こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

ドイツで JCBカード の通用度・流通度はどうですか?

ドイツの質問に対しすばらしいご回答、毎回大変感謝いたしております。

来年ですが、2ヵ月間ドイツを旅行する計画です。
以前に数回10日ほどの旅行経験はあるのですが、長期は初めてでして、
クレジットカードにお世話になる機会も格段に増えると考え、質問させていただきました。
なお以前の質問で、ドイツ鉄道(DB)の窓口ではJCBカードは使えることが多いと勉強させていただきました。

一般的に、ホテル・レストラン・書店などでのJCBカード の通用度・流通度はどうでしょうか?
現在メインで使用のカードがJCBであり、可能ならばJCBで使用を統一できればと考えています。

来年の旅行の形態ですが、完全な個人旅行。ホテルはガストホーフ(Gasthof)や
ユースホステル(YH)も使用することのあるかと思います。
(・・バイエルン州YHは25歳以下限定で、年齢超えてしまっており非常に残念です。)
滞在する街はドイツ各地ですが、あくまでガイドブック(日本のガイドブック及びロンリープラネット)記載の
都市です。

物の本やネット情報によると、ドイツではJCBカードはほとんど普及しておらずと見聞きしますが、
私自身の経験では 使えたのでは?という印象です。
デュッセルドルフのホテルですら使えないと聞いたことがありますが、
ハイデルベルクやミュンヘンのホテルで利用可能でした。
共に、ホームページでは使えるクレジットカードにJCBカードは載っておらず、
かつフロントのステッカーにも貼っていなかったですが、実際には使えました。

代替策やリスクマネージメントとして、現地ATMからの現金引き出し(VISA-PLUS)の口座準備
(もっとも大事と思っています)、
VISA・マスターカードの準備、は完了しております。
全てクレジットカードで充足させるつもりは毛頭なく、TPOを最大限鑑み、
『キャッシュレス可能ならば使いたい』というスタンスです。

そのような知識としてJCBカード の通用度・流通度を知りたく存じます。

長文になり申し訳ありません。
なにとぞよろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-09-03 13:30:51

QNo.4300410

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 3年前に住んでいた際の印象ですので徐々に変わっているとは思いますが、全体としてドイツはそれほどクレジットカード社会になっていません。多くの人がふだん使っているのは日本でいうデビットカードです。

 外国の旅行者の利用が多いホテル、交通機関、デパートなどでは使えますが、普通の店たとえば大手の家電量販店やドラッグストアでも使えないところがあります。レストランやカフェではカードのステッカーをあまりみかけませんでした。実際には使えるところもあるかもしれませんが、積極的ではないのだと思います。

 ですので、クレジットカードの利用はたとえVISAだろうがマスターだろうがあまりあてにできないというアタマがあり、ドイツでは常に現金を用意しておくクセがついています。とはいえ、たくさんのお金を入れた財布をいつも出し入れするのは危険ですので、財布は深いところにしまっておいて、夏場以外は上着のポケットに小銭と小額の紙幣をそのままか、小銭入れにいれてもっておき、ふだんの支払いはそれで行います。

 これは推測ですが、カード会社間の提携もあるので、クレジットカードが使える端末をもっている店舗などであれば、その端末がJCBのものでなくても使える場合があるのではないかと思います。というのは、VISAで払ったのにマスターカードのレシートがでてきたことがドイツではあったからです。

 というわけで個人的な意見としては、使えるところはJCBであとは現金というわりきりでも、VISAやマスターを持って行くのも、実質的には大きな違いはないのではないかと思うのですが。

 参考になれば幸いです。 

投稿日時 - 2008-09-04 11:06:38

お礼

ご回答ありがとうございます。

>全体としてドイツはそれほどクレジットカード社会になっていません。
>普通の店たとえば大手の家電量販店やドラッグストアでも使えないところがあります。
実際には使えるところもあるかもしれませんが、積極的ではないのだと思います。

