こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

交通事故で弁護士に依頼

交通事故で後遺障害11級を認定されました。相手保険会社からの提示額は300万程でした。まず行政書士に相談に行った所、1000万くらいの請求になるので裁判が良いのではないかと言われました。まず自賠責に請求をし、330万が振り込まれ行政書士に50万支払いました。行政書士より弁護士を紹介してもらい面談に言った所、年収が低い為(アルバイトなので)実質200万程の請求になってしまうので調停になりますと言われました。正直ショックですがこれ以上保険会社との交渉は無理と言うのもありますし、保険会社の提示額より少しでも増額すれば・・と思っています。弁護士報酬は増額分の25%です。
請求額の200万の為に100万支払うと言うのはどうなのでしょうか?

投稿日時 - 2008-08-23 14:37:08

QNo.4272273

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

どうもこうも、はじめに行政書士にいったあなたの間違えです。
ここの回答でも、しばし「行政書士へ」という方がいますが、おそらくまわし者なのでしょう。
そもそも行政書士はこういった法律業務を取り扱えません。
法的根拠は次のとおりです。

弁護士法第七十二条  弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。

たしかに行政書士にも借金関係の処理など一部の弁護士業務が解禁されていますが、あくまで行政書士は法的判断ができません。
ただ文書を作って提出するだけなら行政書士でも良いのですが、争いや交渉がある領域は弁護士で無ければ太刀打ちできません。
にもかかわらずに行政書士に行ったあなたの間違えです。
なぜあなたは行政書士に行こうと思ったのですか?

> 請求額の200万の為に100万支払うと言うのはどうなのでしょうか?
それは仕方ないでしょう、あなたが自らそういう方法を選択したのですから。
唯一できる方法とすれば、弁護士の報酬は自由に設定できますから、高い弁護士もいれば安い弁護士もいます。
いろいろ見積もりを取って安い方を探すという方法もあります。
http://www.bengo4.com/index.asp

もちろん高い弁護士だから勝てるとは限りませんが、安いかろう悪かろうがないとも言えません。
あくまで自己責任でご利用ください。

投稿日時 - 2008-08-23 14:51:08

お礼

早速のご回答有り難うございます。
行政書士へは保険会社からの提示額が妥当なのかどうなのかを知る為に
相談したところ、後遺障害の等級も数値の誤りが考えられ、異議申し立ての可能性もあったので裁判を含めその方向でお願いすることにしました。
今思えば結局異議申し立てはしなかったので自賠責請求のみで50万と思えばちょっと悔しいです。でもその時点では自分では保険会社との交渉は限界だったのでしょうがなかったと言う部分もあります。
最初から弁護士に行った方が良かったのでしょうか?

投稿日時 - 2008-08-23 15:34:21

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

ごめんなさい。アドレスが間違っていたので、貼りなおします。
http://www.n-tacc.or.jp/

投稿日時 - 2008-08-24 19:30:32

ANo.4

こんばんは。
私も交通事故に会い、後遺障害で保険金を受け取りました。
私も年収が低かったので、受け取ったのはたいした額ではありませんでしたが…。
相手の保険会社との交渉ですが、まず、自分で本などで調べて、自分がいくらくらい受け取ることが出来るのか、実際に調べた方が良いと思います。(大きい本屋に行けば計算式も書かれた、解りやすい本が売っています。)それから日弁連交通事故センター http://www.n-acc.or.jp/
 に行って、弁護士の先生に相談されるのが良いと思います。日弁連交通事故センターでしたら、無料で妥当な金額を算出し、無料で相手の保険会社と交渉してもらえます。そして、裁判にしたら良いかどうかも答えてもらえます。私は3人の弁護士の先生と相談し、無料で弁護士の先生に示談していただき、初めに相手の保険会社が出してきた金額の2倍以上の額を受け取る事ができました。
お金を受け取るまでには、何ヶ月もかかると思います。
頑張って下さい!!

投稿日時 - 2008-08-24 19:27:32

お礼

回答頂き有り難うございます。
今思えば日弁連に相談したほうが良かったのかなぁ・・と思っています。参考にさせていただきます。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-08-24 23:12:10

ANo.3

> 行政書士へは保険会社からの提示額が妥当なのかどうなのかを知る為に相談したところ、
そういう話ではなく、なぜその判断を弁護士ではなく行政書士に依頼したのかを知りたいという話です。

> 最初から弁護士に行った方が良かったのでしょうか?
ANo.2氏言われているようにようは使いようですので、行政書士が絶対に駄目だとは言いません。
弁護士とは何か、行政書士とは何か、それを十分理解してからどちらに頼むか考えるべきです。
例えば、そば屋でカレー注文しても出てきます。
でもマズイです。
カレーが食べたいならカレー屋に行けばいいのです。
もちろんカレーやだからといって、絶対に旨いとも限りません。
それと同じです。

投稿日時 - 2008-08-24 00:28:42

お礼

やはり弁護士と言うのは敷居が高いと思ってしまいました。。

投稿日時 - 2008-08-26 00:09:25

ANo.2

専門家は使いようです。
なぜ行政書士へ相談しに行ったのでしょうか?
行政書士でも交通事故関連の業務を行う場合がありますが、内容証明等を利用した請求などを代理で行うぐらいと、請求額の計算ぐらいでしょう。それも、事故関連を専門にしていない行政書士では、良い相談結果にはならないでしょう。

行政書士に支払った50万は行政書士への報酬なのでしょうか?弁護士への手付けなどが含まれているのでしょうか?含まれているのであれば、弁護士報酬と相殺されるのでは?と思います。

手元に残るお金が増額するのであれば、弁護士への依頼も良いでしょう。手元に残るというのは支払う報酬を除くということですよ。
また、自分で対応が出来ないのであれば、依頼するメリットもあるでしょう。

投稿日時 - 2008-08-23 15:13:26

お礼

回答頂きありがとうございます。事故を専門にしている行政書士で自分でも色々調べた結果相談したのですが・・
ご意見を参考に考えてみたいと思います。
50万は弁護士への報酬で弁護士は着手金なしの成功報酬です。

投稿日時 - 2008-08-24 23:03:01

あなたにオススメの質問