こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

自分の親の宗教について

私の母親は敬虔なカトリック信者です。母の人生の根幹は「キリスト教」と「家族」という人です。小さい頃は毎晩家族でお祈りをしていましたし、日曜日は必ず教会に行っていました。しかし一人暮らしをするようになってからは、私は教会には行かなくなり、夜のお祈りもしていません。たまに困ったことがおきて、ふと気づいたらお祈りしていることがあるくらいです。
結婚をしようと思う人が現れ両親に相談したところ、母親の大反対にあい、既に1年半がたちました。特にもめているのは、母親が子供に洗礼は授けろということを私が拒否したことです。母としては自分の人生の根幹はキリスト教で、それを私にも伝えてきたはずなのに、伝わっていなかったということで自分の人生を否定されたと思っています。私は、子供には洗礼を授けないと高校生の頃から考えていたのですが、母がそこまで悲しむなら…と思ったことはありますが、自分の子供に自分の意思ではなく親のために洗礼を授けるのはどうかと思いますし、又、彼も反対しています。彼は全くキリスト教にふれたことがないし、私と彼の家庭に宗教は入らないと言う考えです。又、彼は母親が何で反対しているのかという事を殆ど知ってしまっていて、反対されるのは私の母がキリスト教を信じているからだと思っていて、キリスト教に対して良い感情を持っていません。ただ、私が結婚式だけは教会でやりたいと思っている気持は尊重してくれていて、挙式前に通わなければならない講座も参加するといってくれています。私は彼と出会えて心の落ち着きを保てるようになり、本当に結婚を望んでいます。よく結婚を反対されても子供ができたら親の態度も変わるといいますが、私のケースの場合だと子供が産まれても事態が悪化するだけのような気がして気が重いです。でも親のために彼との結婚をやめようとは思っていません。そうゆう私は親を裏切っているのでしょうか。

投稿日時 - 2002-12-20 15:17:23

QNo.432216

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(10)

ANo.10

私もカトリックです。
まず、母親が反対していますのは、hirohiro0325様の信仰が危険にさらされてしまうことを危惧しているとおもわれます。
子供に洗礼を授けるかどうかは母親の人生を否定するしないの問題ではなく、親のためでもなく、子供のために必要なことなのです。(子供本人の救いのため)。
また、自分(子供の)の意思ではないから洗礼を授けないと考えてとありますが、大変恐ろしいことでして、例えていうならば、寒いときに暗闇の中に裸で放り出すようなものです。
子供のときから健全な信仰教育(倫理道徳も)を受け、ミサなどにあずかる事が、子供が成長した後にも生きて参ります。また、支えともなります。
私と彼の家庭に宗教は入らないと言う考えのようですが、カトリックの信仰は万人に必要なものです。文面から察しますと、結婚した後、何か困難や逆行のときに彼と大きな衝突が起きそうで心配です。(宗教が嫌いと考えることはつまり自分の考えを道理より優先する志向があるため)

最後になりますが、結婚は本人同士だけではなく、子供のためでもありますので、結婚を感情だけでなくhirohiro0325様の為にも、もっと冷静に考えてほしいです。もし、結婚なさるならば、愛のあふれる家庭をぜひ作ってください。それが彼にとっても幸せになりますし、こころを開いて将来回心へのきっかけになると思います。

追伸
強制や押し付けからは(質問を見て、三者に感じました。)何も生まれません。愛(本当の意味で)あるのみです。まず、ひとのやさしさ、あたたかみにもっと触れて、肩の力を抜きましょう。そしてそこから、始まると思います。
参考URL(これを見ればたいへん参考になります。)
http://www.geocities.jp/kinokology/uplifting/uplifting.html
http://www.seseragi.gr.jp/05-song/so-index.htm

http://hanashi-no-mori.news-site.net/
http://mori2001.com/
http://jns.ixla.jp/users/moseos194/

http://www.nagasaki-gaigo.ac.jp/toguchi/ozaki_catholic/00.htm

投稿日時 - 2007-04-03 13:44:57

ANo.9

1番最後1行漏れました(ごめんなさい)

裏切ってますけど、期待に添うと今度は、あなた自身を裏切ることになります。
しかし、子供を裏切っているとは思いません。(子供におばあちゃん要るでしょ)

投稿日時 - 2002-12-24 07:15:22

ANo.8

私自身は無宗教で、その上キリスト教の信者の方が身の回りに居ませんでしたので
風習も全く知らない者です。(聖書は現代の基礎知識として読みましたが)

あなたの質問を読んで、ちょっと不思議になったのですが
洗礼受けたらイイのではと思いました。

なぜかというと、子供が生まれて神社の信者でもないのに、皆さん
お宮参り行きますよね。七五三もしますし、縁日にも行きます。
そのお宮参りみたいなものだと思ったらイイのではないでしょうか?
頭に水かけるだけでしょ?>洗礼
おばあちゃんが水掛地蔵で「自分の悪いところをあらったら治る」って
言ってる程度のことだと思いますが・・・。

