こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

子供にサンタは本当にいるのと聞かれたら、なんて答える?

もし子供にサンタさんは本当にいるのかと聞かれたら、なんて答えたいですか?
色々な状況が予想できますが取りあえず大きく分けて、いる、いない、自分で調べてごらんあたりに分かれそうですね。



:以下、特に読まなくても良いです。
私がここで印象に残った話ですが、夢がなくなるから、いないとは言わないほうが良いという人もいますね。
個人的には、子供なりに色々考えてるわけだし、成長や変化はあって当然でそれは喜ぶべきことなのに、何故否定されなければならないのかなという気がします。
友人の一人に聞いたら、
サンタを信じてるなんて小さい子なんだからそんな子に自分で研究しろだなんて言っても無理、夢を与えるべき
と言います。

投稿日時 - 2008-08-27 20:15:53

QNo.4283413

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

お前はどう思う?
実は、お父さん(お母さん)もプレゼントが枕元に置いてあった事はあるけれど、サンタさんを見たことはないんだ。
と逆に子供に問いかけます。

子供の想像力はすごいです。
素敵な答えが返ってくると思いますよ!

投稿日時 - 2008-08-30 06:39:25

お礼

素敵な答えですか。
そう言われると、想像力を失わせたくないといっても、「枕元にプレゼントを置いているのはサンタさんだよ」という必要はないかもしれませんね。
もし、本に当たると、「親がサンタ役やってたのかなーんだ」って思うかもしれませんが。

そういえば、サザエさんでタラちゃんのプレゼントをマスオさんが置いたシーンがあり、視聴者から「子供の夢を壊すな」と苦情があった事件があったらしいです。
少なくとも、子供が本当の所を知りたいと希望していないのなら、あえてそういう事を教える必要も無いと思うんですよ。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2008-08-30 08:12:19

このQ&Aは役に立ちましたか?

19人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(13)

ANo.13

「かつていた」と言う。

その子供が私の子供なら、私の言わんとする事を、
この一言ですべてを聞き分けるであろう。

よその子供や、私の子供でも聞き分けない場合は、
おそらく「今はいないの?」と聞いてくると思われるが、
これには「今は消息不明だ」と言う。

いるのかいないのか誰にもわからない。
探したければ探すがいい。
いたらどうするのか、いなければどうするのか、
それをまず決めておく必要がある。
と言う。

いるのかいないのかだけを単純に知りたいのかも知れないが、
私はなぜ子供がそのような質問をするのか、そこに興味がある。

投稿日時 - 2008-08-30 19:29:14

補足

http://okwave.jp/qa714413.html
http://okwave.jp/qa180240.html
この質問がすでにありました。ごめんなさい。
検索の仕方が悪かったのかな。
ちなみに、将来私が聞かれたら、公認サンタがいることに触れて、あとは(つまりそのサンタが来ているのかなど)自分で調べてごらんと言うと思います。
多分ね。

未来のサンタさんやサンタさん経験者などの意見が聞けてよかったです。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-09-10 16:24:55

お礼

む。難しい回答ですね。誰にも分からないということは、子供時代はサンタが来ていたと信じていたという事かな?
それとも疑問を持った時点で、成長したと見てここでサンタさん卒業?
分からない、探したければ探せ、いたらどうする。研究して大きくなりなさいって事ですよね。
なぜ質問をするかは、単に好奇心でしょうか。きっかけは、本などの情報との矛盾か、サンタさんの動機や方法に関する疑問なのか様々でしょうが。
大きくなってくると疑問を持つようになり、本当なのだろうか、何故可能なんだろうかと思うようになりますね。
それは良いことなんですが、だが夢が…、でも夢をとると子供の真実を知りたいと言う希望や研究心が…と色々と考えなければならないところがあると思います。


