こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

タイヤサイズダウンについて

タイヤのサイズダウン(インチダウンではありません)について教えて下さい。
タイヤ・ホイール幅と扁平率は同じで、ホイールを1インチ小さくした場合、
 速度計と距離計の誤差
 ローギアード化
 タイヤの磨耗速度の増加
 1インチの車高ダウンとそれにともなう重心の低下
 ばね下重量の軽減(タイヤ・ホイールは同一モデルと仮定)
 タイヤの接地面積の減少
などがあると思いますが、他にどのような変化や影響がありますか?

私が疑問に思うことは、
 燃費計にも誤差が生じるのか
 車高ダウンにともないアライメントやキャスター角?などが変化するのか?
 ばねやショックに対する影響はどうなのか?
といったところです。

インチアップやインチダウンについての基礎的な事は理解しているつもりですが、詳しくはありません。 
ご回答宜しくお願い致します。
 

投稿日時 - 2008-09-03 22:22:48

QNo.4301649

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

 ブレーキキャリパーとホイールがぶち当たるかも。

>>燃費計にも誤差が生じるのか

 速度計、距離計が狂うのですから、当然狂います。

>>車高ダウンにともないアライメントやキャスター角?などが変化するのか?

 サスペンションを改造する訳ではないので、ホイールのオフセットを変えなければ、車体に対するホイールセンターの位置も変わりませんから、基本的にはアライメントは変わりません。
 強いて言えば、タイヤの接地点が、車体に近くなるので、スクラブラジアスが少し変わります。

>>ばねやショックに対する影響はどうなのか?

 バネ下重量が軽くなるので、乗り心地が良くなるかも知れません。

 競技用で加速重視とかでないなら、普通は扁平率を変えて、外径を同じにしますが。

投稿日時 - 2008-09-04 08:53:00

補足

純正設定で14インチと15インチがありますのでキャリパー問題はクリアしております。

投稿日時 - 2008-09-04 09:28:35

お礼

回答有難うございます。
サスペンションに関することをもう少し知りたかったので大変参考になります。
実はオフセットは5mmマイナスです。
ホイールセンターとスクラブラジアスについては全く知識がありませんので、これから調べてみます。

非力なMTに乗っており、ばね下重量軽減とローギアードを経験してみたくてサイズダウンしてみました。

非常に運転しやすくなりました。

ばね下の軽量化は初体験でしたが、かなり体感できました。乗り心地に関しては、快適性はちょっと悪くなった感じです。小さい凹凸をよく拾うようになりました。
が、小刻みにサスがゴトゴト動いて、車体の揺れの収まりが早くなった感じがします。ハンドリングも軽快になりました。自分的には◎です。
但し、高速道路は未走行ですが、おそらく以前より×だと思います。

ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-09-04 09:26:47

ANo.6

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(9)

ANo.9

NO5です
他の方の補足内容を見ましたが
性能(接地面積・磨耗等)は問題がないと思います
185-60-15は、1600ccクラスのタイヤなので
1300だとオーバースペックですね
これだと高速でも問題は少ないのではないかと思います

残る問題はメーター類の誤差だけですね

投稿日時 - 2008-09-04 23:59:24

お礼

opechorse様
速度計誤差のソースを発見しました。
国土交通省サイトより2006年12月21日更新の書面(PDF)をダウンロードしました。http://www.mlit.go.jp/pubcom/06/pubcomt150/01.pdf
簡潔に書きますと、
 V1をメーター読み
 V2をテスター計測速度
 としたとき
 V2は、10(V1-6)/11以上かつ(100/94)V1以下であること。
だそうです。(パーセント規定ではありませんでした)
上の式で計算しますと
 メーター読み40km/hでテスターで30.9km/h 誤差-22.7%
    同    50          40.0     -20.0%
    同     60        49.1     -18.2%
    同     80        67.3     -16.9%
    同     100        85.5     -14.5%
となり、かなりマイナスの許容範囲は大きいので大丈夫そうです。
ちなみにプラスの誤差はメーター読み100km/hの時で約106km/hとなります。
3%や10%と言い張る業者にはこの書面を提示して差し上げます。
嫌な感じの客です(笑)
ありがとうございました。


 

投稿日時 - 2008-09-05 01:06:53

ANo.8

外径が15インチを基準とすると14インチでは-4.1%となる為、車検の際に摩耗した状態でテスターに
かけた場合には速度誤差過大で不合格になる恐れがあります。また、175に6JJのホイールは一応
使えはしますが引っ張り気味ですから既に体感されているように乗り心地は悪くなります。軽量化を
考えられているのであれば5.5JJを選択された方が良かったのではないでしょうか。
LI値が15インチでは84だったのが14インチでは82と低下していますから、14インチでは空気圧は
20KPa(0.2Kg/cm2)指定圧より上げてやる必要があります。突き上げが強くなりますが、人や荷物を
載せた場合の耐荷重を確保する為には必要です。

