こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

女性の名前

よく時代劇とかで、おちよとか女性の名前の
頭についてる”お”は何なのでしょう?

投稿日時 - 2002-12-17 06:20:55

QNo.429557

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

おちよさんの「お(御)」は接頭語と言います。

相手に対して敬意をはらうときに使うそうです。
「さん」と一緒ですね。

また、女性の名前につけたときは親愛の言葉を表したりもする
らしいですよ。好きな相手を「おちよ」って呼んだり。

「おちよ」って呼ばれていたら、「ちよ」って呼ばれるより親愛の気持が
あるってことみたいですね。

でも、逆の意味もあって、こういう時代劇の設定だとします。

  ちよ:気のきかない不器用な使用人。
  奥様:意地悪で嫌味が好きな女主人

   ちよが謝って奥様にお出しするお茶をこぼしてしまいました。

  奥様「何をしているのよ!おちよさん。まったくおちよさんたら、
     仕事を増やしてどうするのかしらね。」ジロー (;¬_¬)

  ちよ「すみません、奥様!!!」

とか言った場合、皮肉とか、からかいの意味を込めていたりもするらしいです。(日本語難しいですね・・・)
「とんだお荷物をかかえこんだでしまったわよ。」
「お高くとまらないでよ。」
(何故か女言葉、嫌味といえば女の武器?)
こういう風に書くとこの例が分かりやすいですよね。でもこういう微妙
なのはネイティブしか分からない位ですよね。

大学の授業で、英語などラテン系の言葉にある定冠詞(the)が、
日本語には無いって習ったことがあるんですが、
こう考えると「御」っていうのは相手を特定しているし、
定冠詞って言ってもいいんじゃないのと思いました。
でも専門家に言わせたら違うのかな。

変な時代劇も書いたのですが、参考にしてください^^

投稿日時 - 2002-12-17 09:00:44

お礼

ありがとうございます。よくわかりました。
それにしても説明の中に時代劇のドラマもありとても笑えました。mayurinnさんは絶対に一人芝居が出来る方なんだなあと思いました。

投稿日時 - 2002-12-19 00:04:32

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

単なる、敬語の一種のようです。
したがって、礼儀としては自分から名乗る時には「お」は付けなかったようです。
現在の人名に付ける「さん」という接尾語と同じ様な意味だと思います。

投稿日時 - 2002-12-17 07:20:51

お礼

そーなんだあ!勉強になりました。時代劇とかの見方がまた変わりました。ありがとうございました。

投稿日時 - 2002-12-19 00:05:47

あなたにオススメの質問