スタンスとしては日本に近い傾向でしょうか。

キャッシュの準備についてですが、ATMは多いものなのでしょうか?
至るとことに設置されているとも聞くのですが・・
日本との比較も含めて教えていただけますと幸いです。

投稿日時 - 2008-09-04 21:58:20

ANo.3

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

No.6です。

>銀行は窓口業務がしまっていても、ATM引き出しのためには入ることができる。(24時間)

はい、できます。銀行業務終了後から翌日の開店までの間は、カードリーダーにお手持ちのカード(大抵の銀行、クレジットは通ります)をスライドさせると、ドアが開けれる仕組みになっています。
 
>24時間入れるとしたら、警備員などの常駐はどのようでしょうか?

警備員は基本的にいません(もしかしたらいる所もあるかもしれませんが)。カードをリーダーに通してドアを開けた人しか基本的には入れませんが、たまに一緒に入ってこようとする輩がいますので、注意した方がいいでしょう。(ATMが何台も設置されてる所や、市街中心部などは利用者が頻繁に出入りしてますので)

>銀行以外の街中の場所に、ATMだけが設置してあることもありえますか?見受けられましたか?

多分、ほとんど見受けられる事はないと思います。あるとすれば大都市の中央駅構内などかもしれませんが、住んでいても利用した事は一度もないので確かな事は言えません。でも、街中で見る事はないと思います。

ドイツは日本同様、治安はかなり良い方だと思うので、フランスやイギリスの様な警戒はいりません。気を抜かずにいる程度で大丈夫だと思います。ただ、旧東側やケルンなどはネオナチがいまだ大きな問題となっていますので、そのような地域に行かれる際は気をつけてくださいね。

投稿日時 - 2008-09-17 22:33:55

お礼

みなさま、最初の一つの質問から多くの点を学ばせていただきまして、
大変感謝しております。

有意義な旅行になるべく旅程等計画する中で、ドイツについて知りたい興味と解決したい疑問が出てくるかと思います。

その際にはぜひご教示の程いただけますこと、
よろしくお願い申上げます。

投稿日時 - 2008-09-18 00:11:16

ANo.7

no.6です。
>ATMの利用時間についてですが、銀行が閉まっていてもATMだけは24時間開いていることが多いということでしょうか?
ATMAの設置場所としては、銀行の外の併設というイメージでしょうか?

はい。ATMコーナーは同じ銀行内にありますが、窓口とは別室になっています。日本の郵便局の様に、入り口ロビーにATMが設置してあり、その奥の部屋が窓口になっている感じです。sparkasseなどはATM専用に広い部屋を確保している所が多いので、便利ですよ。
ただ場所によっては、中に入る為に銀行カードをカードリーダーに読ませないと入れない銀行もありますが、どのカード(クレジットも含む)も認識すると思いますので、心配はないと思います。

イギリスは、通りに面してむき出し状態でATMがありますが、ドイツは大抵銀行内にありますので、安全の面では心配ないと思います。

ただ、駅構内となるとかなり限られてくるでしょう。Hauptbahnhof(中央駅)など比較的大きく利用者の多い駅では見かける事もありますが、あまり便利とは言えません。24時間営業のキオスクなどにも設置してあるところがありますが、やはり銀行が一番確実です。
ドイツでは比較的駅周辺に銀行があると思うので(何となくのイメージと大都市に限るかもしれません)、探してみてください。

あとYHの件ですが、確か25歳以上でも料金を上乗せし(20~25ユーロ程度で一人部屋だったと思います)、シーズンオフ(10月~3月のイベント時期を除いた期間)で部屋が開いていれば泊まれた経験がありますので、聞いてみる価値はありますよ。
家族4人でYHに泊まった友達もいたので(4人部屋だと聞いてます)。そのYHは全てバイエルン州です。
場所にもよると思いますが、参考までに。

投稿日時 - 2008-09-11 13:30:05

お礼

ご回答ありがとうございます。
返信遅くなり申し訳ありません。
ATMのお話大変参考になります。
ATMについては初聞きのことばかりで、もうすこし質問をさせていただいてもよろしいでしょうか?