あなたが信者でないならなおさらです。

私自身「御授戒」というのを子供の頃に受けましたし、お宮参りも行きました
でも、だから?という感じです。私という人間がかわった訳でもありませんし
ひな祭りのアラレ、端午の節句のチマキだと思ったら?
沐浴に意味付けするのは信者の人だけです、お風呂入れない訳にもいかんでしょ。

信教の自由ですが、私も子供が成長した後に判断するものだと思います。
でも、大抵のどの親もそういいつつ、縁日のすもう参加させるでしょ?
(既に子供会の行事と化してますが)
子供が判断した時にあなたがちゃんとそれを受ける用意さえあれば
いいのではないでしょうか?
何故あなたが生まれる前からコントロールしようとするのか疑問です。
ある程度触れなければ判断なんて出来ませんよ。
それとも子供が自分が捨てたキリスト教の信者になったら悲しいですか?

お母さんとどのぐらい住んでいる距離が近いかわかりませんが遠いのなら
婆安心の為に受けてもいんんじゃないでしょうか。
近いのなら、またそれ以上のことに口を出されそうなので拒否するのもいいと思います。

>そうゆう私は親を裏切っているのでしょうか。

裏切ってますけど、期待に添うと今度は、あなた自身を裏切ることになります。

投稿日時 - 2002-12-24 07:02:09

ANo.7

宗教というのは、本人が生きる力として信仰するものであり、それが必要である人にとってはとても大事なものなのでしょうね。
自分が生きるための力としてだけなら、それは「敬虔な信者」ですが、人に押しつけるようになった時点で「狂信者」という名前に変わります。

あなたのお母様は「キリスト教」と「家庭」が根幹であるにもかかわらず、「キリスト教」を実践しているために一番大事な家族、あなたというかけがえのない方を遠ざける結果になってしまわれたのですね。
そんな宗教がいったい何の役にたつんでしょうか?

宗教にはまった人間を現実に引き戻すのは、なみたいていのことではありません。へたをしたら、自分の生活の全てをなげうたなければ無理かもしれません。おつらいでしょうが、あなたは彼と新しい生活を選んで、お母様とは極力摩擦ができない程度に距離を置かれた方がいいと思います。
そのことについて、罪悪感を感じられることはありませんよ。
そういう道を選んだのはお母様ご自身なのですから。

たとえあなたがお母様の元を去ることになっても、お母様は孤独ではないでしょう。彼女には神様がついているのですから。

なんだかとても皮肉な言い方になってしまって申し訳ありません。
私自身宗教というものが大嫌いで、およそまっとうな理性があれば、あんなものにははまらないだろうと思っている人間ですので。
どうか彼とお幸せに・・・。

投稿日時 - 2002-12-22 21:48:09

ANo.6

宗教も洗礼も強要されるべきものではないという皆さんのご意見に賛同します。
その上で、多分何かひっかかっていらっしゃるのだろうと思います。

心をこめて最高の品物をプレゼントしたら、相手はそれを無造作に捨ててしまった。
そんな時、どんな気持ちになるでしょう。多分お母さんの気持ちはそれに近いものに
なるだろうと思います。幼児洗礼をどうこう言うつもりはありませんが、子供を
神様に守って頂きたいとか神様との縁を結ばせてあげたいとか(カトリックの幼児
洗礼の正確な意味付けは知りませんが)そういった親の願いというか祈りというか、
そうしたものには尊いものを感じます。

hirohiro0325さんが自分の受けた洗礼(ですよね?)をどうとらえるにしても、
そこには母親のそうした願いがこめられていたはずだと思いますし、その気持ち自体
には感謝することはできるのではないかと思います。感謝をお母さんにはっきり
伝えた上で、だけど自分は自分のやり方でやりたいと言えば、全然問題にならないと
いうことはないにしても、それほど大きな問題にはならないのではないかという気が
します。(神様でもない身に先のことは分かりませんが。)

どうしてもうまくいかなかったらどうするか。多分hirohiro0325さんは答えを知って
いると思います。
> 困ったことがおきて、ふと気づいたらお祈りしていることがある
お母さんの信仰が実を結んでいないわけではない証拠です。

投稿日時 - 2002-12-21 15:39:44

私もクリスチャンです。(プロテスタントですが・・・)あなた自身は受洗はされているのですか?私は息子が一人いるのですが、一応幼稚園はミッション系に行かせていて、日曜学校にも行かせています。が、受洗は彼自身で決めてほしいのです。将来的に彼がキリスト教を受け入れなくても、それは宗教の自由です。仕方のないことですから。何事も強要はいけません。

あなたは親を裏切ってはいませんよ。あなたが受洗されていても、あなたの子供がキリスト教を受け入れるかどうかは、子供自身の問題ですから。もし、お母様にしつこく言われるようでしたら、マタイ13章の「種蒔きのたとえ」の話をしてあげましょう。お母様は一生懸命に種蒔きをされたのでしょうが、あなたは実を結ばなかったのです。ショックでしょうが、受け入れるしかありません。

