こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

締切り済みの質問

最上階の梁筋定着

鉄筋工事において「最上階の柱梁接合部に定着する大梁の主筋は、柱せいの3/4を超えて折り曲げて、余長で直線定着L2を確保する」ことについての質問です。1階床までの地下躯体がRC造で地上はS造の場合、柱も梁も鉄筋としては1階床で終わりますが、1階も最上階として扱うのでしょうか。参考になる資料等ありましたら併せてご教示をお願いします。

投稿日時 - 2008-09-17 20:49:54

QNo.4336497

困ってます

このQ&Aは役に立ちましたか?

2人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(2)

訂正です。

参考資料の建築知識→建築技術に訂正します。

済みません! ソソッカシイので………

投稿日時 - 2008-10-03 05:25:16

こんばんは、cyoi-obakaです。

鉄骨柱用の受柱として基礎梁天端より柱天端が100mm程度以上高い場合は、上端、下端共 L1 です。
ただし、基礎梁天端と柱天端の位置が同レベルでしたら、上端 L2、下端 L1 となります。

その理由は、基礎梁の主筋の水平部分はカブリ厚さだけのコンクリートだしかなく、なお直交する基礎梁の主筋が上端に重なる場合もあり、付着が期待できないためです。

参考資料は、建築知識『建築構造問題快答集2』です。
チョット古い本ですが、改訂版が出てると思いますヨ!

以上、参考にして下さい。

投稿日時 - 2008-10-03 05:19:18

あなたにオススメの質問