こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

クーラーボックスの選択で質問です。

こんにちは

いま15年位前のイグルー社製ホイール付きクーラー50L弱位 を使っていますが、今夏のキャンプで前日の14時頃に入れた氷が翌朝にはほとんど解けてしまい、1~2割くらいの氷が水に浮いている感じです。1泊ならほとんどの食料は夕飯で使ってしまいますので残っている食料が水浸しになる事はないんですが、2泊となると食料も残っていますので水浸しになることなんて考えたくありません。

今の季節ですともう少し持つとは思うのですが、9月に入り店頭で在庫処分も始まっていますので今から来年の準備をしようと思っています。

昔、クーラーボックスはイグルー!! と聞き購入しましたがコールマンの「アルティメイトエクストリーム」や「エクストリーム」も気になっています。イグルー社の商品では「マックスゴールド60QTホイール M6988」なんかを検討しています。コールマンは蓋がロックできない点と密封性に不安があります。

皆さんの実体験や情報をいただけませんか?
よろしくお願いします。

投稿日時 - 2008-09-11 12:12:48

QNo.4320433

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

はじめまして。
他の方と似た回答ですが、価格的にはお高いけど、「本当の保冷力」をお望みでしたら釣り具メーカーのクーラーをお薦めします。
私の場合、ダイワ製のクーラーを使っていますが過去から色んなアウトドアメーカーのクーラーを購入してみて試した結論でした。
ちなみにアルティメイトエクストリームなど、ドライアイスを入れても24時間も保ちませんでした。(使用状況に差がありますので参考程度とお考え下さい)

もう一度言いますが後悔したくなければ釣り具メーカーを選択して下さい、価格的に高額ですが納得出来ると思います。

投稿日時 - 2008-09-13 19:59:11

このQ&Aは役に立ちましたか?

18人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(8)

ANo.8

ダイワのプロバイザーシリーズの
いちばん手頃な価格(SU?)のクーラーを15年くらい使っていますが
保冷力はとても高いです。
外側は紫外線劣化で粉吹いていますが
浮き輪代わりに使ってもいまだに水一滴も入りません。

また、氷の消費はふたを開けた回数に比例しますので
当分のあいだ使わない食材を入れるクーラーは
別に用意したほうが良いです。

イグルーの150Lも使っていますが
只の氷入れです。
氷だけ満タン入れておけば3日で8割以上は残っていますが
その後の減りは急速です。

投稿日時 - 2008-09-17 20:37:10

ANo.7

私も愛用はリョービです。
12Lの安いモデルですが、2泊3日でキス釣りで氷は半分も溶けません。
溶けないので魚が釣れた後、海水をクーラーボックスに満たすんです。
冷水と密着しないと魚が冷えないですので、ふやけないよう、ジップロックに魚を突っ込んで沈めています。

アウトドアメーカー製のクーラーがダメダメなのは、アメリカの食料品を買いだめするスタイルの
どでかい冷凍庫が原因だと思います。
あれなら氷も大量に作れますし、氷の費用も安いです。

保冷力という観点では、氷を沢山詰め込むか、クーラーボックスの断熱力を上げるかになります。
日本のミニマムサイズの冷凍庫では氷は少量しか作れませんし、
むしろお金を出して、わざわざ買うことになってしまいます。

アメリカのように車でキャンプ場まで乗り込んでいくスタイルだと、クーラーボックスがでかくても構いません。
それに、コールマンなどのメーカーは、海外だと所得が10万円にも満たないような中低所得者層も買う製品なんですよね。
本体価格が高いと売れやしません。

ですが、日本の釣り人やオートキャンプではないキャンプ場のように、
クーラーボックスを担いで移動するスタイルだと、
本体価格が少々高くても、コンパクトで保冷力の高いことが最優先されます。
先に述べたように、氷の調達コストも高いです。

つまり...
クーラーそのものは、日米でユーザーの要求する事情が異なり、
アメリカはアウトドア、日本は釣り産業で発展してきています。

アウトドアは、元々アメリカから発展したものですし、アメリカに習う面が多くなっても仕方ないのですが、
日本は 一般消費者の魚の鮮度に対する要求が高い特殊な国ですので、
クーラーに関しては、日本製の優秀な製品を使い、アメリカ製品に追従する必要はないと思います。

