こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

会議通訳での勉強方法(韓国語)

仕事で韓国語の会議通訳をすることがあります。
韓国語学習歴は約10年、韓国語能力試験6級合格で、日常会話はまったく問題ありません。
が、会議などで通訳をすると、相手の言っている内容がまったく聞き取れず、何度も聞き返しても内容が理解できない・・という具合です。
通訳をするようになってから2年になり、この間韓国語の勉強も頑張ってやってきましたが、やはり未だにうまくなりません。相手が呆れてしまうこともしばしばです。やはり、韓国語の勉強以上に議題とされる内容をもっと勉強したほうが良いのでしょうか?会議通訳で絶対に1人前になりたいので、勉強方法・心構えなど、些細なことでもアドバイスを頂けると助かります!

投稿日時 - 2008-09-13 23:26:45

QNo.4326815

困ってます

質問者が選んだベストアンサー

ご存じのように通訳は単語の置き換えではありません。話される内容、話の対象を出来るだけ勉強しておくことです。
私の友人は、会議の通訳を頼まれると、2週間ほど、その分野の専門書を研究しているようです。大変な努力です。

1.最初の間は、自分の受注分野を狭めておくようお勧めします。

2.専門用語の辞書は沢山ありますが、収められている単語は名詞が多く、動詞や形容詞が不足していることが多いと感じます。例えば、化学反応が右へ進むという発言があった時、「化学」「反応」という名詞は直ぐ見つかりますが、「進む」に相当する適切な外国語を教えてくれる辞書は少ないのです。英語を例に取ると move, proceed, progress, go, run ....いくらでも候補はありますね。正しい動詞を見付けるには、文献を読む他ありません。最近はインターネットで上手に検索すれば適切な例文が比較的容易に見つかるようになりましたが。

3.途中で聞き返すこと自体は問題ありません。程度問題で、会議の進行を妨げないという条件付きですが。昔、ある通訳が、何回聞き直しても分からず、満員の聴衆に向かって「どなたか分かる方はありますか」と助けを求め、好評を博したのを見ております。

投稿日時 - 2008-09-14 08:48:11

このQ&Aは役に立ちましたか?

3人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

ANo.1

司法通訳です。
活動場所は法廷と警察署です。
一度警察幹部の会議の通訳もやりました。
会議の通訳は二通りあります。一つは会議に出席しメンバーの発言を通訳する。これは簡単です。わたしの言っている間、発言はありませんから。しかし、わたしが別室で会議を聞きながら通訳するのは至難の業です。聞きながら話すというのは聖徳太子みたいな特別な才能が必要です。もし前者なら難しくはありません。会議のポイントを把握しておくこと。専門用語に精通しておくこと。それが一番大事です。通訳というのは翻訳家と違って正確性や名文はさほど重要ではありません。翻訳家との違いは、いくつかあります。

1.発音が良いこと。ネイティブ並であること。声が明瞭であること。

2.小難しくやるのではなく、多少はしょることがあっても要領よくやること。字幕の翻訳と似ています。相手の言っていることをその場でわからせることが大切です。

3.重要ポイントだけは多少時間がかかってもいいから正確に訳す事。たとえばわたしは被告の生い立ちなどは多少省略しますが、犯罪そのものについては書き方で刑が違ってきますから慎重にやります。

投稿日時 - 2008-09-14 05:22:03

あなたにオススメの質問