こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

オリンピック強化費を増やす計画は税金の無駄使い?

オリンピック後のニュースを見ていて、オリンピックの選手強化費には40億くらいしか使われていなく、もっとお金をかければもっと金メダルが取れると言っていました。イギリスはその良い例でお金をかけた分今回沢山金メダルととれたとか。

日本でオリンピック強化費を増やすとなると税金から当然使われます。私みたいにスポーツに興味がない人だと、税金の無駄使いとさえ思ってしまいます。テレビのコメンテーターも普段はいろんな事に税金の無駄使いといっているのに関わらず、オリンピック強化費は賛成していました。よくわかりません。強化費を増やして金メダルなどメダルを沢山とれたとして、日本に何かメリットみたいなものはあるのでしょうか?

投稿日時 - 2008-08-28 10:12:23

QNo.4284604

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

> メダル獲得が公共の福祉に役立つ、という意見もありますが、根拠が薄弱です。
> 50億をメダルに費やすより、年金や医療の足しにした方が、よほど公共の
> 福祉に役立つというのは言うまでもないでしょう。

 スポーツにお金を使う話になると、必ずこういうことを言う人が出てきます。
50億円は見方によっては、大金にもはした金にもなります。

 スポーツに費やすのは多くの人にとって途方もない大金のようですが、実の
ところ年金や医療の足しにするにははした金に過ぎません。しかも国家予算の
性格上、スポーツに使わない金は年金に回す、ということはありえません。

 たしか15年ほど前だったと思いますが、スポーツ基金みたいなものを作って、
その運用益をスポーツ振興に使うというアイデアが出たことがあります。うろ
覚えですが、1000億円を年5%で運用して、年間50億円を使うというアイデア
でした。当時の金利水準では、年5%はわりと妥当な数字でした。

 ところが一部の官僚が、「 スポーツ界で 50 億円なんて使えないでしょう 」と
ケチをつけたりして、結局、この話はなくなりました。日本の頭の固い官僚が
いかにスポーツに対して無理解か、本当に情けなくなりました。国の予算から
見れば、50 億円なんてはした金ですよ。それもスポーツに回わせないようなら、
日本は文化のぶの字もない、スポーツ・文化後進国に成り下がることでしょう。

投稿日時 - 2008-08-31 02:15:00

ANo.12

このQ&Aは役に立ちましたか?

7人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(13)

ANo.13

スポーツは好きです。
がんばったヒトがメダルをとり、喜んでいる姿を見れば国民の心は潤うでしょう。スポーツが盛んになったりするかもしれません。メリットとかそういう以前の心の問題なんじゃないでしょうか。

ですが、お金をかければいいというものではないと思います。なんでもお金で解決しようとする姿勢が見えて、私は賛成ではありません。

ただでさえ無駄なことにばかり使われていて
納めなきゃいけないイヤな出資である税金から徴収するより、
応援したいという国民やスポンサー企業が自発的に投資したほうが
お金に暖かみが宿り、プレッシャーや力になるのではないでしょうか。

投稿日時 - 2008-09-01 16:17:57

ANo.11

良くも悪くも強化費の中身次第ではないでしょうか。

まず昔の社会主義国のような「ステートアマ」作りや一握りのトップクラスの選手の強化(これももちろん必要ですが)にだけ使うのであれば、一般の納税者の共感を広く得るのは難しいと思います。そうではなくて、スケート場などの施設の整備をすすめて競技人口を増やしたり、幅広くジュニア選手のなかから素質のある逸材を発掘したりするといった、地に足のついたスポーツ振興策を含む強化策ならば、大方の納税者にある程度の額は認めてもらえるのではないかと考えます。

ただし現在の日本は価値観が多様化していて、国民すべてがオリンピックでの多くのメダルを目の色を変えて求めるような時代ではなくなっていますので、「オリンピックでの好成績」はあくまでもこうした地道なスポーツ振興策の一部としての「強化策」の結果であって、メダルが唯一・至上の目的ではないことは明らかにしておく必要があると思います。

