こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

初期虫歯の治療はすぐ削るものなのでしょうか?

私は乳歯のときに針で突いたような小さな虫歯ができたくらいで、永久歯になってからは学校の歯科検診ではひっかかったことがありません。

今20代半ばですが、学校を卒業して歯科検診がなくなってからも、とくにどこかが痛いというわけでもなく、目で見ても虫歯らしきものは見当たらないので、歯医者にも20年近くかかったことはありませんでした。
でも、さすがにずっと検査しないのも不安なので、どこかにいい歯医者さんがあったらざっと見てもらいたいなぁと日ごろ思っていたのですが、周りの人たちから「このあたりは石を投げれば当たるくらい歯医者はあるけど、ボッタクリが多い」と聞いて、自覚症状も特にないのでなかなか行けずにいました。

そのような状態で先日、生まれて初めて口内炎ができてしまいました。
慣れない痛みに耐えかね、口内炎の治療ならどこでも同じようなものと思い、家から一番近い歯科を受診してきました。

そのときに、これまでの事情を説明してついでにざっと診て欲しいとお願いして診てもらったところ、

歯科医:「20年ほど歯医者にかかったことがないってことは、虫歯になりにくい体質ですね。虫歯になりにくい人って、歯磨きちゃんとしない人が多いんだけど、まぁまぁ磨けてる方だし、Cなんとか(?)って虫歯になりかけのもあるけど、たぶんならないでしょう。ただ、歯並びもいいために狭い隙間とかに歯石がたまってるから、今日ともう1回とに分けて歯石をとりましょう。」

ということだったので、歯石とりをお願いし、ドリルのようなもので(けっこう痛かったです)取ってもらいました。

痛くても、あと1回行けばすっきりするものだと思い、1週間後行ってみると、歯石取りまでは前回と同じだったのですが、取りながら先生が「ん?」と言っていて、終わってから歯の模型を持ってきて、

「奥歯のかみ合わせのところに、少し変色してるのがあるから、この2本は少し削って詰め物したほうがいいね。あとの?本も、虫歯になりやすい人だったら進行するけど、なりにくい人でも10年後には虫歯になってるだろうから、僕も悩みどころだけど、いまやっておいたほうがいいと思うよ。でも、タダでできる話じゃないからねぇ。まぁ、でも2本は確実にやったほうがいいから、次回の予約はしておいて」と早口で言われました。

私自身が歯科から縁遠かったため、あまり虫歯の治療には詳しくないのですが、「削る」「詰め物」という言葉に強く抵抗を感じています。

支払いを済ませ予約を取るときにも、
私:「どうしても削らなければいけないものなのですか?」
と聞くと、
歯科医:「削るっていっても大げさなものではなくて、エナメル質っていう部分を少し削るだけです。象牙質まで削っちゃうとだめだけど。詰め物も、最近はフッ素入りのが出ててね。半年後に歯の掃除に来てもらったときでもいいけど、1回か2回で終わるからいまやっておいたほうがいいよ」

と言われ、結局NOと言えずに、予約を入れてしまいました。

帰ってきてもやはり、詰め物をした後の
・詰め物の隙間から本格的に虫歯になってしまう。
・キャラメルなどを噛んだら取れてしまって再治療の必要がある。
という不便さが気になり、焦って治療することに不安を感じています。

ネットでも虫歯の治療について調べて友人にも相談したところ、「お前はいつもなんでもそうやって断れずに帰ってくるからだめなんだ。そんなんだったら300万円の壺でも今買ったほうがいいって言われたら買うぞ。だいたい10年後になるかもしれん?それで詰め物までするって大げさだろ。口内炎の薬出すだけと歯石取り2回で逃す患者が惜しいから治療を長引かせようとしてるんかもしれん。削って詰め物してしまってから後悔するくらいなら予約キャンセルしとけ。」

と言われました。

自分でも確かに納得いかないので、とりあえず予約はキャンセルして様子を見ようと思うのですが、どこかでセカンドオピニオンでも聞いて同じ事を言われたら、性格上2回目はもうNOとは言えないような気がするのです。

同じ経験をお持ちの方、詳しい方などいらっしゃいましたら、どんなことでもいいので、最近の虫歯の治療や歯科事情、よい歯科医の見分け方など、今回のケースを相対化できるような情報をいただけたら幸いです。

よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-08-23 14:35:07

QNo.4272269

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(1)

ANo.1

初期虫歯の場合の選択肢は2つです。
1.さっさと治療する
2.経過観測を行い進行するようであれば治療する。

どちらを選択するも最終的には患者さん(質問者さん)の判断でしょうが
2を選択した場合は進行しない様なケアと定期的な専門家のチェックが
必須になります。

恐らくいま通われている先生は質問者さんが長く歯科に通われていなかった事
、今後も定期的に通われるか分からないことから今治療をする事を薦めたの
でしょう。

治療方法としては文面から推測すると齲蝕部分を少量削ってレンジと言う
樹脂(フッ素放射性)をつかって詰める方法を考えられているのでしょう。
一般的な治療方法で正しい選択だと思います。

もし現時点での治療が嫌であればその旨つたえ今後の対応方法を相談すれば
無理に治療しないのでは。

結構良心的ないい先生だと思いますよ。

投稿日時 - 2008-08-23 16:47:38

あなたにオススメの質問