ありがとうございます。

投稿日時 - 2008-08-30 20:04:03

ANo.11

まだ子供はいませんが、将来そうなったときのことを考えて。

私は「いるよ」と答えます。
この間、フィンランド公認のサンタが1人いることを知ったので、それをありのままに伝えます。

投稿日時 - 2008-08-30 01:53:32

お礼

ありのままに「いる」ですね。
そう考えるとこのアンケートの質問って不適切ですね。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2008-08-30 07:45:44

ANo.10

No.3ですが、やっぱり知らなかったんですね。
日本人サンタはパラダイス山元と言う芸能人なのかよく分かんないけど年に数回タモリ倶楽部に出演したり、今は分かんないけどスカパーで番組やってたりする人で、ヨーロッパの方で日本人として唯一公認されていて、去年ニュースで見て知ったけど北半球が夏の時期に何処かの国で行われるサンタの会議みたいなのにもちゃんと参加してます。

投稿日時 - 2008-08-28 19:29:35

お礼

そうだったんですか。
なるほど。嘘じゃないですね。
日本でサンタは一人で、正体もバレているんですね。

補足ありがとうございます。

投稿日時 - 2008-08-29 02:12:58

ANo.9

「さぁ?会った事ないからわからない。でもプレゼントをクリスマスにサンタさんからもらってるんでしょう?」
と言ってました。

小4の息子は、青森のサンタランドに行った時、本物のサンタに会って以来信じきってます。
年賀状でその時の写真を同級生に送ったら、周りの同級生もその写真で信じたみたいです。

投稿日時 - 2008-08-28 08:45:18

お礼

これ、子供の研究心に応えるにはちょっと弱いですが、夢を与えたいなら良い返答かもしれません。
分からないと言いつつも肯定論寄りで、こうなんじゃないの?この状況はどうなの?と思考を促すことになりますね。
実際の経験は信じさせるのに良いですね。行けないのなら、下で出ているサンタからの手紙を利用する手もあります。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2008-08-29 02:08:05

サンタさんはいるよ~。
声は見えないけど、あるでしょ?
気持ちは見えないけどあるでしょ?
手のひらに何か握ったら見えないけどあるでしょ?
サンタさんも見えないけどいるんだよ~。
って言うかな?

大きくなったら。。
プレゼントは大人が買ってあげてるよ。
大人はサンタさんの真似をしたいからそうしてるの。

でもサンタさんはいるんだよ。
サンタさんはいい子にしてると
目に見えない、いいことをくれるんだよ。
ほんとは大人にもくれるんだよ。
誰も気づかないくらいの 
ささやかないいことだけどね。とか?

大人のわたし自身がそう思っています。

いる、いない。。いろんな話の中から
いるかいないか
いつか子どもが選んでいくんでしょうね~。

投稿日時 - 2008-08-28 02:02:42

お礼

これも夢があります。
そもそも、超自然的な事って科学を持っても誰も良く分かっていないんですよね。それを研究することも、信じることも夢があります。
子どもが選んでいくんでしょうね~。そういうのを見るのが子育ての良さなんだろうな。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2008-08-29 01:47:12

ANo.7

サンタさんはいます↓

http://www.santa-net.co.jp/

投稿日時 - 2008-08-28 01:47:24

お礼

こういうのもあるんですね。
サンタさんの手紙が着たんでしょという論も出来ます。
そういえば、米航空宇宙防衛局がサンタさんを追跡してるとか。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2008-08-28 18:21:00

ANo.6

「サンタさんはいるんだよ、お父さん、お母さんの心の中に。 だから、クリスマスには、心の中のサンタさんが、(約束を守る良い子には、プレゼントを買ってあげなさい。 サンタと、お父さん、お母さんとの約束だ!)と、言ってるからね。 お父さんも、お母さんも、サンタさんとの約束は守る。 だから、良い子にしていたら、サンタさんになるんだよ、お父さん、お母さんは。 お前は約束を守れるかな? サンタさんはいないと思うかい? いないと思ったら、お父さん、お母さんの中にいるサンタさんはいなくなるよ。」
と去年、話してみました。
意外に理解して、「その時」は良い子にしていましたね。(笑)