投稿日時 - 2008-08-30 10:13:42

ANo.10

すべてを無駄か無駄でないか、メリットがあるか無いかで価値観を決めるべきではないと思います。
一見、無駄と見えるものから人間は心の豊かさと余裕を養う事が出来ます。
ご質問者がどのような生活をされているかは分かりませんが、ご自分の周りには一切の無駄は無いのでしょうか?
無駄こそ心を潤すオアシスの役目があるかも知れませんよ?
自分の趣味や考えと合わないから税金の無駄使いと考えるのは心が狭く我がままだと思います。

私の今住んでいるマンションは、入居して約4年になりますが、共有部分の水道使用は禁止です。
使用を許可すると洗車に使う人がいる。それは車を持っていない人もいる事を考えれば不公平だ、ということらしいです。
しかし、ではエレベーターはどうでしょう?
一階に住んでいる人はまず使いません。
税金も一個人の好みでは使途は決められません。
ましてや、その本質はどうあれ、国民の大部分が熱狂して観ているオリンピックですから、選手を育成する為に使うお金は無駄使いとは思いません。
運動だけでなく、芸術や医学の研究費などにも日本はもっともっと税金を拠出すべきです。
その為のお金を惜しんで、どうして経済大国と言えるのでしょう。
カサカサの潤いのないエコノミックアニマルではなく、情操豊かな日本人を目指すべきだと思います。

投稿日時 - 2008-08-30 09:07:32

ANo.9

中国があれほど金メダルを取れたのは、報奨金として600万円も出したからだと言われています。中国の平均月収は4万円弱と、日本の1/8程度。これに合わせると、日本では5千万円もの大盤振る舞いとなります。

これだけ出せばメダルラッシュとなるでしょうが、そのために5億円(金メダリスト10人)から25億円(50人)もの膨大な予算が必要となります。さらに銀、銅の費用も考ええれば、ざっと50億はくだらないでしょう。

もちろん国民的合意が出来ていればいいですが、これだけの巨費をメダルだけにポンと出してもいいよ、という人は少数派と思います。

メダル獲得が公共の福祉に役立つ、という意見もありますが、根拠が薄弱です。50億をメダルに費やすより、年金や医療の足しにした方が、よほど公共の福祉に役立つというのは言うまでもないでしょう。

それでもメダルが欲しければ、資金を宝くじや募金、証券の形で集めるという手もありますね。

投稿日時 - 2008-08-30 00:43:49

ANo.8

公共福祉です。

こういう趣旨のものにメリットが一切無いというならば、絵、音楽、スポーツ、芸能などは全部無駄になります。そして、美術館、スポーツ施設、動物園、博物館、プール、公園などは国家としては設けないし、援助しない。
公園でゆったり過ごしたければ、その人が土地を買って公園にすればいい。サッカーをやりたければ、やりたい人で競技場を作ればいい。興味ない人のお金まで巻き込むな。

このように、精神的豊かさを追求するものは一切合切全部民間に任せて、国家は衣食住+医療という物質的豊かさにしか税金を使わないという考え方も一つの方法です。
無駄の考え方次第だと思います。老人医療についても、「今後の生産をしない介護が必要な老人に税金使って日本にメリットあるの?無駄だろ」なんて意見もあります。ただ、今のところスポーツや音楽などの普及に税金を投入するのは世界的に主流です。

投稿日時 - 2008-08-29 21:19:30

ANo.7

オリンピックって、国同士が税金を使って、競うことだったんですか?
メダルを取る(上位入賞)ことが、目的だったんですか?

無駄遣いはやめて欲しいと思います。

投稿日時 - 2008-08-29 19:31:21

ANo.6

 スポーツ振興は、先進国にとっては公共福祉の一環です。
たとえば陸上競技場や野球場の整備もそうですし、スポーツ
普及のための補助金もそうです。

 余暇のひとつとしてスポーツを実践することは青少年の
健全な育成に繋がりますし、体格や健康の向上は医療費の
削減にも繋がります。先進国ではどこでも、国家レベルで
スポーツをバックアップしているのが常識です。