自分なりにまとめてみたのですが、
・銀行は窓口業務がしまっていても、ATM引き出しのためには入ることができる。(24時間)、は大よそ当たっているでしょうか?
24時間入れるとしたら、警備員などの常駐はどのようでしょうか?

また、銀行以外の街中の場所に、ATMだけが設置してあることもありえますか?見受けられましたか?

よろしくお願いいたします。

投稿日時 - 2008-09-17 01:26:50

ANo.6

こんにちは。
ドイツはNo.3の方が回答されてるように、クレジットカード社会は浸透していません。旧東側、特にベルリンの大都市でもよほど観光スポットでない限り、使える場所はなかなか難しいでしょう(ホテルやガストロノミー以上のレストランは可能だと思います)。

確かに年々増加しているかも知れませんが、それでも他国に比べると圧倒的に少なく感じます。
店側がクレジットカード導入を躊躇っているのは負担がかなり大きいそうです。客がクレジットで支払う場合、商品の金額に手数料を上乗せして請求する店も少なくありません(例えば10ユーロのCDを購入する場合、クレジットでの支払いなら11~12ユーロの料金になる感じです)。

ECカード(所謂デビットカード)が主流なのも、こういった不利な条件が発生するからでしょう。国民性で言えば、借金してまで物を買うといった観念がないからとも思えます。

ちなみに、ベルリンにあるIKEA(家具屋)では、クレジットでの支払いが出来ないので大金を持って行くか、ECカードで支払うかになります。

ATMは基本的に銀行内にあります。大抵の銀行は24時間可能なので心配ないと思います。ただ、ドイチェバンクは取引できないところもありますが、sparkasseやcommerzbankなど支店が多い銀行なら問題ありません。

>バイエルン州YHは25歳以下限定で、年齢超えてしまっており非常に残念です。)
シーズンオフで宿泊客数が少なければ、25歳以上でも泊まれる可能性はありますよ。これは経験ですが、私(当時27歳)はYH会員証なしでニュールンベルグYH(お城)に宿泊できた事があります。なのでダメもとで電話してみるのもいいと思いますよ。

投稿日時 - 2008-09-05 17:36:34

お礼

ご回答ありがとうございます。

ATMの利用時間についてですが、銀行が閉まっていてもATMだけは24時間開いていることが多いということでしょうか?
ATMAの設置場所としては、銀行の外の併設というイメージでしょうか?

駅の場合とってみますと、ATMは主要駅(ものすごくローカルな駅は除いて)には設置してくれてあれば、
大変ありがたいのですが、アドバイスいただければ幸いです。

YHですが、面積最大州のバイエルンで使えないのは残念です。
初めてのドイツ旅行がYH巡りでのふれあいであったため、なおさらです。

投稿日時 - 2008-09-06 17:59:18

ANo.5

No.3です。
旧西ドイツ部の都市においては、ATMは少なくとも日本並みにはあると思います。cirrusやplusなどと提携があるものがほとんどなので、日本のカードでも裏面にそれらのロゴがあるものであればキャッシングできます。運用時間も日本より長い場合が少なくありません。しかし、旧東ドイツ部や、小さな町へ行くと事情は異なると思いますので、そうしたところに多く行かれるようであればご注意下さい。

・・・と書いたのですが、下記で試してみるとけっこうありそうですね。

VISAのATM検索(Plus対応のATMにはロゴが表示されています)
http://visa.via.infonow.net/locator/global/jsp/SearchPage.jsp

MastarcardのATM検索(cirrus対応かどうかは不明)
http://www.mastercard.com/us/personal/en/cardholderservices/atmlocations/index.html

参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2008-09-05 00:57:14

お礼

ご回答ありがとうございます。

キャッシュはやはり最重要ですので、余裕を持ちなおかつ安全に処理していきたいです。
旅行中に初見の地でATMを探し回ることをなるべく少なくするように、
綿密な計画をしようと思います。