投稿日時 - 2008-08-27 22:57:03

お礼

こういう論もあるんですね。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2008-08-28 18:16:13

ANo.5

隣のおじちゃんは実はサンタだからこの回覧板
回すついでにお願いしときなさい。>(゜∀゜)

子供はこう使おう(゜∀゜)

投稿日時 - 2008-08-27 21:15:34

お礼

ありがとうございます。
夢と実用を兼ねてますね。
クレヨンしんちゃんに出てきた、一年間お手伝いをすればサンタさんが来るというルールを思い出しました。

ところでもしやあなたはサンタさんでは?!
クリスマスはwiiを持ってきてください。欲しいです。

投稿日時 - 2008-08-28 17:44:30

ANo.4

絵本で「かかがくのとも傑作集 サンタクロースってほんとにいるの?」(福音館書店)は、お勧めです。
うちの息子は小学校5年生くらいまで信じていましたね。
もう幼稚園の時から、おませなお友達から
「いるわけないやん。お父さんとお母さんがプレゼント買ってくるんやで~」
とバカにされながらも、この本読んでたせいか、私の
「サンタクロースさんはいい子にしてて、絶対来てくれると信じてる子供のところにだけ来るのよ。○○君とこは、プレゼントもらえないとかわいそうだからお父さんとお母さんが代わりに買って来るんでしょ。」と言う言葉をすっかり信じて、12月になるといい子にしてましたね。
さすがに6年生になったときは、押入にしまってあったプレゼントを探し回って、「なんだ、やっぱりお母さんが買ってきてたんや。」と、バレてしまいましたが。

投稿日時 - 2008-08-27 21:13:45

お礼

福音館書店って児童書の出版社ですね。
肯定論の立場から、色々な疑問に答えるようですね。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2008-08-28 17:40:45

ANo.3

「いるよ。日本には1人、多くはヨーロッパにね。」
と本当のことを言うだけです。

投稿日時 - 2008-08-27 20:37:10

お礼

え。そうなんですか。
ありがとうございます。

投稿日時 - 2008-08-28 17:33:55

懐かしい質問です。
うちの子供たちは手紙を書いたり、
お菓子を机に置いておいたりしていました。

が、小学校に入ってから聞かれましたね~。
○○君がサンタなんていないって言ってた。親が買ってるんだって。
ホント?って。
そのとき私は
サンタさんを信じている子供のところには来てくれるよ。
信じなくなった○○君のところへは来てくれなくなっちゃんたんだね。
だからサンタさんの代わりにお母さんやお父さんがプレゼントを
くれるんだよ。
て答えました。
小学3年生くらいまでは信じていましたね。

サンタさんを信じていたことって
温かくてとってもいい思い出だと思います。
信じている間はそう思わせてあげてもいいんじゃないかなって
思います。

投稿日時 - 2008-08-27 20:26:31

お礼

やっぱり友達との話がやっかいですね。
信じている子供のところには来てくれるというのは、信じさせるのに良い案だと思います。
サンタさんを信じてるのって楽しいですね。私もその事については悪い記憶は全く無く、楽しかったんですよ。
サンタさんの存在を信じさせるって、スケートをしたい子どもにスケートをさせないというような具体的な制限を与える行為ではないですし。
成長は早いほど良いというのと矛盾しますが、最終的にどっちが良い影響を残すんでしょうかね。


ありがとうございます。

投稿日時 - 2008-08-28 17:30:39

ANo.1

自分が親の立場だとして:
サンタさんはいるけれど、もっと貧しい子供たちのところへ行くから、うちへは来ない。
私がサンタさんの代わりになってあげる。

投稿日時 - 2008-08-27 20:24:01

お礼

貧しい子供たちのところへ行くというのは夢のある肯定論ですね。
また、自分をサンタさんの変わりとすることでやりやすくなりそうです。

ありがとうございます。

投稿日時 - 2008-08-28 17:04:43

あなたにオススメの質問