こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

離婚後、住んでいない住宅のローン名義人

再婚する彼の事での相談です。
 婚約者も再婚で、以前住んでた住居のローン名義人になったままで、
名義人は、元奥さんになっています。
 現在は元奥さんと娘さんだけで住んでいます。
元奥さんは連帯債務者です。(残債800万ぐらい)
 離婚当時、「住宅ローンを支払う。その間は養育費を請求しない」
と取り決めてましたが
減給と私達の生活費の為、支払いが出来ず 調停により月々3万の養育費を支払う事になりました。
 現在は元奥さんがローンの支払いをしていますが
滞った場合、支払い義務が発生するんですよね・・?
 ローン名義人である以上、この先私達が住宅ローンを組む時に
減額、又はローンが組めないのでしょうか?

投稿日時 - 2008-09-06 18:50:14

QNo.4308479

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

1人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.2

住宅ローン審査経験者です。

> 婚約者も再婚で、以前住んでた住居のローン名義人になったままで、
名義人は、元奥さんになっています。
後ろの「名義人」は、不動産の所有名義の話ですね?

> 現在は元奥さんと娘さんだけで住んでいます。
離婚されているので、おそらく金融機関の承諾は得てのことだと思います。ならば問題ありません。

> 元奥さんは連帯債務者です。(残債800万ぐらい)
元妻が『連帯債務者』ですか?『連帯保証人』ではなく。
もしかしたら、旧・住宅金融公庫一般融資でしょうか?
元妻にもある程度の収入があったので『収入合算』をされたとか。
民間金融機関の住宅ローンの場合は、『収入合算者』は、『連帯保証人』になることが殆どなので、それが『連帯債務者』とありますので、旧・住宅金融公庫一般融資かと思いまして。
それとも、元妻にもかなりの収入があって、お互いがお互いの住宅ローンの連帯債務者…という形か…。

いずれにせよ、元妻は『連帯債務者』ですから、『(主)債務者』と同等の義務を負っていますが…。

> 現在は元奥さんがローンの支払いをしていますが滞った場合、支払い義務が発生するんですよね・・?
勘違いなさっています。
住宅ローンの『債務者』はあくまでも彼です。
「義務」はもともと彼が負っているものです。本来ならば、彼が全て返済しなければならないローンでしょう?
にもかかわらず、彼は「義務」を果たせていないんです!
彼が「義務」を果たさないから、仕方なく連帯債務者である元妻が払っているような状況なのに「滞った場合、支払い義務が発生するんですよね」なんて、他人事のように捉えていてはいけません。
妻になられるなら、「私たちの家」を考える前に、彼の本来の「義務」を果たさせてあげなければ…。

> ローン名義人である以上、この先私達が住宅ローンを組む時に減額、又はローンが組めないのでしょうか?
私も#1さん同様、金融機関との「住宅ローンの契約」の問題で、複数の「自己居住を目的とした住宅取得のための住宅ローン」は、申し込みすら受け付けてもらえない…と認識しているのですが、こちらのサイトでは「私は2件の住宅ローンを利用しています。」と書かれている方がいらっしゃいました。
ですから、彼の収入が多ければ、2件分の住宅ローンの借りることができるかもしれませんし、実際に返済もできるかもしれません。

ですが、
> 減給と私達の生活費の為、支払いが出来ず
と、本来の返済義務すら果たせない状況なのに、どうやって2件分の住宅ローンの返済をしようというのですか?
新たな借金は、まず「既に負っている義務」を果たしてからお考えになった方がよろしいかと思います。

> 調停により月々3万の養育費を支払う事になりました。
これによって、住宅ローンの返済が免除になったわけではないと思いますし、ましてや、そんなこと(「月々3万の養育費を支払う代わりに、住宅ローンの債務者を元妻に変更する」というようなこと)を金融機関が納得したとは思えませんから、「返済の義務を負っている『債務者』」はあくまでも彼のままのはずです。

住宅ローンは「幾ら借りられるか」ではなく、「月々の手取り給与から幾らならば住宅ローンの返済に充てられるか」を考えてください。
また、ローンは借りているものですから、それに対しては『支払う』ものではなく『返済する』という言葉を使ってください。
細かいことなんですが、この違いを認識できなかった方は、住宅ローンで破綻された方が多いので…。

投稿日時 - 2008-09-07 16:14:10

お礼

 有難うございました。
すごく勉強になり、更に自分自身を見つめ直す事が出来ます。
 私にも三人の男の子がおり、来年大学、高校、中学と同時入学の為
経済的な面での焦りがかなりあったようです。
 体調が悪く、仕事も退職し…当たり前の事に気づかない自分になってしまってました。
 住宅ローンで破綻された方が多いので…。
確かにその通りだと思います。
 7年前(結婚当時)、元主人が自宅の住宅ローンと、知人の住宅ローンの保証人になり、保証人になった家の債務者は夜逃げしましたが、今でも保証人の義務として返済を続けています。
 今では、その当時の収入の半分以下なので 自己破産を進められましたが、私も休まずに仕事を続け頑張ってきました。
 出来た事が出来なくなってますね…
色んな事を安易に考えてることに反省です。
  長くなってしまいましたが 本当に有難うございました。

投稿日時 - 2008-09-08 13:56:36

ローン名義人である以上、2軒もの住宅ローンはどこに申し込んだとしても残債がある以上申込みは皆無です。また、ローン名義人の変更は、離婚されたとは出来ないでしょう。それは、奥様の年収などにより名義人にはなれない為。

投稿日時 - 2008-09-06 20:53:03

お礼

有難うございました。

投稿日時 - 2008-09-08 14:00:45

あなたにオススメの質問