投稿日時 - 2008-09-04 21:24:10

お礼

丁寧なご回答ありがとうございます。
実際のところは、
車種 スズキスイフト1.3XG 平成20年式
純正タイヤ 185/60 R15 84H  純正ホイール幅 5.5J オフセット+45mm 指定空気圧 フロント230kPa リア210kPa
但し他のグレードでは(車重やサイズは同じ)
165/70 R14 81S、5Jの+45mm 空気圧 前後230kPa
です。
適合はメーカーへ認済みです。また、グレードによる速度計等の補正はしていないという回答でした。

現状装着しているタイヤ・ホイールは
185/60 R14 82H 6J オフセット+40mm
です。
よって空気圧は前後230kPaにしております。根拠は純正14インチよりロードインデックスが大きいので、これなら圧が足りているだろうとの判断からです。

ハイトについてですが、(実測、カタログ値ではなく理論値です)
純正15インチ:603mm 純正14インチ:586.6 現状14インチ:577.6
ですので極端な小径化では無いのではないかと思っております。

車検については、平成19年1月1日以降に登録の車両については、速度誤差が-25%~+0%となっているようです。タイヤショップのサイトの情報ですので、確証はありませんが。
3%というのは自動車業界の自主規定らしいです。
近いうちにテスターを持っている整備工場で速度測定する予定です。
純正15はまだ十分履けますし、14のほうは頂き物ですので、無理な場合や不具合がある場合は戻します。

スイフトの15インチタイヤは国内ではオーバースペックだと思います。欧州での使用とファッション性を考慮してのことと想像します。実際他の国産コンパクトの標準グレードは14インチですので。

見た目はかっこ悪いですが、サイズダウンとばね下軽量化に大変満足しています。

車についてはまだまだ知らない事が多いのでこれから学んで行きたいと思っております。ありがとうございました。

投稿日時 - 2008-09-04 23:25:27

ANo.7

 ホイールの軽量化に付いては、この様な意見も有ります。

参考URL:http://members.aol.com/SASAMIC46/hitokoto73.html

投稿日時 - 2008-09-04 12:16:45

お礼

分りやすいサイトを教えていただいて感謝致します。

投稿日時 - 2008-09-04 22:36:46

ANo.5

それ以前に物理的に入るのかということからスタートになります
特に前輪のタイヤサイズ決定は、ブレーキサイズがスタートになります
基本的に純正サイズからインチダウン(直径減)はできないと思います

投稿日時 - 2008-09-04 08:05:15

お礼

回答有難うございます。
私の車は純正設定で14インチと15インチがあります。
14インチ実は既に装着しています。キャリパーは干渉しませんでした。

投稿日時 - 2008-09-04 08:57:37

ANo.4

特別な事情でもない限り、これを行う意味がありませんし、車にとってあらゆる悪影響が出るのでやめた方がいいです。足回りはその車のボディを含めトータルでの微妙なセッティングで成り立っていて、今流行りのローダウンも単にスタイルがいいだけで、走行安定性にも乗り心地にもすべて悪い影響を与えます。さらに車の寿命も縮めるので、本当の車好きがすることではないと考えます。

投稿日時 - 2008-09-04 04:47:08

お礼

回答有難うございます。

投稿日時 - 2008-09-04 06:37:54

ANo.3

>燃費計にも誤差が生じるのか
生じるが、社外品とかは通常補正が可能です。
>車高ダウンにともないアライメントやキャスター角?などが変化するのか?
キングピンオフセットは変わる。その他角度は変わらないが、地面からの力の反力の入力点が変わるので、ハンドリングに影響はでる。
>ばねやショックに対する影響はどうなのか?
上記と同等、入力点が変わるので影響がでる。

その他、ロードインデックスが下がる、タイヤに封入する空気量が少なくなる、タイヤ外周が小さくなるのでタイヤの温度が変化する。縦方向の設置面積が減る。
いずれも詳細な影響不明ですが、そんな感じでしょうか。

投稿日時 - 2008-09-04 00:27:40

お礼

ご回答ありがとうございます。
「キンピングオフセット」というものを存じませんのでこれから調べてみます。
なるほど、タイヤ内の空気量は減りますので圧力管理は少しシビアになりますね。

投稿日時 - 2008-09-04 01:31:37

ANo.2

インチダウンではありません、と書きながら、ホイールを1インチ小さくした場合、ってそれをインチダウンと言うんじゃないですか?

ホイールを1インチ小さくした場合、車に装着できますか?

投稿日時 - 2008-09-03 22:43:31

補足

ホイール径1インチ小さくし、且つタイヤの扁平率を上げ、元のタイヤとハイトが殆ど変化しない物に換装することがインチダウンであると理解しております。

私の車はグレードにより2つのタイヤ・ホイールサイズが設定されており、換装できます。(実際しています)

投稿日時 - 2008-09-04 01:21:40

ANo.1

タイヤのサイズダウンと言う事は、タイヤの外形を小さくすると言う事でしょうか?
タイヤ・ホイール幅と扁平率は同じで、ホイールを1インチ小さくした場合となると、タイヤがはまりませんが?

投稿日時 - 2008-09-03 22:28:52

補足

タイヤの外径を小さくするという意味です。
文章が拙くてすみません。
具体的に書きますと、「175/65 15 6J」から「175/65 14 6J」 に変更(オフセットは同一)という意味です。 

投稿日時 - 2008-09-04 01:20:19

あなたにオススメの質問