こんにちはゲストさん。会員登録(無料)して質問・回答してみよう!

解決済みの質問

医療保険について

現在アリコの短期入院型医療保険、1日一万円(120日)・手術時10・20・40倍出る医療保険に入っておりますが、最近オリックス生命のキュアを進められました。

現在の保険より払い込み期間が60歳で掛け金も約1000円ほど安くなります。(現在は65歳で払い込み終了です)
ただこの保険、手術が一律20万円と固定です。

このように手術時に一律のタイプに替えてもそんなに気にすることはない物でしょうか

投稿日時 - 2008-09-26 10:28:27

QNo.4357489

すぐに回答ほしいです

質問者が選んだベストアンサー

医療保険を考えるときに、基本的な点がいくつかあります。
●保険の基本
保険を考えるときの基本は、「何のために、どのような保障が、どれだけ必要か」というリスクを理解し、ニーズをはっきりさせることです。
保障をカバーするのは、保険だけでなく、貯蓄という手もあります。

●医療保険に関する基本的な知識として……
一回の入院限度日数
入院給付金日額
手術給付金と保障内容

●健康保険制度に関する基本的な知識として……
高額療養費制度
先進医療制度

●医療そのものに関することとして……
現在の医療の基本的な知識
医療に何を望むか

これらを総合して、ご自分の考えをまとめ、そのニーズに合致した保険を選べば良いのです。保険商品を見て比較するだけでは、迷うだけです。

手術給付金については、高額療養費制度があるので、リスクカバーという点から考えれば、それほど気にしなくても良いと思います。
アリコの医療保険とオリックスの医療保険の手術に関する保障内容は、基本的に同じだと思います。

一回の入院限度日数は考える必要があります。
入院日数が減っているとは言っても、長期入院はあります。
また、厚生労働省の在院日数の統計の取り方と、生命保険会社の一回の入院の考え方が異なります。それに、平均というのは、全体を見るには役立ちますが、個人個人を考えるときには、あまり役に立ちません。
医療保険を気休め程度に考えるならば、CUREの60日型、5000円タイプで十分でしょう。
しかし、入院のリスクをカバーしたいと本気で考えるならば、CUREではなく、一回の入院限度日数が120日型のCURE-Wにするべきでしょう。

などなど、保険商品を考える前に、ご自分が必要としている保障とは何か、ということを明確しておかないと、これから新しい商品を紹介されるたびに、その度に、あれこれと迷わなくてはならなくなりますよ。

ご参考になれば、幸いです。

投稿日時 - 2008-09-26 11:45:25

お礼

ご回答ありがとうございます。

とても参考になる回答で助かります
CURE-Wがあるのは知りませんでした

自分が必要としている物を把握が大事ですね

投稿日時 - 2008-09-28 00:44:13

このQ&Aは役に立ちましたか?

0人が「このQ&Aが役に立った」と投票しています

回答(5)

ANo.5

手術給付金に関しては、まず気にしなくて良いと思われます。
いわゆる一般的な「開腹手術」は、ほぼ20倍になるので、変わりありません。
また、手術給付金が支払われる手術の範囲は、オリックスとアリコでの差はほぼないです。

というか、40倍の手術というのはかなり重篤だったり困難な手術の場合にしか適用されないので、
そんな状況では「20万か40万か」なんて言ってる場合じゃないです…。

むしろ注意すべきは給付日数でしょうね。
アリコと条件を合わせるならCURE-Wがよりベターになります。
通常のCUREでも主契約部分で大抵の病気に関する長期入院には対応できますが、
ケガ絡みや難病の長期入院だと多少不安がありますので。

提示された条件であればおそらく、CURE-Wに変更しても支払条件は
現在のものより有利になると思います。

投稿日時 - 2008-09-27 01:31:06

お礼

ご回答ありがとうございます。

手術給付金の範囲がどちらも差がないと言うことが分かりとても助かりました。
また40倍は重篤な手術の場合ぐらいにしか適用ならないとは知りませんでした。

後でCURE-Wのほうも問い合わせてみようかと思います

投稿日時 - 2008-09-28 00:48:20

ANo.3

社会保険にも国民保険にも、「高額医療費返還制度」がありますから、
一般的には、みなさんあまり気になさらないですよ。
同月内&同医療機関&同診療科で、入院と通院とは別とか、
いろいろ制限はありますが、80100円以上だったと思います。
それ以上のかかった分は返還されます。
詳細は、ご自身でお調べくださいね。

それよりも、万が一には貯金のほうが必要ですよ。急な出費となりますので。

投稿日時 - 2008-09-26 11:44:57

お礼

ご回答ありがとうございます。

確かに高額医療費返還制度がありますね
安くなった分で貯蓄していった方がよいかもですね

投稿日時 - 2008-09-28 00:41:49

ANo.2

通常、手術の内容により手術給付金が設定され給付されます。

しかし、勧められているのは一律ですね。
手術内容は全てに関して、フォローできているのでしょうか?
例えば簡単なものは対象外とか・・
確認されるといいと思います。

内容が同じであれば、「かけ」に近い感じになりますね^^;
簡単な手術でも20万円(例えば帝王切開や盲腸ぐらいの手術だと思いました)、難しい手術でも20万円。
あるいは手術などしないで人生を終えれば、毎月1000円近く安く保険に加入できたということになりますからね^^

気にするか気にしないかとなると、万が一これでは足りないと思えば気になります。しかし足りない部分は貯蓄で賄うということであれば気にならないのではないでしょうか?
考え方次第です。

投稿日時 - 2008-09-26 10:54:00

お礼

ご回答ありがとうございます。

手術の対象調べてみる必要ありそうですね

投稿日時 - 2008-09-28 00:39:34

ANo.1

>このように手術時に一律のタイプに替えてもそんなに気にすることはない物でしょうか

被保険者の受け取り方次第です
気にする人は気にする
気にしない人は気にしない
人様々です
どれが一番有利かはいろんな状況を想定して試算してから判断すればいいです

投稿日時 - 2008-09-26 10:45:08

お礼

ご回答ありがとうございます。

受け取り次第ですか…

投稿日時 - 2008-09-28 00:37:50

あなたにオススメの質問