投稿日時 - 2008-09-06 17:51:40

ANo.4

補足です。

クレジットカードの支払いでは身分証明書、外国人であればパスポートの提示を求められる場合がありました。ほかでもそういうケースがあるようです。念のため。

投稿日時 - 2008-09-04 11:09:00

ANo.2

先日までヨーロッパ周遊していました、ドイツには20日間くらいいました。
ドイツでは州都でしたら、意外にもJCBカードが利用できるところは多くあると感じました。
それだけ日本人が多く訪れているのでしょうね。
小さな街へ行くと基本的には難しいですが、小さな街でもマイセンとか
日本人がツアーなどで多く訪れる場所なら大丈夫です。
ホステルに関してはユースホステル協会加盟のところなら
カード払いできるホステルも多めですけれど、カード払いができない
現金のみのホステルもけっこうあります。

レストランではJCBカードを出そうなんて思いもしませんでした。
基本的にはガイドブックに掲載いないレストランやお店では厳しいと思いますよ。
ホテルも同様だと思います、でもチェーン系ホテルなら使えます。

通用度の高さはマスターもしくはVISAです。VISA表示があれば必ずマスターもありますが
マスターがなくてVISAだけっていうのはまずないです。

あと、ホステルですが、別にユースホステル協会加盟のところに
限定しなくても普通のホステルはとてもたくさんあります。
なのでホステルワールドなどのホステルサイトでチェックしてみてください。
普通のホステルの場合は年齢は全く関係ないので泊まり放題です。
ドイツの場合は普通のホステルでも綺麗なところが多いですし
一泊20ユーロ以下、朝食はついていないけれど3ユーロ程度出せば
ブュッフェで食べられるところも多いですよ~。

投稿日時 - 2008-09-04 02:59:03

補足

>レストランではJCBカードを出そうなんて思いもしませんでした。

同じように、ドイツのアマゾンHPを見ても、支払いに使えるカードにJCBはないんですよね。

投稿日時 - 2008-09-04 21:53:48

お礼

ご回答ありがとうございます。

なろほど、州都レベルの都市ですか。
またはツアーが組み込まれているような都市ですね。

YHに関しては、「ホステルワールド」の情報ありがとうございます。
ドイツ発祥のYHとは別の「安くていい宿」をどうしようか考えていましたので、
大変参考になります。
旅程を鑑みオンライン予約も視野に入れたいと思います。

現地では飛び込みになる多くなるため、
いい宿を適時に見つけることは非常に重要ですね。

投稿日時 - 2008-09-04 21:39:21

ANo.1

先週、出張でドイツに行ってきました。滞在都市は、ブレーメン、ミュンスター、ケルンです。仕事でしたので、クレジットを使ったのは、ホテル代、食事代のみですが、大半は使えました。使えなかったのは、ミュンスターのホテル(三ツ星)と昼食(かなり場末)です。
ですので、日本人が多く訪れる都市では、使用できると思っていいのではないでしょうか。代替の準備も万全のようですので、まずJCB出して、だめなら他でってことでいいのではないでしょうか。

関係ない話ですが、ドイツのテレビでカードのすり替え犯罪のことを報道していました。カードで支払った際に、別のカード(恐らくは盗難カード)を返却され、知らない間に使われているというもののようです。
カードの署名が日本語であれば、狙われないと思いますが、アルファベットを使っていた場合、署名を真似できる可能性が出てきますので、注意されたほうがいいかもしれないですね。

楽しい滞在を。

投稿日時 - 2008-09-03 14:13:46

お礼

ご回答ありがとうございます。

都市の規模にもよると思いますが、
日本人が多く訪れる都市では、使用できることは多いのですね。
ただ、ホテルでも使えないことがあったということですから、
やはりVISA,マスターの後塵を拝しているのはそのとおりでしょうか。

投稿日時 - 2008-09-04 21:30:38

あなたにオススメの質問