういうことか・・・彼にしてみれば事実無根なんだ!と会社に言いたいから1日も早く・・・という気持ちで待っていたんです。
弁護士には「何故3年も前に出ていたのに今頃・・・忘れていたのか!」と言いたいと怒ってます。
やはり弁護士会なんですかね?
アドバイスありがとうございます。

投稿日時 - 2008-08-21 07:14:03

あなたにオススメの質問