こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

なぜ企業はハローワークではなく、リクナビやEn Japanを使って求人するのか

なぜ大企業などはリクナビ、En Japanなどの媒体を使って求人をかけるのでしょうか?リクルートエージェントやインテリジェンスであれば、成功報酬という形をとっているのでわかるのですが、リクナビなどは掲載されていくらです。一説には180万くらいかかると聞いたことがあります。しかも2週間くらいで。ハローワークは掲載料にいくらとるか知りませんが、180万なんてことはまずないでしょう。ハローワークを使わずにリクナビなどを使うメリットは何かあるのでしょうか?

またハローワークは大企業などは使わずに、地域の中小、零細企業のみが求人に使っているのでしょうか?

投稿日時 - 2008-09-25 03:41:06

QNo.4354788

暇なときに回答ください

質問者が選んだベストアンサー

その企業が求める人材に適した人を取るのにどこがコストメリットがあるかを勘案しての結果です。


地方の中小企業であって高卒可というのような職場であれば、リクナビに出すメリットはないでしょう。
ただし、ある程度の人材を確保したいような企業だと、多少コストがかかろうと、それなりの人が集まる場所で募集を掛けた方が効率的です。
東大、早慶程度の学歴を持ち、日経平均採用の会社クラスでの実績ありという人を何十人も募集するような場合であれば、180万など安いものです。
ハローワークで上のような人材を集めようとしても全く集まらず、その間に人手不足で180万以上の損害が発生します。
また、仮に応募者がいても、質の低い応募者が募集してきた場合にはそれを面接したりする費用が発生してしまいます。採用を担当する人達の人件費だけでもバカになりません。例えば、関係者の給与が以下のように感じだったりします。
担当者: 年収850万
課長: 年収1200万
部長: 年収1800万

年収1800万ともなると時給換算で8千円強です。しかも、会社は給与以外にも研修費や退職金などを負担しているので、実際にはその倍の1万7千円くらいがかかっています。面接1時間の部長のコストだけで、これくらいかかり、そのための準備などを含めると1人を部長との面接に持ち込んで不採用とするだけで多大のコストがかかっています。


また、より高度なスキルを持った人材の募集ともなると今度はリクナビなどではなく、人材紹介会社を使うケースがあります。例えば、法務部の人材募集で弁護士有で大企業での業務実績有というような人材を募集する際は採用コンサルを使ったりします。

投稿日時 - 2008-09-25 21:22:33

このQ&Aは役に立ちましたか?

8人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(7)

ANo.6

 こんにちは。

 名の知れた大きな企業ならば、殆どが即戦力を望んでいるので、結局の所は人材紹介会社を使用する事が多い様です。また、求人「票・広告」等に掲載してしまうと、数字等を公開してしまう事になります。競合他社に動向を悟られず、秘匿的に求人したいからと言う意図も含まれる様です。

 悪用に言及すれば、採否結果や書類の放置をしても、お咎めが無い事などでしょう。此れが職安を介した応募であった場合、窓口に「相談・報告」が入ると最悪な場合、求人票の掲載停止等、企業にとっては実に厄介な事になります。

 大きいかどうかは別にして、3000人近くの企業などが出している場合もあります。待遇面もしっかりしていますが、当然ハードルは高くなります。

 掲載に料金は発生しませんが、既出の通り、求人票を出す為には厳しい審査を通す事になります。しかしながら、其れでも出鱈目な求人票をシャットアウト出来ない現状です。

 雇用を促進する為に助成金制度が存在します。3ヶ月間、国から企業に支援金が支払われる制度です。此れは、一人雇用するにしても大きい負担を強いられる中・小・零細の雇用と求職者の職業安定を促進する為の制度の筈なのですが、逆に此れを悪用する企業も多数出てくるなど、様々な問題が山積しています。

投稿日時 - 2008-09-25 12:41:11

ANo.5

採用実務を行っておりますが、誤解を恐れず回答すると、
ハローワークからの応募者の方は、他の求人媒体の応募者の方に比べ、低スキルである割合が非常に高いということが、その理由です。

ハローワークからの応募は、たとえば、大企業であればどんな仕事でもいいから入社したい、というような方が多いです。または、ハローワークに行ってみたら、たまたま求人票を見つけたのでとりあえず応募してみた、という方など。
それに比べWeb等の求人媒体は、職種や条件等を自分で絞り、一定の意思をもって応募してくる方が大半です。
ですから応募者数のうち実際に採用に至る方の割合は、圧倒的に後者の方が高いのです。企業としては面接等の業務コストを考えると、掲載コストを支払ってでも後者を利用する方がメリットが大きいのです。

これはあくまでも確率の問題ですので、すべての応募者の方に当てはまるわけではありません。
しかし(私は他社の採用担当の方とも多くお会いしますが)、多くの企業で上記のような考え方をされています。

投稿日時 - 2008-09-25 10:52:51

ANo.4

リクナビ等は使用せず人材紹介会社を使ってます。
理由は
1)余りにも条件に合致しない人の書類選考の手間を省く
  事務職の求人を出すと、かなり書類が来て業務に支障が出ます。
2)事務職ですのでPCスキルが一定レベル以下だと使い物になりません。
  ハロワ一本で求職活動を行っている方にそういう方が一定の割合で
  含まれています。

とまぁこんな感じでしょうか。

投稿日時 - 2008-09-25 09:41:45

ANo.3

たまたま採用など実務を担当してきたに過ぎない者です。

求人案件や採用の背景などあらゆる媒体を採用にて利用しましたが、ハローワークも当然利用します。

また新卒採用においては、求人サイトにアウトソーシングすることなどもありました。中途入社等は新聞の求人など他にもあらゆる方法がありますが、一概に大企業とは言え、会社により違いがあるので断言はできません。

また同じハローワークでも人材BKがあり、専門職や経営管理的な人材の採用などにもよく利用することがあります。

断言できませんが、「母集団」の性質によって費用対効果が高い方法を選択するのが大前提なので、トータル的に見た場合、外注(ある程度まで)の方が人的コストがかかる場合があるケースもあります。

ハローワークは最近特に分かりやすくなってきましたが、地域性や職業の分類項目などが複雑で求人票等の切り替えなどは効率面で急募の場合は手間がかかることもあるかと思います。

会社の大小にはあまり関連がないと思いますが極力コストや手間をかけずに良い人材を確保することが目的かと思いますので、その求人の時期や母集団次第かと思います。

あくまで参考程度にでもなれば幸いです。

投稿日時 - 2008-09-25 08:38:17

ANo.2

リクナビなどを使うメリットは何かあるのでしょうか?
  1、 ハローワークは既に退職し、就職活動をしている人
     向けで、求人範囲が狭い、しかし、転職を希望している
     人はなにも、失業中の人ばかりではありません、
     就業中であっても転職を望んでいる人は多くいます。
     優秀な人材を求めるとしたら広範囲に知らせることが
     できるので他の媒体を使うのでしょう。
  2、 企業の宣伝効果があります。

     

投稿日時 - 2008-09-25 06:58:51

ANo.1

ハローワークの求人申し込みには条件が厳しく問われます。読者も多く幅広い年齢層が読む求人誌では要人債を確保できるメリットもあります。

投稿日時 - 2008-09-25 06:35:16

あなたにオススメの質問