こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

大学の学部について2

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa4288101.htmlで大学の学部について質問させていただいた者です。

no.3の回答にあるホームページを拝見したところ確かに医学部の教授や大学院医学研究科の方々が研究に携わっているようです。
やはり医学部に行ったほうがいいのでしょうが私にはその学力がありません。(現時点でですが)
今私は高2です。理系を選択してはいますが数学が苦手です。
またうちはお金がないので私立の医学部は到底無理。浪人もするなと釘をさされています。つまり国公立の医学部に現役で合格するしか道はないのですがおそらく難しいです。
あきらめてはいけないですが医学部以外の道も模索しておきたいのです。
前置きが長くなりましたが質問です。

大学院医学研究科には医学部以外の卒業者でも進学できますか?
そしてさらにそこから脊髄小脳変性症の治療の研究に携われますか?
可能な場合どの学部・学科に進学するのが一番良いですか?(具体的にすすめる大学名がある方は大学名を)
また可能な場合医学部以外を卒業したことによって不自由なことはありますか?

以上よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-08-31 12:39:30

QNo.4292586

すぐに回答ほしいです

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

まず、研究の場は大学院であり学部でないことを理解してください。
そして、大学院と学部は同じところへ行く必要はありません。
医学部の大学院(医学系研究科)に進学するのに医学部医学科を
卒業している必要はありませんし、理系である必要すらありません。
文学部からでも進学できます。現に進学している人もいらっしゃいます。

ただし、大学院への進学は基本的に自由ですが、
大学院でのポストとなると少し複雑な事情も絡んできます。
医学系研究科には臨床系の研究室と基礎系の研究室があります。
臨床系とは第○内科だとか外科だとか、大学病院に診療科を
持っているようなところのことです。医局とも言われたりします。
臨床系の研究室でも助手(助教)ぐらいまでなら、
non-MD(医師免許を持たない人)でも就いている例はあるのですが、
教授となるとやはりMD(医師免許を持つ人)でないと無理だと思います。

研究は自分の好きな分野を選べるとはいえ、医学系研究科の場合、
MDが好まれるのは事実です。ただ、基礎系であればこういったことは
少ないかと思われます。理学部や薬学部出身の教授も沢山いますよ。

それと、研究といっても色々あるのです。
「脊髄小脳変性症の治療の研究」と言ったって、
医療現場で実際の患者さんと接しながら研究を行うというのもあれば、
研究室の中だけで、脊髄小脳変性症に関連する遺伝子を研究する、
というのも立派な研究でしょう。前者は医学部を出て、医師免許を取り、
医局に入らないと難しいとは思いますが、後者であれば、
別に薬学部でも工学部でも理学部でも農学部でもやっていると思います。
あなたがどんな研究者になりたいか次第だと思いますよ。

投稿日時 - 2008-09-01 22:41:47

お礼

医学部に行けなくてもあきらめずに研究につけるよう頑張りたいと思います。
丁寧な回答ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-09-08 17:41:30

ANo.1

理学部や生物学部に遺伝子工学科がある所があると思いますし、薬学部に行ってその病気の薬の研究をするという手もあるでしょう。あるいは工学部で、その病気の治療や検査に役立つ機器の研究・開発をするという手もあります。

あなた自身が医学部や大学院の医学研究科に行けなくても、他の学部や大学院の専攻にいたまま、医学部と共同研究ができる大学や大学院があるのかも知れません。医学部以外でも、大学の教員として残って研究をしたり、企業や国の研究所で研究する事も不可能ではありません。

自分で治療方法が研究できなくても、その手伝いをすることは可能なはずです。じっくりと考えて、必要があれば病院でも大学でも話を聞きに行って下さい。自分には医学部に入る学力がないが、どうしてもこの病気の治療に役立つ研究や仕事をしたい、と相談すれば、話を聞いてくれるのではないでしょうか。

何か事情があってその病気の研究がしたいのだと思いますが、もし見た事がなければ「ロレンツォのオイル」という映画をレンタルでもして見てみてください。

http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id25862/

投稿日時 - 2008-08-31 13:29:48

お礼

医学部が無理でもあきらめずに道を探していこうと思います。
映画も時間が出来たら拝見させていただきます。
ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-09-08 17:40:01

あなたにオススメの質問