こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

本ばかり読んでいて偉くなった人はいないという国語の先生

夏休みもあと10日ほどになりました。読書感想文の宿題は終わりましたか。中学校時代、別の学年で国語を教えていた先生は「本ばかり読んでいて偉くなった人はいない。」と保護者会で話をしたそうです。偉人伝を読むと、世に名を残す人はたいてい読書をよくする人だと信じていただけに、この先生の発言(しかも保護者会での発言)には納得できません。余計なお世話かもしれませんが、読書指導の先頭に立つべき国語の先生が保護者会でこんな発言をして、校長先生や教頭先生の耳に入ったら問題が起きそうです。読書はそんなに悪いことなのか、ご意見をお願いします。

投稿日時 - 2008-08-21 15:50:02

QNo.4267567

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

こんにちは。

「本ばかり読んでいて偉くなった人はいない」

「偉人伝を読むと、世に名を残す人はたいてい読書をよくする人だと信じていただけに」

この2つに矛盾点を見出すことはできません。

世に名を残す人は、たいてい、読書もするし、読書以外のこともしているのではないでしょうか。

極端な例えを言えば、
一生引きこもりの人が毎日1冊のペースで本を読んでも、人々に影響を与えて世に名を残すような人にはなりにくいのではないでしょうか。

投稿日時 - 2008-08-21 15:57:56

お礼

ご回答ありがとうございます。一生引きこもりのひとが毎日1冊のペースで本を読んでも、人々に影響を与えて世に名を残すようなひとにはなりにくいのではないでしょうか。というお考えはわかりやすい例だと思います。

投稿日時 - 2008-08-23 14:30:15

ANo.2

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(11)

ANo.11

国語の先生は、どんな理由があろうとも「本ばかり読んでいて偉くなった人はいない。」といってはいけません。
どんな理由があろうともです。

今どきの保護者に、そんなことを言えば、その言葉が一人歩きするのは、わかりきったことです。
そんなことがわからないその国語の先生は、本当にアホだと思います。

そして「国語の先生が読書しなくてもいいと言った」といって、読書をしない子供も増える・・・救い様がありません。

投稿日時 - 2008-08-22 13:31:01

お礼

ご回答ありがとうございます。国語の先生は学校での読書活動の推進役だけに納得できなかったのでOKWAVEで皆さんの意見を聞いた次第です。「国語の先生が読書しなくていい」こんなことをいう生徒がいるんですね。

投稿日時 - 2008-08-23 13:40:34

ANo.10

この先生のお考えである「本ばかり読んでいて偉くなった人はいない。」についてですが、参考としましてショーペンハウエルの言葉に次のような言葉があります。「読書とは他人にものを考えてもらうことである。1日を多読に費やす勤勉な人間はしだいに自分でものを考える力を失ってゆく。」(『読書について』(岩波文庫))つまり極端にいえば、読書をすればするほどバカになる。との理屈です。国語の先生はこのことを踏まえて話したかどうかわかりませんが、私の考えでは読書は主体的に読むものであり、著者の考え方につねに批判の眼、すなわち自分ならどう考えるか、その考え方は正しいか、などと考えながら読んでいくべきものだと考えます。とくに「偉くなる」には、世の中に対して受け身の姿勢でなく、こうした批判的、創造的な姿勢で向かう必要があるでしょう。
国語の先生も前後の文脈なしに、切り取られた言葉を一人歩きさせられ、浅薄に言動を批判されてはたまったものではありませんね。おそらくその言葉に続けてなにか生徒または保護者に未来を切り開く言葉を話しているはずです。批判されるのは決してこの国語の先生ではなく、話を半分しか受け取ることができない保護者の側だと思います。

投稿日時 - 2008-08-21 22:30:17

お礼

ご回答ありがとうございます。ykgtstさんの読書観を興味深く読ませていただきました。

投稿日時 - 2008-08-23 13:46:14

ANo.9

読書は悪いことではありません。
いいことです。
国語力をつけるのには、読書が一番です。
参考書で勉強した人の国語力は、薄くて底が浅い。テスト向きの国語力は、社会へ出たら役に立ちません。

国語の先生は、どんな理由があろうとも「「本ばかり読んでいて偉くなった人はいない。」といってはいけません。
どんな理由があろうともです。

本当にアホな先生ですね。
言うのであれば「インターネットばかりやっていて、偉くなった人はいない。」です。

投稿日時 - 2008-08-21 18:05:03

お礼

ご回答ありがとうございます。butch-dogさんの回答は手短ななかにお考えがよくまとまっていました。参考書で勉強した人の国語力は薄くて底が浅い
とのお考えには同感です。

投稿日時 - 2008-08-23 13:55:08

ANo.8

「本ばかり読んでいて偉くなった人はいない」
この言葉のポイントは、「本ばかり」の「ばかり」にあります。
先生は、本だけを読んでいても偉くはなれないという意味のことを言いたかったのではないでしょうか。決して、読書を否定したのではないのです。
本だけを読んでいて、そこで得た知識や知恵を行動で生かそうとしないのでは偉くはなれない。偉くなった人はみんな、本を読み、そこで得た知識、知恵を実際の行動に生かして、世のため人のためになる活動をしたのだ。
人間は、読書をしているだけではなく、実践が伴わなくては偉くはなれないという意味合いのことを伝えたかったのではないでしょうか。