コールマンがクーラーの選び方は断熱材の量だぁ...みたいなことを言っているのに対して、
釣り具メーカーは6面真空断熱パネルなど、断熱力の質の部分を当たり前に検討して、
各種グレードを揃えていて、力の入れようが違います。

海外にいた時、水産物の鮮度保持技術は、仕事上の強化ポイントでしたので...
当時、現地漁業者の用いていたのが、コールマンのクーラーで、
日本にも同じ製品が販売されていますが、性能が低く悩みの種でした。

http://www.ryobi-fishing.com/products_cool.html
No.3さんが仰るとおり、リョービのクーラーは安いですよね。
上州屋に買収されちゃった いうのがあるのかもしれませんが、
私も定価の半額以下で手に入れちゃった記憶があります。

投稿日時 - 2008-09-17 16:40:20

ANo.5

キャンプ歴9年のキャンパーです
僕の愛用クーラーボックスは、コールマンのエクストリーム50Lですが、2泊3日のキャンプで夏場でも氷は、入れた時の半分近く残ります3年前にロゴスの氷点下パックを3個購入し、氷と併用で使用していますので、さらに保冷力もアップ!さらに氷も解けにくくなりました!GWのキャンプの時は、ほとんど解けません
ただのプラスチックの箱ですが僕はかなり満足しています
エクストリームアルティメイトならさらに断熱材が厚めなのでもっと期待できるでしょう!
ただし、それなりの工夫はしています・・・ご存知だと思いますが、できるだけ日陰に置く・・・解けた水をこまめに抜く・・・中の物を取り出すとき、できるだけフタをあけ過ぎないなどです。
あくまでも私の経験です

投稿日時 - 2008-09-11 22:21:20

ANo.4

保温性に差はあってもあまり変わらないような気がします。
それより氷はどの大きさですか?
私は牛乳パックに水を入れて凍らせた物を沢山用意します。一つづつを買い物のビニール袋などに入れて口を縛り解けても、漏れないように食材の間に積めています。大きな氷は中まで解けるには時間が掛かります。少し解けてきたら水だけ捨てます。

ペットボトルは凍らせる時に破裂する可能性があるのとお大きさが、かさ張ります。
牛乳パックを外した物は氷だけの大きさですし、入りにくい場合は半分くらいに割ります。
2日の場合は途中でコンビニなどでブロックのアイスを買い足すと良いかもしれません。

投稿日時 - 2008-09-11 15:47:15

ANo.3

こんにちは。

他の回答者さんも書かれていて、ちょっとしつこいようですがイグロー(イグルーじゃなくてイグローですよ)のクーラーと言うのは「ただのプラスティック箱」です。本体内部に断熱材などの保冷機能は一切ありません。
ズバリ「リョービ」社製クーラーがお勧めです。
「上州屋」という釣具チェーンで買えます。 
ダイワやシマノといった釣り具トップメーカー2社の高級機種と同等の製品が、はるかにお値打ちに買えます。
 

投稿日時 - 2008-09-11 14:29:58

ANo.2

イグルーやコールマンより、国産釣り具メーカーを選びましょう。
http://www.naturum.co.jp/asp/ranking/ranking.asp?genreCode=01803
保温力が全然違いますよ。メーカーは4.5倍保温力があるって言ってますが、氷の解け方をみると納得できます。

○氷
我が家はペットボトルのお茶を凍らせて持って行きます。溶けても水浸しになる事はありません。

○高価なクーラーBOX
国産が良いと言いましたが、価格が高すぎです。この値段を支払うのなら、コンビニで氷を買い増ししたほうが良いです。

○大きさ
大きいものを1個買うより、小さいものを2個買いましょう。食材とビールは分けたほうが、冷えたビールが飲めます。

投稿日時 - 2008-09-11 12:36:49

ANo.1

保冷力を気にするのであれば少し高めですが、シマノやリョービ等の釣り用の物の方が良いと思います。生魚を扱うので、保冷力にはかなり気を使っています。
あと、釣り用は水抜き穴が空いているものが多いです。

あと、良く言われることですが、大型の物1つより小型のもの2つにするとか。開閉で逃げる冷気にも気をつかうと良いと思います。

投稿日時 - 2008-09-11 12:26:57

あなたにオススメの質問