それと、コリント(1)13章13節もいいですよ。宗教よりも愛のほうがすぐれているのです。お母様はその愛を宗教によって壊そうというか、もめさせようとしているのは、聖書にも反しています。(形式主義のカソリックと聖書主体のプロテスタントの違いかもしれませんが・・・)

聖書にはどこか忘れたけど、「家族で主を敬え」みたいなことを書いているところもありますが、愛のほうが勝っているのです。自信を持って彼との結婚生活をおくってください。

投稿日時 - 2002-12-20 17:32:01

ANo.4

 夫婦であろうと親子であろうと、宗教は人から押しつけられるものではありません。
 その点で、あなたの現在の行動を支持します。

 私も祖母などの家族からの宗教の押しつけに、子どもの頃から反発していました。(普通の仏教ですが)
 また、私達夫婦の親同士は、宗教観の違いがベースとなり犬猿の仲です。私たち夫婦も宗教観は違いますが、この点についてはお互い干渉しないため問題は起こりません。
 自分の宗教観を押しつけるような方々、特に信じ切っている方への対策はどうしようもないかと・・・。

 多分、親とはこれからも相当もめると思います。それだけの覚悟があれば、と言うか、覚悟を持って主義主張を貫くべきかと思いますが、どのような結果になっても私たち回答者は責任を持てませんので、最終的にはあなたが決めることです。

投稿日時 - 2002-12-20 16:54:54

ANo.3

はじめまして。
彼の家庭は無宗教なのですか?
あなたは嫁がれるのですよね。
洗礼を受けない事が親を裏切っている事にはならないと思います。
彼の家の「葬式」はどのようにしているのでしょうか?
「ご先祖の墓」はどうしてみえるのですか?
それによっては、「私は彼の家のシキタリに従います」と強く出れるかも・・・?
好きな人と一緒になりたいのなら、とりあえず親の理解は望まず自分の幸せを
一番に考えても良いと思います。
「子供ができたら、洗礼の事はまたそのとき考えます。」で良いと思うんですけど。・・・・なんだか無責任っぽくてすいません。

投稿日時 - 2002-12-20 15:49:21

ANo.2

私の両親もキリスト教信者です。しかも、かなりその宗教行事に参加することを強要されたため20くらいのとき家を出て独立と同時に私は信者をやめました。
もちろん親からはすごく反対されました。最終的には大喧嘩となり今でもほとんど顔をあわせることはありません。
で、私も結婚したのですが、もちろん相手サイドの良い様に式などは進めました。うちの親はただの飾りです。親族に対する顔があるから出席はしましたがほとんど顔も合わせずといった感じでした。
もちろん、子供にその宗教を勧めたいなどこれっぽっちも思っていません。
宗教は自分自身の思想・考え・生き方です。他人に強制した段階でそれは宗教ではなくなります。ただの洗脳です。強要される他人の思想以上につらいものはありません。人間はロボットではないのですから。
また、子供が生まれてから親の態度は急変しました。最後にまともに話したときに「次に合うのは遺産相続のときだ!!」と言った割には何かしら連絡を取ろうとします。もちろんこっちは子供を親に見せたくもないのですが、正月など実家(私のジジ・ババがいる家)に行ったりした時は嫌でも顔をあわせてしまいます。昼間は家族で外に出てなるたけ顔を見ないようにしていますが、夜はそうも行きません。子供が寝ると喧嘩再開となります。子供見たさなのか「あの時はそういったけど…、あなたもさびしかったのよね」等と思いっきり勘違いなセリフをはいてくれます。はっきり言ってアホです。

子供に親の考えを押し付けるのはまだ良いでしょう。自分が育てているのですから。でもそのまた親の考えなど却下です。自分たちの子供ですよ。他の人の考えで育てられても意味がないです。
結婚して、出産し、家庭を持つということは親から独立し自分たちで生きていくということを意味していると思います。少なくとも私はね。親を裏切るとかそういうものではないと思いますよ。
親から教えてもらったありがたい話は心に止めつつ自分の道を進むことに何の間違いもありません。

うちの環境はちょっとひどいかもしれませんが、参考になれば幸いです。

投稿日時 - 2002-12-20 15:48:13

あなたは自分の家庭をもつのです。
そこのルールはあなたと彼の話し合いによって決まるものです。

親を無視ということは穏やかではないですが、親を尊重しすぎなくてもいいと思います。

私はよくここの回答でいうことですが「自分の幸せの責任は自分にしかとれない」のです。自分がどうしたら幸せか考え、それに向かっていけばよいと思います。人のいうことに耳を貸さなければなりませんが、振り回されてはいけないのです。

まあ、宗教とお金というのはもめる2大要素だと私は思います。
世の中この2つで戦争も起きているぐらいですよね。

投稿日時 - 2002-12-20 15:22:06

あなたにオススメの質問