偉くなる為には本を読むことは必要です。
では、本だけを読んでいれば偉くなれるのでしょうか?
そうであれば、人間はみんな徹夜で読書をして、読破した本の数を競うようになります。
10万冊読んだ人は偉い人と言えるのでしょうか。
もちろん、10万冊の書物を読んだというのであれば、それはそれで偉いのひと言ですが、この場合は、いわゆる偉い人とニュアンスが異なりますね。

人間は他人が得た体験、知識を、読書という行為を通して自分のものとしてゆきます。そういう意味において、読書は「経験の移植作業」なのです。この多くの人々の体験や知恵、知識を自分の中に移植し、思考、行為の源として、それらをどのように生かし発展させるのかを考え、さらに多くの人の意見を取り入れ、多くの人の支援を受け、そこから新たな知恵を生み出し、人々の役に立つ活動につなげられたときに初めて偉い人と言われるのではないかと思います。

偉い人への第一ステップは読書かもしれません。しかし、さらに幾つかのステップを登ってゆくことを忘れてはなりません。
頑張って読書を続けてください。

ただ、「偉い人」というもの自体が、曖昧な基準のうえに成り立っており、非常に抽象的ですから、あまり使いたくは無い言葉ではありますね。

投稿日時 - 2008-08-21 17:09:09

お礼

ご回答ありがとうございます。読書で得た知識をきっかけに何かを実践することが必要とのご回答は全くおっしゃるとおりです。

投稿日時 - 2008-08-23 14:00:53

ANo.7

>本ばかり読んでいて偉くなった人はいない

>読書はそんなに悪いこと
は含まれていません
校長先生も教頭先生も教育委員会でも
問題になる発言には取れませんね。

投稿日時 - 2008-08-21 17:01:27

お礼

ご回答ありがとうございます。

投稿日時 - 2008-08-23 14:05:27

ANo.6

あなたは読書がたいそう高尚で教養チックだという
固定観念に凝り固まってますよね。

>本ばかり読んでいて偉くなった人はいない。

そのとおりです。そういう格言もありますよね。
佐々木健介とその奥さんの子育て論でも読んだらどう
ですか。すばらしいことが書かれている本です。
この本は読んでもよいです。

投稿日時 - 2008-08-21 16:44:50

お礼

佐々木健介氏ご夫妻の著作、是非読んでみたいと思います。参考文献のご提示、ありがとうございます。

投稿日時 - 2008-08-23 14:10:06

ANo.5

>「本ばかり読んでいて偉くなった人はいない。」

この発言の前後が記述されていないので何とも言えませんが、
本ばかり読んで頭でっかちの人間にならずに、本から得た知識を元に
様々な分野に視野を広げろ、という意味で言ったのでは?
「読書が悪」とはどう読んでも捉えられないと思いますが。

むしろ本を読め読めと機械的に押し付ける読書指導が多い中、敢えて
「国語の先生」がこのような発言をしたということは、問題が起こるというよりはむしろ素晴らしいことだと思いますが。

かえってあなたの方が頭でっかちになってると思います。
その先生の言葉を字面だけではなくよーく噛み砕いて理解できる人間に
なって下さい。

投稿日時 - 2008-08-21 16:44:33

お礼

ご回答ありがとうございます。本から得た知識を元に様々な分野に視野をひろげろ。と言う考えには全くその通りです。

投稿日時 - 2008-08-23 14:15:51

ANo.4

>「本ばかり読んでいて偉くなった人はいない。」

こっから

>世に名を残す人はたいてい読書をよくする人だ
>読書はそんなに悪いことなのか

ここに至るには論理の飛躍がありますよね。

先生は別に読書を否定していないと思いますけど。

>読書指導の先頭に立つべき国語の先生が保護者会でこんな発言をして、校長先生や教頭先生の耳に入ったら問題が起きそうです。

ちょっと頭でっかちかな。読書も経験もまだまだ足りなそうです。

投稿日時 - 2008-08-21 16:14:29

ANo.3

どんなニュアンスでいったのかが分かりませんので、何ともいえませんが、「本ばかり読んでいて偉くなった人はいない。」という文字だけで見た場合、読書の否定をしているとは思えません。

言葉足らずのところはあるかもしれませんが、読書のほかにいろいろなことをやることで偉業は成し遂げられるということをいいたかったのだと思います。

投稿日時 - 2008-08-21 15:58:55

お礼

ご回答ありがとうございます。読書のほかにいろいろなことをやることで偉業は成し遂げられる。というお考えには賛成です。

投稿日時 - 2008-08-23 14:21:39

ANo.1

読書が悪いと言っているのではなく、
「本を読むだけで頭でっかちになってはいけない。
自分自身で体験することも必要」
という意味なのではないですか?
本を読むこと自体は否定していないと思いますが。

世に言う偉人という人は、本から得た知識だけではなく、自分で動いて実証したり、
本に載っていない知識を得たからこそ、偉人と呼ばれる存在になったのだと思います。

投稿日時 - 2008-08-21 15:55:55

お礼

ご回答ありがとうございます。「本を読むだけで頭でっかちになってはいけない。自分自身で体験することか必要」という意味でこの先生もおっしゃたのだとおもいます。今回、私のOKWAVE投稿で最多の12通のご回答をいただきました。読書の秋に向けて、みなさんが良い本に触れることを願っています。

投稿日時 - 2008-08-23 14:40:49

あなたにオススメの質問