 そしてオリンピックは、多くのスポーツ愛好者にとって
究極の大会です。バレーボールなら全日本に選ばれるのが
最大の憧れであり、水泳や陸上なら国内の競技会で勝って
オリンピック選手になることが最大の目標となります。

 そのオリンピックへの強化費を増やすことは、多くの
人にとってオリンピック出場が現実のものとなる可能性を
高めてくれます。これこそが、あらゆるスポーツにおいて
底辺の拡大、レベルの向上をもたらします。

 だからこそ、政府がオリンピック強化に取り組むのは
評価できますし、ちゃんと選手育成・強化に使われるので
あれば無駄遣いではありません。

 なお、統括団体の理事が贅沢をするために使われたり、
不相応な施設を作って一部のゼネコンを太らせたりする
ような無駄遣いに対しては、きっちりと監視の目を向け
る必要があるでしょう。

投稿日時 - 2008-08-28 19:14:12

ANo.5

正解がありません。
例えば北京五輪の金メダルが3個しか取れなかった場合、
強化費は増やせというのが沸き起こることは間違いありません。

メダル獲得はスポーツに興味のある多くの国民の気持ちを明るくさせる効果がありますが、関心のない人にすれば関係ありません。
そのバランスが判断です。
例えば金メダルに触発され、地域にソフトボール部がいくつも立ち上がり、大会が盛んに開かれるようになれば、地域の活性化に繋がります。
67歳で馬術で出場できるとなれば、老人スポーツも盛んになるかもしれません。
健康な老人が増えれば、問題となっている老人医療費が少なくなる効果も見込めます。

スポーツの波及効果は結構広いのです。

投稿日時 - 2008-08-28 16:31:34

ANo.4

僕は無駄使いだと思いますよ。
強化なんて個人でやってればいいものを私たちの税金を使う必要性が全くありません。
そもそも日本では金メダル取得者に約300万円与えられるそうです(ワイドショーで言ってました)。
この300万もほとんど税金からでしょう?

国として金メダル大国になる事で、スポーツ面やメンタルの方でのアピールを他国にできるのかもしれませんが、
そんなこと私たちにはたいした影響はありません。
むしろ税金使われて腹立たしい気もします。

ですから、選手の強化はそれぞれでやればいい話、
税金使ってること事態、どうかと思いますね。

なんかものすごく否定的な意見ですが
ぼくはオリンピック好きですよ(どっちやねん)

投稿日時 - 2008-08-28 14:11:05

ANo.3

人によって、ものの見方も違うので、如何とも・・・

例えば、金メダル自体に、意味が無いとしても、ぁぁ言うのを見て、自分もスポーツをやってみようと言う人が出てくる訳です
そうすると、運動・スポーツする場所が必要になってくる一方、国民の健康促進が図れ、医療費などの削減になる訳です

単に、金メダルを取るだけが、目的と言う風にとってしまうと、無駄遣いとなるのですが・・・先の視点を持って、起爆用の投資費用と見れば悪い話とはね

と、言いつつ・・・私もスポーツはしないし、見ない方だから、無駄!って言いたいけどね

投稿日時 - 2008-08-28 10:43:32

ANo.2

メリットなんて全く無いですよ。
そりゃ日本人がメダルを沢山取れたら嬉しいに決まってますけど、多額の税金を使って強化する事に何のメリットも無いですね。
現状で充分だと思います。 せいぜい報奨金の額を少し上げるぐらいが妥当だと思います。
一日数百円で生活する年金生活者の老人の方々の現状をもっと考えるべきでしょう。

投稿日時 - 2008-08-28 10:25:00

ANo.1

メダルの数が多いということはスポーツ文化が栄えているってことですからね。
対外的に国力をアピールする手段として税金を使うのも、一理はあると思います。

とはいえ興味のない人にとっては、無駄遣いといわれても仕方ないでしょう。
政府開発援助(まず自国のために金を使えよ)だって、自分に直接関係のない道路(そんな田舎に道を作ってどうする)だって、無駄遣いと思う人はいます。
それだけのことです。

おそらくどんだけメリットを挙げても、無駄遣いだと思う人にとっては無駄遣いです。

投稿日時 - 2008-08-28 10:23:40

あなたにオススメの質問